ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 
10月5日の米国株式市場

ダウ平均: 10939.95 △131.24
ナスダック: 2460.51 △55.69
ドル円 NY時間17時: 76.78 -76.80
ユーロ円 NY時間17時: 102.43 -102.47
CME日経平均先物 円建て: 8515

朝方は売り先行で小安く始まり、ダウ平均は一時70ドル安となる場面もあった。

しかし、朝方に発表された9月ADP雇用統計が前月から9万1000人の増加と、7万5000人程度と見ていた市場の予想を上回り、午前10時に発表された9月ISM非製造業景気指数が予想されていたほど低下せず、特に新規受注に関する項目が伸び4カ月ぶりの高水準となったことで、ダウは早々にプラス圏へ浮上した。

複数のメディアなどが「欧州各国の首脳が銀行の資本を増強するための計画を協議している」と報道したことも安心感につながった。欧州株式市場では主要な株価指数が軒並み上昇。独DAXは5%近く上昇、仏CAC40の上昇率も4%を超えた。

ナスダックは、買収観測を背景にスマートフォンのリサーチ・イン・モーションやヤフーが急伸し、指数を押し上げた。

原油や金など商品先物相場の上昇も心理的な支えになった。

米国景気に対する悲観的な見方がやや後退し債券は売られた。
米国10年債利回りは7bps上昇して1.89%。

業種別S&P500種株価指数では8業種が上昇。
「素材」が4%あまり上げ、「エネルギー」も3%高と値上がりが目立った。

売買高はNYSEが約11億9000万株(速報値)、ナスダック市場が約24億5000万株(同)。

個別では、四半期決算で示した先行きの見通しが強気と受け止められた農業製品のモンサントが上昇。パソコン事業の分離についてCEOが今月中に結論を出すと伝わったHPも上げた。アナリストによる投資判断引き上げが伝わったウォルト・ディズニーも上昇。
一方、四半期決算で1株利益が市場予想に届かなかった会員制卸売大手コストコ・ホールセールが下落。為替取引などを巡り米司法省などに提訴された信託銀行大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロンも下げた。ダウ構成銘柄では、マクドナルドやウォルマート・ストアーズが小幅安で終えた。

 

日本株式市場

一昨日の米株市場は、メディアの報道だけを材料に引け際に急伸。
昨日は、予想を上回る景気指標という中身を伴った上昇。

下向きのチャートに変化はないが、材料に対しては多少マシな反応を見せた。
多少なりともセンチメントがマシになったということか。

一昨日も書いたが、6月以降の経済指標を見る限り、現状は足踏み。

芳しくない経済指標だらけであることは確かだが、極悪と言えるものは少ない。
2-3年ぶりの低水準の指標が散見され、それは悪い数字と言えるが、2-3年ぶりであれば「まだ通常の景気サイクル、景気減速の範囲内」。恐慌を論じる段階にはない。
(9%超の失業率は極悪だが、これだけ向上化し、しかも当分このまま改善しないと言うことは何年も前から分かっている。今更とりたててどうこうという材料でもない。)

問題は、「まだ」ということ...

「これから」景気後退入りする可能性も否定できない。
市場動向から見れば、その確度は低くない。

ただ、ある程度の景気後退であれば、「もう」株価は織り込んでいる水準。

債券市場を見れば、米10年金利なんて史上最低の水準。
これ以上織り込みようがないぐらいに低下している。

景気経済だけを見れば、これ以上債券は買い難い。
常識的に考えれば、リスク回避の債券買いもそろそろ限界。
リスクオフと言っても、運用せざるを得ないヤツラがいつまでもオフのハズがない。 

「まだ」かもしれないが、「もう」いいところまで来ている気がしてならない。

結局のところ、南欧の豚ネタ次第か。。。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1330万株、買い870万株、差し引き460万株の売り越し。
売り越しは8営業日連続。金額ベースも売り越し。


09:08
日経225先物mini、¥8525にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
10:27
一服入った感はあるが、暴落中、不安定・乱高下であることに間違いはない。
実感はないが、危機なのだろう。

ただ、9月以降の相場で見れば、規則的な右肩下がりのチャート。
チャート・テクニカルは機能している。
割り切りスタンスで日計りで手掛ける分には、比較的手掛けやすい。
本日も転換線を意識したような日中の動き。

11:02
月初(10月3日)の水準まで戻して前引け。
ここから上は手掛かりがないと厳しそうだが...ドウナンデショ

日経225先物111006前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
Heywradさんがんばれ
Heywardさんの解説通り現状ではそれほど心配なく
今週はほぼ予想通りの動きで現在Lポジ保持です。
今日・明日は連休前の仕掛けも入り意外高となるのか
無難な位置に落ち着くのかどうなりますかね。
いずれにせよ、さすがに明日には大部分のポジを解消予定です。
個人的には来週半ば以降に上下どちらに動くか注視しています。
相変わらずの相場が続きますね・・
2011/10/06(木) 12:43:37 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
こんにちは。
昨日ここにルドルフがなくなったとコメントするつもりで、そのままになっていました。
今日はジョブズ氏…
どちらも一時代を築いたヒーロー。

何かが終わればまた新しい何かが始まるはず。
と言うことで…(?)競馬界には強い三冠馬が誕生しそうな感じです。
しかし、もう競馬って時代ではないかもですね…
私のまわりで競馬の話する人はもういなくなりました。
なんだか株式市場にも言えそうなこの雰囲気…
2011/10/06(木) 13:07:14 | URL | かしん #JalddpaA[ 編集]
匿名希望 様

現状ではそれほど心配がないのではなく、今のところそれほど深刻ではないかなと。
私の方は、適度に心配と警戒はしてます。
2011/10/06(木) 14:01:10 | URL | to 匿名希望 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
残ってます!続いています♪
かしん 様

>何かが終わればまた新しい何かが始まるはず。

終わったけど、終わっていません(^_-)-☆
残っています!続いています♪

ルドルフは、仔(優秀な血)を残し・・・
ジョブズは、コンピューターの形を変え、可能性を広げた・・・
彼らが生きた証は確実に残っています。
そう考えれば、天に召されたことは悲しいですが、ほんの少し嬉しさも、羨ましさも感じます。

>しかし、もう競馬って時代ではないかもですね…

70-90年代の様なお祭り騒ぎの競馬は、もう期待できそうにありませんね。
相場も80年代や、99年、2005年の様なお祭り騒ぎはもうなさそうです。

でも、それなりの姿でどちらも続いていくかと。
それでいいのではないかと思います^^
2011/10/06(木) 14:17:06 | URL | to かしん 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/06(木) 15:31:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4937-11f5bdfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2