ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月6日の米国株式市場

ダウ平均: 11139.30 ▼100.96
ナスダック: 2473.83 ▼6.50
ドル円 NY時間17時: 77.67 -77.69
ユーロ円 NY時間17時: 108.71 -108.75
CME日経平均先物 円建て: 8730

欧州債務問題や金融システムに対する不透明感が強まり、欧州株式相場が下落。
欧州株安を受け、3連休明けのNY株式市場はほぼ全ての銘柄が下落して始まった。

この日も金融セクターがほぼ全面安。UBSなど欧州銀のADRに下げる銘柄が目立った。連邦住宅金融局(FHFA)が前週末に17の銀行を提訴したことも尾を引き、地銀株に加え、バンカメ(-3.6%)やJPモルガン・チェース(-3.4%)の下落が目立った

午前10時に発表された8月ISM非製造業景気指数は予想外に上昇。

株式市場では買い戻しが一旦優勢となった。しかし、程なく再び売り方が優勢に。2日に発表された雇用統計が低調だったことが尾を引き、米景気の先行き懸念から資源株など景気敏感株が売りに押された。ダウ平均は307ドル安まで下げ幅を拡大し、11000ドル割れの場面も見られた。

午後1時過ぎ、ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁が「景気刺激に追加緩和は不必要」、「9月に発表されるマクロ指標が追加緩和を正当化する可能性は低い」などと述べたことが伝わったが、株式市場でも債券市場でもあまり材料視されず。

外為市場では、スイス国立銀行が対ユーロのスイスフラン相場に上限を設定し、ユーロ相場に連動させる異例の通貨政策を採択したことでフランは急落。ユーロは一時急騰(ユーロはその後すぐにいってこい)。

NYSEの売買高は約11億2000万株(速報)。ナスダック市場は約17億3000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち、「ヘルスケア」以外の9業種が下落。
「金融」や「資本財・サービス」などの値下がりが目立った。

個別では、アナリストが目標株価を引き下げたGSやモルガン・スタンレーが下落。7-9月期の売上高見通しを引き下げた半導体のフェアチャイルド・セミコンダクターも下げた。アナリストが投資判断を引き下げた半導体設備装置大手のKLAテンコールも売りに押された。
一方、製紙大手インターナショナル・ペーパーが上昇。段ボール容器や建材を手掛けるテンプル・インランドを買収することで合意したと発表し、事業基盤の拡大につながるとの期待が膨らんだ。テンプルは急伸した。石油精製事業から撤退する方針を明らかにした石油大手スノコも大幅高となった。

 

日本株式市場

昨日連休明けの米株市場の大幅安(ダウ平均で300ドル安程度)を織り込むように下落した日本株式市場(日経平均は約200円の下落)。
ダウ平均が100ドル安まで下げ幅を縮小して戻ってきたことで、本日の日経平均も昨日の下げ分の2/3程度(130-140円程度)は取り戻してもオカシクはない。

実際、CME225は上記の単純な(乱暴な)計算通りの8730で戻ってきた。

ドル円がやや円安方向に動いたことも支援材料だ。

単純(乱暴)な見方だが・・・
メジャーSQを明後日に控え、仕掛け的な動きもあるのかもしれないが・・・
今のところ計算通り=キッチリとしたチャート・テクニカル的な動き。

昨日は、8月22日安値(8628円)を割り、震災直後の3月15日安値(8605円)も割って終えた。
終値ベースで8600円割れは、2009年4月28日以来約2年4カ月ぶり。
底抜け、暴落局面という異常事態だが、愚直な基本通りの見方、取り組み方を大切にしたい。

異常な相場で異常な見方・行動をして負ければ、後々尾を引く。
この最悪のパターンだけは避けたい(^_^;)

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1510万株、買い1340万株、差し引き170万株の売り越し。
売り越しは28営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:27

相変わらずの乱高下だが、市場の反応はやや鈍ってきている。

くどい程何度も書いているが、8月9日で売り枯れている気がしてならない。
売り枯れていないとしても、必要以上のポジションはあそこで落ちているように見える。

11:02
キッチリ戻したが、底固めという感じでもない。底抜け・暴落中なのだ。
油断せず、ハリキラズ見ていきたい。

日経225先物110907-z
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
上は見れずども
昨日の足で下トレンドが強化されたんですが、9600円を割りにいったとき、走らなかったですよね。

2011/09/07(水) 10:42:51 | URL | ケン #-[ 編集]
底抜けもIVでは8/9どころか8/22にも届かずで,今ある材料では,さらにここからの恐怖感はあんまり出てこないのかな。

アメリカの二番底懸念は一時に比べればずいぶんと後退したようですが,逆にギリシャ問題はますますの混迷ぶりで,ここにきてようやくギリシャ切り離しの話題も増えてきました。
それでゴツンと音がするならいいですが,スイスに続いてドイツまでブチ切れたりしたらイヤですねえ。。
2011/09/07(水) 11:12:56 | URL | エルミナ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/07(水) 12:58:08 | | #[ 編集]
割って走らないと・・・
ケン 様

売られないんですよね。
売られなければ買い戻しもない。
リバも弱々しい。買われない。
底這い時によくあるスパイラルですね^^;
2011/09/07(水) 13:20:16 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
更にここからの恐怖感・・・
エルミナ 様

私もあまり出てきていません^^;

アメリカの二番底懸念も、株の二番底なら既に付けており十分。底抜けしており、ヤリスギにも見えます。景気の二番底なら、経済指標を基に考えれば2年半前の水準を示す程度であり、普通の経済サイクルにも見えるんですよね。

問題のギリシャ・・・
個人的には問題外。救いようがない。救う価値なしと思ってます○| ̄|_
2011/09/07(水) 13:26:56 | URL | to エルミナ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
あと3営業日で新記録w
S 様

枯れるといっても、ゼロにはなりませんし仕方ないのかなと。
売りたくない玉までダラダラ売らされる... 暴落らしい暴落です^^
株数ベースでは、本日まで28営業日連続売り越し。
あと3営業日で新記録w

売りが続いたとしても、増加傾向になければ、よしと見てます。

>リバウンド狙いの個人投資家がいなくなったようですね

御指摘の通り。激減ですね。
ライブドアショック前と比べると、減ったどころか滅んだと言えるほどの落ち込み。
やり難い相場になりました。
2011/09/07(水) 13:36:36 | URL | to S 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4880-b8e18dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2