ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月16-19日の米国株式市場

ダウ平均: 11401.01 ▼108.08
ナスダック: 2612.83 ▼9.48
ドル円 NY時間17時: 76.58 -76.60
ユーロ円 NY時間17時: 104.81 -104.85
CME日経平均先物 円建て: 8690

9月16日の米国株式相場は5日続伸。

9月の消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ)は57.8。
前月から2.1p上昇し、57程度との市場予想も上回った。

だが、ダウ・ジョーンズ通信が「ドイツ政権内での欧州安定メカニズム(ESM)についての議論が遅れており、当初予定の今年末までに法案化できない」と伝えたことで、午前中は売りに押された。

しかし、ユーロ圏財務相会合で、ギリシャの債務不履行を回避するため全力を挙げる方針が確認され。欧州債務懸念がやや和らぎ、これまで売り込まれた銘柄を中心に買いが優勢となった。

個別で目立ったのは、カナダのリサーチ・イン・モーションの19%の大幅下落。四半期決算で主力のスマートフォンの不振が浮き彫りとなり、嫌気売りが広がった。
バンカメやJPモルガン・チェースも下げた。

週明けの米国株式相場は6日ぶりに反落。

週末に行われた欧州財務相会合は目新しい成果がなかったとしてギリシャ債務不安が再燃。欧州金融システム不安も再燃し、バンカメなど銀行株を中心に売りが広がった。
ダウ平均の下げ幅は一時前週末比で250ドルを超える場面もあった。

しかし、取引終盤に、追加支援を巡るギリシャとEU、IMF、ECBの当局者による電話会談で、ギリシャ財務省が支援について「合意は近い」と述べたと伝わったことをきっかけに切り返し、108ドル安まで下げ幅を縮小して終えた。(尚、この電話会談は本日も継続される予定。)

オバマは今後10年間で総額3兆ドルに及ぶ財政赤字の追加削減案を発表したが、市場の反応は限定的だった。富裕層などへの増税を柱とする案には野党共和党の反発が予想され、実現性を見極めたいとの見方が多かった。

リスク回避姿勢が強まり、米国債市場は続伸。一方、金は反落。
ユーロ安・ドル高となりつつあることで、金相場の上昇も頭打ち気味になってきた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。
「金融」や「エネルギー」、「素材」の下げが目立った。

NYSEの売買高は約9億1000万株(速報値)、ナスダック市場は約18億9000万株(同)。

個別では、JPモルガン・チェースやアメックスが下落。アルコアやHPも下げた。事業ごとに会社を分割する方針を示したDVDレンタルのネットフリックスも売りに押された。
一方、受注が伸びた住宅建設のレナーが上昇。マイクロソフトやマクドナルドは小高く終えた。

 

日本株式市場

先週のNY株式相場は5日続伸。つまり先週は上げっぱなしだったということ。
株価指数の週間パフォーマンスは、ダウが+516ドル(+4.7%)。
ナスダックが+154ポイント(+6.3%)。

先週の日経平均は週初の下落が響き、週間での上げ幅はさほどでもない。
しかし、週後半の2日間で345円も上昇。
特に前週末は195円の上昇で25日線をザラ場で上抜けという上げっぷり。

昨日の欧米株は下落。本日、連休明けの日本株式市場が下落。
といっても、先週の上昇に対する小反落の範囲内。よくある動き。

先週の上昇でも、今週の下落でも閑散とした商いに変化はない。

先週の欧米株は、特に問題の進展も解決もない中、期待だけで上昇。
先週末のEU財務相理事会は、やはり何事もなく終了。
週明けは期待が裏切られたとして下落。これも従来通りの動き。

S&Pが現地19日、イタリアの長期・短期国債の格付けを「A+」→「A」に引き下げ。
見通しは「ネガティブ」とした。
ムーディーズは、6月17日にイタリア国債格付けの見直しを発表しており、90日以内となる9月17日までに格下げを発表するのではないかと噂されていたが、S&Pが先に動いた。
ムーディーズもおそらくそれに続くのだろう。何の驚きもない。これもまたかの動き。

特に目新しい材料も反応も見当たらない。

下向きに変化はない。

しかし、下向きながらも、墜落するような勢いは感じられない。

最近は低空飛行で妙に安定してきたようにも見える。

最近の相場を見ていると・・・

エンジン停止で滑空中

そんな風にも見える。

風が吹けば上昇しそうな、風がなければ軟着陸しそうな気がするが...

単なる希望か○| ̄|_


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り860万株、買い1580万株、差し引き720万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約216億円が成立。市場では、売り買い注文は均衡、相場全体への影響は限定的との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で4914億円、売買高は7億4975万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1352、値上がり銘柄数は200、変わらずは97。

 
*** 追記 ***
13:32

盛り上がらん相場の所為か、台風接近による気圧低下の所為か... 頭が重い(/_;)

14:11
先週末、ザラ場で25日線を上抜け、引けピンはやや意外感が。
本日の下落で5日線(現物8677処)を試そうともしない動きにもやや意外感が。
意外でも何でもないか。。。

相場的に言えば、先週末、横向きになりつつあった25日線を上抜けたことに不思議なし。
本日上向きとなっている5日線まで押し込まないことに違和感なし。
違和感云々でもないか。。。

無人故か(^_^;)

14:46
ギリシャのカティメリニ紙が、「ギリシャのパパンドレウ首相がユーロ残留か、離脱かに関する国民投票を検討している」と報じたそうだ。

「ユーロ残留か、離脱か...」、これって「借りた金を返すのか、返さないのか」の国民投票とも言い換えられる。そんな国民投票すんなよ!返すつもりないだろ... あの国民性では(/_;)

しかも、増税反対、リストラ反対、金は返さない、ユーロ離脱するぞ、やっぱりしない、もっと金よこせとか、滅茶苦茶な運動も起こりそう。困った人たちだ(;_:)

15:17
先物、ノートレ&ノーポジ。
現物、含みベース前日比負け。
トータル、負け。

売買高14億株、売買代金1兆円に届かず。なんとも寂しい商い。
連休明けだが連休前。イベントも控えている。仕方ない。そんな一日。

日経225先物110920-後場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
エンジン停止で滑空中
ポエムですね。
それにしても、すばらしい表現です。一言で相場の現状を全て言い表すなんて。
2011/09/20(火) 13:09:10 | URL | 8823海底人 #-[ 編集]
恐縮です○| ̄|_
8823海底人 様

殆どの乗客は8月9日にパラシュートで退避済み。
ポジションという荷物も8月一杯で大半は投げ捨てられている模様。
機体の軽さが、現在の滑空の一助となっているのかも^^;
2011/09/20(火) 15:29:37 | URL | to 8823海底人 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4904-ecdfeec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2