ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月29日の米国株式市場

ダウ平均: 11153.98 △143.08
ナスダック: 2480.76 ▼10.82
ドル円 NY時間17時: 76.83 -76.85
ユーロ円 NY時間17時: 104.46 -104.50
CME日経平均先物 円建て: 8730

週間の米新規失業保険申請件数が市場予想以上に減少。40万件の節目を下回った。
4-6月期の実質GDP成長率(確定値)が市場予想を上回る水準へ上方修正された。
米景気減速懸念がやや和らぎ石油株などが買われた。

NY時間早朝、独連邦議会(下院)が欧州金融安定基金(EFSF)の機能拡充法案を可決。
欧州株に上げが目立ち、欧州銀のADRも堅調。米国市場でもバンカメやJPモルガン・チェースなど金融株を中心に買われ、ダウ平均の上げ幅は30分足らずで260ドルに達した。

ただその後は、株式市場全体に好材料出尽くし感が漂い、ダウ平均は45ドル安まで急落。欧州債務問題への不透明感が根強いうえ、中国の景気が大幅に減速するとの思惑が浮上した。中国などでの売り上げが大きいブランド品など消費関連株が売られた。

しかし、取引終了間際にダウは再び買い直され大幅高に。
ナスダックは結局戻し切れずにマイナス圏でこの日の取引を終えた。

前日夕に業績見通しを下方修正した半導体大手AMDが約14%下落。半導体製造装置などを含む関連銘柄全般の上値の重さにつながった。SOX指数も1%あまり下げた。

四半期末の接近に加え、ユダヤ教の祝日にあたるため市場参加者がやや少なく、値動きが大きくなったとの見方があった。

NYSEの売買高は約11億2000万株(速報)、ナスダック市場は約22億7000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は「金融」「公益事業」など8業種が上昇。
「一般消費財・サービス」と「IT」が下落。

個別では、追加の人員削減を発表したノキアが上昇。半面、四半期決算と併せて発表した販売数量見通しが物足りないと受け止められた農薬大手モザイクが安かった。

 

日本株式市場

昨日の米株市場をセクター別に見ると、金融セクターの銘柄がほぼ全て上昇。
これまで通り、金融株が指数の明暗を分ける格好。

やや意外というか、ようやく売られたかというのが「消費関連」。
中国経済の減速感がやっと取り沙汰された。

昨日、上海総合は終値ペースで1年2か月ぶりの安値更新。
本日ランチタイムには、中国PMIの発表(確報)される。
市場の注目はそれなりに高そう。

そして来週、米国では重要指標目白押し。

10月3日、9月ISM製造業景気指数
10月4日、8月製造業受注
10月5日、9月ADP雇用統計、ISM非製造業景気指数
10月7日、9月雇用統計

ドイツがEFSFの機能拡充法案を可決したことで、一旦、南欧の債務問題が鎮静化する可能性はある。(あくまでも一旦。問題は何も解決していない。)

そして、南欧の債務問題から改めて景気に目が向く可能性も考えられる。

景気減速に関しては、既に事実となっており、完全に織り込んでいると思われる。
景気後退も既に材料視され、これまでに株価を下落させてきた。
過剰に警戒することはなさそうだが、景気減速らしい売られ方は欧米市場ではさほど見られなかったような気も。もし、景気後退であれば、それをどこまで織り込んだか、織り込む様に売られたか不透明。メインシナリオではないが、多少警戒しておきたい。

日経平均に関しては、週初に年初来安値をつけて3連騰。
本日は、週末らしく手仕舞い売り!?
いや、期末らしく更に持ち上げる!?

ただそれだけか。。。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1680万株、買い1170万株、差し引き510万株の売り越し。
売り越しは4営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:25
日経225先物mini、¥8745にてショート。

 
*** 追記 ***
10:31

一昨日のダウ平均は180ドル下落。昨日の日経平均は85円上昇。
昨日のダウ平均は143ドル反発。本日の日経平均は現在43円高。

普通なら、見極めが必要だ!強過ぎだ!となるが・・・
今は、期末だからねぇ...の一言で済まされそうw

11:02
10時ごろに日銀が...との観測(期待)があったようだが、空振りに終わった。
後場も空振りなのだろうか?
もしあるのなら、それで買い上がるのか、踏むのか、利食われるのか。
もし空振りなら、引けにかけてそれでも買われるのか、目先が手仕舞いするのかが注目か。

日経225先物110930前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4923-0af1f5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2