ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

8月19日の米国株式市場

ダウ平均: 10817.65 ▼172.93
ナスダック: 2341.84 ▼38.59
ドル円 NY時間17時: 76.54 -76.56
ユーロ円 NY時間17時: 110.18 -110.22
CME日経平均先物 円建て: 8630

前日にダウ平均が419ドル安と大幅安だったことで、値ごろ感の買いや
短期的な戻りを期待した買いで、95ドル高まで上げる場面があったが・・・
週末とあって買い持ち高を積み上げる動きは乏しかった。

パソコン最大手ヒューレット・パッカードが急落し、相場の下げを牽引した。
HPは前日夕に決算と併せてパソコン事業の分離を検討していると発表。
決算説明会で公表した慎重な8-10月期の業績見通しが嫌気され
株価は約6ドル安(20%急落)。HP1社でダウ平均を45ドル近く押し下げた。

欧州債務問題や金融システム不安から欧州株が大幅安となったことにつれ安した面も。
(メルケル独首相がユーロ共同債への反対をあらためて表明。)

投資家が運用リスクを取り難くなり、リスク資産である株からの資金流出が続き
ダウ平均は大幅続落。ナスダックは4日続落し、昨年9月23日以来の安値で終えた。

金は続伸し、連日の最高値更新。

債券市場は最近の上昇ペースの速さから利益確定売りも出たが・・・
景気減速懸念から買い意欲も強く売り買い交錯し、10年債利回りは変わらずで終えた。

NYSEの売買高は約15億1000万株(速報)。ナスダック市場は約23億4000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では「IT」や「金融」を筆頭に、全10業種が下げた。

個別では、19日付のWSJ紙が一段のリストラを進めると報じたバンカメが下落。
ダウ構成銘柄ではキャタピラーやIBMが下げた。一方、前日夕に発表した決算が
市場予想を上回った衣料品大手ギャップが上昇。決算は減益だったが、8-10月期の
底堅い見通しを示した半導体大手マーベル・テクノロジー・グループは大幅高。
同じく減益決算を発表したブロケード・コミュニケーションズ・システムズも上昇。

 

日本株式市場

米国市場は4週続落。
週末の日足も、週足も上ヒゲ大陰線で、下げ止まりの兆しがない。

一方、日経平均は8月9日安値(8656)を割っておらず
日々の下げ幅も限定的。相対的に強く感じられるが・・・
終値ベースでは年初来安値更新。(8月9日終値8944、先週末終値8719)

TOPIX、中型も同様。

core30は、指数算出以来の安値更新、大型も既に底抜け。
ドル円相場が戦後最高値更新では、チャートcrashも已む無しか(/_;)

対して、小型はしっかり。
8月9日安値も終値ベースでも割っておらず
大震災安値も、昨年11月安値も割っていない。

小型指数110822
(↑指数小型・週足: マネックス証券 チャートより拝借)

個人だけでこれだけ長きに亘って支えられるものなのかどうか・・・
真偽のほど不明だが、中国系のホニャララというのもあるのかも。
そうでない、個人だけだとすると... ここからガタガタもあるのか...
いや、活況には程遠い相場... 個人とはいえ短期筋中心なら崩れない!?

状況がようワカラン。これからどうなるのか尚更ワカランw

ただ、8-9月のありがちなパターンに嵌らないように慎重に見ていきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1630万株、買い900万株、差し引き730万株の売り越し。
売り越しは16営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:16
日経225先物mini12月モノ、¥8655にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
10:19
欧米から介入の了解得たぞ!?さぁ介入だ!の期待が、この高さ?
現在76円台。あっても単独介入なのだが...

10:33
今日は介入がある!と株式市場では確証めいた値動き...
外為市場ではその期待、早朝だけだっったようだが...

11:02
ドル円最高値更新→介入があるだろうで、株高...
なんともポジティブな週明け。

日経225先物110822-z
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

コメント
この記事へのコメント
貸借倍率も評価損率も
ここから突っ込んでも、切り返してもおかしくない水準ですね。
確かに悩ましい。
2011/08/22(月) 12:07:05 | URL | ケン #-[ 編集]
便秘
ケン 様

>貸借倍率も評価損率も

もうそこまでキテイル気はします。
ズドンと突っ込めば、スッキリしそうです。
さっさと出て欲しいものです。

下からがダメなら、上からでも・・・

汚くてゴメンナサイ○| ̄|_
2011/08/22(月) 15:31:17 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
Heywardさんがんばれ
本日寄りでLポジ一部落としました。
NYも再び下へ向かいやすい位置に
到達しましたし、上に行ったとしても
下方向への力は結構強いでしょう。
一喜一憂は避けたいところです。
日経が8800を大きく超えて、
NYが11500ターゲットで動いてくれると
確かに面白いのですけどね・・
今のところは再度↓へ向かう妥当な流れでしょうか。

2011/08/24(水) 11:44:46 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4842-1ca88547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2