ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


8月31日の米国株式市場

ダウ平均: 11613.53 △53.58
ナスダック: 2579.46 △3.35
ドル円 NY時間17時: 76.66 -76.68
ユーロ円 NY時間17時: 110.20 -110.24
CME日経平均先物 円建て: 9030

ADP全米雇用リポートの8月民間部門の雇用者数は前月比べ9万1,000人の増加。
前月からは伸びが鈍化し、10万人程度の増加を見込んでいた市場予想も下回ったが、ほぼ市場予想の範囲内と受け止められ、雇用情勢への懸念は強まらなかった。

8月シカゴ購買部協会景気指数は56.5と前月の58.8から低下したが予想ほど悪化せず。
7月の製造業受注は予想以上に増加した。

米景気の先行き不透明感がやや後退し、投資家心理が改善。
通信セクターを除く全業種が上昇し、ダウの上昇幅は一時150ドルを超える場面もあった。

通信の足を引っ張ったのがAT&T。
米司法省が31日、米通信大手AT&Tによる米携帯電話4位のTモバイルUSAの買収提案を阻止するため反トラスト訴訟を起こしたと発表。ダウ構成銘柄のAT&T株が売られ、指数の上値を抑えた。インテル、ヤフー、アップル、IBMなどハイテク株に軟調となる銘柄が多かった。

業種別S&P500株価指数では、金融や公益事業、資本財・サービスなど9業種が上昇。
電気通信サービスが下げた。

売買高はNYSEが約12億7000万株(速報値)、ナスダック市場が約19億7000万株(同)。

個別では、朝方に11年5-7月期決算とあわせ11年10月期の業績予想の上方修正を発表した鉱山向け掘削機械のジョイ・グローバルが上昇。同業のビュサイラス・インターナショナルを昨年買収したキャタピラーも買われた。アフリカ諸国での贈賄疑惑が報じられたIT大手オラクルも上げて終えた。ダウ構成銘柄ではアルコアやアメックスの上昇が目立った。
一方、AT&Tは4%近く下げ、ダウ構成銘柄で下落率首位。ホーム・デポやインテルも下落。5-7月期決算で採算悪化が明らかになった宝飾品小売りのゼールも下げた。

 

日本株式市場

景況感を示す直近の経済指標を見てみると・・・

欧州委員会が発表した8月のユーロ圏の景況感指数は98.3となり、7月の103.0から低下し、エコノミストの予想平均値の100.5も下回った。

米民間調査機関のコンファレンスボードが発表した8月の消費者信頼感指数は44.5と、7月の59.2から大きく低下。

昨日のADP全米雇用リポートも市場予想も下回った。
8月シカゴ購買部協会景気指数こそ市場予想を上回ったが、前月からは低下しており、好感することは難しい。

これでは流石に買いの手は伸びない。

8月のダウ平均の月間パフォーマンスは、前月比529ドル(4.4%)下落。
4カ月続落。8月の下落率は2010年5月以来の大きさ。
ナスダックは176ポイント(6.4%)下落。

ただ、これだけ下げれば、更に売り叩くのも躊躇われる。
景気鈍化は完全に認識&織り込み。
景気後退すら相当程度織り込んだ下落率、現在の株価水準に見える。

月末の株価上昇は、ジャクソンホール会合を好感(期待)したということもあるのだろうが、時間的にも値幅的にも十分と思えるほど下げたことでの買い戻し誘発に見えないでもない。

でも、この景況感では買い上がれない(^_^;)

今晩のISM製造業景況感指数を見極めたい、明日の雇用統計を確認したい参加者が殆どだろう。未だ不安定な動きは続いており、慎重姿勢を継続したい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1760万株、買い1120万株、差し引き640万株の売り越し。
売り越しは24営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:08

注目されていた中国8月製造業PMIは50.9。市場予想の51.0をやや下回った。

それにしても中国の経済統計・・・いつも市場予想通りですな。
あの広い国土、あの人口で、この予想の正確さ、集計の早さ^^;
誰もまともな統計とは信じていないが、一応注目ということになっているのが切ない。

10:14
日経225先物mini12月限、¥9005にて8605ロング決済・利確。(¥400抜き)
ほぼ上値目途に到達(妄想ベース)、重要経済統計前、レイバーデー前・オバマ演説前ということで、一旦撤退。

10:47
ジャクソンホールの前の時のように・・・
ISM、雇用統計を前に、短期筋の反対売買主体って感じ。
ロングにせよショートにせよ、定石としては、ポジは積み上げるより落としたいところ。

11:02
買い戻しまで... そんな前引け。

日経225先物110901-z
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
期待先行
いいんですが、それがQE3への期待というのだけがどうにも気に食わんです。
2011/09/01(木) 10:40:54 | URL | ケン #-[ 編集]
これが相場
ケン 様

釈然としない相場が続いていますが・・・
これが相場と諦めるしかないかと。
期待先行の相場で諦めるってのもなんか変ですけど^^;
2011/09/01(木) 13:16:14 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4867-af02477f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2