ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月20日の米国株式市場

ダウ平均: 11408.66 △7.65
ナスダック: 2590.24 ▼22.59
ドル円 NY時間17時: 76.47 -76.49
ユーロ円 NY時間17時: 104.77 -104.81
CME日経平均先物 円建て: 8630

9月19日から続いているギリシャ・EU・IMFによる3者間電話会議でのギリシャ問題進展への期待により、欧州の主要株価指数が上昇。米株式市場でも買いが先行した。
FOMCでの追加緩和への期待もあり、ダウ平均は一時前日比約150ドルの上昇を見せた。

一方、IMFはこの日、米国を含む世界の経済成長率見通しを下方修正。

8月の住宅着工件数は前月比で2カ月続けて減少し、市場予想も下回った。

一部メディアが「スロベニアにおいて内閣信任案が否決され現在の政権が退陣することに」と報道。これによりEFSFの機能拡大が先送りされるとの懸念が台頭し、売り優勢に。
(取引終盤に、EU・ECB・IMFがギリシャに関する正式決定を10月まで行わないと報じられたことも、売り材料となった。)
取引終了にかけては持ち高調整の売りもあり、日中上げ幅の殆どを消して引けた。

ナスダックは続落。7-9月期の売上高見通しを下方修正した半導体大手ザイリンクスが4%あまり下落。太陽電池・発電システムのファーストソーラーが6%近く売り込まれたことも指数の重荷になった。

業種別S&P500株価指数は全10業種中、上昇が4業種にとどまった。
「公益事業」や「ヘルスケア」といった収益が景気に左右されにくい業種が上昇。
一方、「素材」や「資本財・サービス」など景気に敏感とされる業種が下落。

売買高はNYSEが約9億3000万株(速報値)、ナスダック市場が約18億9000万株(同)。

個別では、証券会社が投資判断を引き上げた損害保険大手トラベラーズが上昇。ホーム・デポやインテルも買われた。市場予想を上回る6-8月期決算を発表したクルーズ船運営のカーニバルが5%高となり、同業のロイヤル・カリビアン・クルージズも上昇した。アップルは連日で上場来高値を更新した。
一方、8月の販売実績が伸び悩んだキャタピラーが下落。四半期決算で特別項目を除く1株利益が市場予想を下回った食品のコナグラ・フーズは売られた。ダウ構成銘柄ではアルコアやHPなどの下げが目立った。

 

日本株式市場

S&Pがイタリアの長期・短期国債の格付けを引き下げたが、昨日の欧州市場、米国市場では、殆ど材料視されなかった。今更ネタでも大騒ぎしていたこれまでとは少々違う反応。
過去・現状への懸念に、問題進展・解決への期待が勝ったということか?

ダウ平均は小幅高、S&P500は小幅安、ナスダックはそれなりの下げ幅で続落。
まちまちで方向感が掴めない。

やや変わった様子と言えば、これまでは期待で上昇した場合、そのまま日中の高値圏で引けることが多かったが、昨日は日中にその期待が剥落して引けたこと。日中安値圏で引けたのは、9月9日以来。
問題進展・解決への期待はあれど、期待だけで上げるには限界、ぼちぼち具体的ななにかが必要ということかもしれない。

日本株式市場は、昨日三連休明け。
20日の米国株式市場はまちまち、全体としてはほぼ横ばい。
FOMCの発表があるのは日本時間22日午前3時15分。
22日、G20財務相・中央銀行総裁会議 in ワシントン。
23日からまた三連休。

このスケジュールではポジションを積もうという気にはならない。
目先の手掛かりもなく、動意薄で妙味もない。
1カ月半も水準が変わらないのでは、値ごろ感もない。
指数はチャートテクニカル的にも煮詰まってきており、手を出し難い。

結局見送り... 大方がそんな一日か。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1120万株、買い930万株、差し引き190万株の売り越し。
売り越しは3営業日ぶり。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:07

9時からじりじりと円が買われているが... 株式市場では反応薄。

10:35
円一時急落で、日銀のレートチェックの噂が流れたが・・・
結局は、またも米系証券の大口買いとの見方が優勢。

新政権で初の...かとおもったんだが。
「しかるべき時に」って、円が史上最高値更新はしかるべき時じゃないのね。
これじゃ、投機筋に舐められるのも仕方ありませんな;;

11:04
大方の想定通りの閑散。日中値幅44円ではデイも不可能。大人しく見送る(-_-)zzz

日経225先物110921-前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4906-b4a379db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2