ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


中国の8月の消費者物価指数は、前年比6.2%の上昇。
3年ぶりの高水準を記録した7月の6.5%から伸び率がやや減速した。

ブラジル中央銀行が、世界的な景気減速懸念を受けて利下げしたことで、中国人民銀行も、金融緩和政策へ転換する可能性が指摘されている。

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)

 
12(月)

【国内】
7月第三次産業活動指数(8:50)
8月国内企業物価(8:50/前年比)
日銀金融政策決定会合議事録公表
《決算発表》
正栄食品工業、コーセル

【海外】
米3年国債入札
APEC高級事務レベル会合(~26日)
OPEC月報
上海、台湾市場休場
韓国市場休場(~13日)
インド7月鉱工業生産(14:30)
トルコ4-6月期GDP(16:00)


13(火)

【国内】
20年国債入札
《決算発表》
フリービット、田崎真珠、稲葉製作所、サイボウズ、三井ハイテック、ナイガイ 
【海外】
米8月輸入物価(21:30)

米8月財政収支(14日3:00)
予想は1265億ドルの赤字。米議会予算局(CBO)が先月24日に発表した年央経済見通しでは、11年会計度(10年10月から11年9月)の財政赤字予想は1.3兆ドルと、年初予想1.48兆ドルから縮小。7月までは1.1兆ドル。9月最終月は持ち直す傾向が強いため、8月は予想程度に落ち着きそう。

米10年国債入札
第66回国連総会開会(ニューヨーク)
IEA月報
香港市場休場
ブラジル7月小売売上高(21:00)
《決算発表》
ベストバイ


14(水)

【国内】
8月首都圏新規マンション発売(13:00)
《株式分割》(権利付最終売買日)
ヴィレッジV
《株主総会》
ゲンキー、キングジム
《決算発表》
ツルハホールディングス、アルデプロ、東京ドーム

【海外】
米8月小売売上高(21:30/0.20%)
参考指標の8月ICSCチェーンストア売上高(ウォルマート除く)は、前年比+4.6%で7月から横ばい。ガソリン価格は前月比+2.16%程度(季調済み)でガソリン・スタンド売上には小幅プラス。自動車販売台数は前月比-0.83%程度。予想程度の小幅な伸びに留まりそう。

米8月生産者物価(21:30/前年比6.30%)
米7月企業在庫(23:00/0.50%)
米30年国債入札
インド8月卸売物価(15:30)


15(木)

【国内】
《株主総会》
和井田、CIJ
《イベント》
東京ゲームショウ(幕張メッセ~18日)
《決算発表》
くろがねや

【海外】
米4-6月期経常収支(21:30/-1210億ドル)

米8月消費者物価(21:30)
予想は前月比+0.2%、前年比+3.6%、コア前月比+0.2%、前年比+1.9%。
8月のガソリン価格は季節調整済みで前月比+2.16%程度だったため、CPI全体には前月からの押し上げ要因となるため、上振れの可能性も。コアの部分では、先行指標となるPPIが前年比ベースで上昇傾向にあることから、CPIにも上昇圧力があるとみられる。

米9月NY連銀製造業景気指数(21:30/-2)
4ヶ月連続で縮小となる見通し。先行性のある同指標内訳の8月「新規受注」は、-7.61と7月-5.56から悪化。「支払い価格」も大幅に鈍化した。また、6ヶ月先予想でも、8月は8.70と7月32.22から大幅に鈍化し、景気減速が強まっている。下振れの可能性に留意。

米8月鉱工業生産(22:15/0.20%)
米8月設備稼働率(22:15/77.70%)
米9月フィラデルフィア連銀指数(23:00/-14.5)
北米8月半導体製造装置BBレシオ(16日8:00)
フランクフルト国際自動車ショー(~25日)
ユーロ圏財務相・中央銀行総裁会議
NZ準備銀行金融政策決定会合
《決算発表》
ポール・コーポレーション


16(金)

【国内】
《新規上場》
イーピーミント
《株主総会》
TAIYO、ブロバンタワ
《決算発表》
アスクル、クスリのアオキ、ジーンズメイト

【海外】
米7月対米証券投資(22:00)

米9月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55/57)
8月確報値は上方修正(55.7←速報値54.9)。ダウ平均は7月下旬から反落した後、8月中旬から下げ渋る展開。ただ、8月のガソリン価格は前月比+2.16%程度(季調済み)でマイナス要因。株価の下げ止まりで小幅改善の可能性も、景気減速による冷え込みを警戒へ。

EU財務相・中銀総裁会議(~17日)
インド準備銀行金融政策決定会合
《決算発表》
オラクル
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4889-99651dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2