ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

8月24日の米国株式市場

ダウ平均: 11320.71 △143.95
ナスダック: 2467.69 △21.63
ドル円 NY時間17時: 76.98 -77.00
ユーロ円 NY時間17時: 110.92 -110.96
CME日経平均先物 円建て: 8760

ダウ平均は前日に300ドル超急伸した反動もあり、利益確定売り優勢でスタート。
ダウ平均は一時63ドル安となった。

しかし、朝方発表された耐久財受注額が前月比4.0%増と
市場予想(1.9%増)以上に増え、米景気先行き不透明感が後退。

26日のジャクソンホールでの講演でバーナンキが
追加の金融政策に言及するとの観測も相場を押し上げた。

ここ数日、欧州株式相場が底堅く推移していることなどもあり
参加者が運用リスクを取りやすくなったようだ。

株式市場は取引終盤にかけて徐々に上げ幅を拡大し、高値引けとなった。

金相場は前日比104ドル(5.6%)安で1757.3ドルと大幅続落。
CMEが25日から金先物の証拠金を引き上げると発表し、時間外でも一段安となった。

NYSEの売買高は約11億1000万株(速報)。ナスダック市場は約18億4000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では、「金融」や「公益事業」を筆頭に全10業種が上昇。

個別では、JPモルガン(+3.0%)との合併観測が浮上したバンカメが11%高と大幅反発。
金融株全般がつれ高。(ただ、バンカメは従業員に向けたメモで合併検討説を否定。)
決算で特別項目を除く1株利益が市場予想を上回った高級住宅メーカーのトール・
ブラザーズも高い。自社株買いを発表したドラッグストアチェーンのCVSケアマークも
上げた。半面、10月よりiPhoneを発売すると報じられた通信大手スプリント・ネクステルが
下落。アナリスト向け説明会で、経営幹部がパソコン向け半導体の需要が減少し始めた
と述べたことが報じられた半導体大手マイクロン・テクノロジーが大幅安。
アドバンスト・マイクロ・デバイスなどがつれ安した。

 

日本株式市場

国内に手掛かりは無い。あっても材料にならない。
と言うことで、一昨日・昨日の欧米市場で気になった点を振り返る。

23日、イタリアの銀行大手ウニクレディトの株式が売買停止。

カタイネン・フィンランド首相は
「担保が得られなければ、ギリシャに対する支援を離脱する」と言及。

グリーンスパン前FRB議長による「ユーロが崩壊しつつある」と発言。

ユーロ売り材料目白押し!で一旦ユーロは売られたが...結局株高に連れてユーロ買い。

相変わらず、「リスク選好=ユーロ買い」→ドル安→商品高→米株高...
またこの性懲りもないスパイラルで、23日の米株式市場は大幅高。

しかし、昨日24日は、米株上昇、ドル高、ゴールド安、金利上昇!
いつ以来だか、久しぶりのパターンとなった。

ジャクソンホール会合を前に巻き戻し等、単発的な事象かもしれず
単日で判断するのは危険だが、この様な傾向が出てくれば、先には期待できる。

期待すれば裏切られそうな状況であり
失望的状況でジャクソンホール会議を迎えてくれるのがBESTとは思っているが...
欧米だけ期待で上げ捲り、アジアだけ常識的に下げ捲りというのも気にいらない。

あまり「歪む」ようであれば、この鞘を狙おうかなどと考えてしまう。
ただ、鞘を狙うこと自体が、常識的な慎重論、やや消極的。。。
ポジティブヤンキーについて行けないってことですな○| ̄|_


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1660万株、買い1130万株、差し引き530万株の売り越し。
売り越しは19営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:26

昨日と今日でいってこいか...
三連騰大幅高のダウに比べればショボイが、こんなもんだろう。
釈然としないが、相場の違い、国民性の違いと考えれば、納得はできる。キニイラナイケドw

11:02
ジャンキー・ヤンキーのラリったような大幅高は気に入らないが・・・
金利上昇、ややドル高となったことは素直に好感したい。そんな一日。

日経225先物110825-z
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

コメント
この記事へのコメント
昨日のアメリカ
確かに昨日のアメリカには「僕、QE3がなくても大丈夫」的な力強さを感じました。
ただ、9600円を底にするよりは、下に突っ込んでくれたほうが、すっきりしてよろしいような気が。
2011/08/25(木) 10:07:05 | URL | ケン #-[ 編集]
同感^^
ケン 様

日足でも出来高でも、底となってオカシクなかった8月9日が否定されたからには
更に明確な底打ちシグナル(悲鳴、ぶん投げ、急転)が欲しいところ。
ただ、これまでの薄さを考えると、それがあるのかどうかが悩ましいんですよね(^_^;)
2011/08/25(木) 10:56:00 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4850-7c2c7462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2