ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


米雇用創出法案と対中制裁法案 (為替相場監視改革法案)

オバマ米大統領は、米国のリセッション懸念への保険として、議会に対して雇用創出法案(4470億ドル)の早期の可決を要請している。可決された場合、ドル買い要因となる。

11日に予定されている対中制裁法案の採決は、民主党が多数を占める上院では可決される見込みだが、共和党が多数を占める下院では、ベイナー米下院議長(共)が米中貿易戦争を懸念していることで否決される可能性が高まっている。可決された場合、ドル売り要因となる。

為替報告書 (10月14日)

米国財務省が、対中制裁法案が協議されている米国議会に対して提出する為替報告書では、中国を為替操作国と認定するか否かを見極めることになる。認定された場合は、ドル売り要因となる。

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)
 

10(月)

【国内】
東京市場休場(体育の日)
日豪経済合同委員会(京都)

【海外】
カナダ市場休場
独8月貿易収支(15:00)
台湾市場休場
中国9月貿易収支(11:00)


11(火)

【国内】
8月国際収支(8:50)
9月企業倒産件数(13:30/前年比)
9月消費者態度指数(14:00)
9月景気ウォッチャー調査
金融経済月報
《決算発表》
J.フロント リテイリング、明光ネットワークジャパン、千代田インテグレ
サイゼリヤ、ライフコーポレーション、リンガーハット、東宝、ダイセキ

【海外】
米FOMC議事録公表(日本時間12日午前3時発表)
9月20-21日のFOMCでは、総額4000億ドルの「オペレーションツイスト」の導入を決定し、追加の緩和措置が打ち出された。ただ、3名のタカ派が反対票を投じたことや、準備預金金利の引き下げが見送られた点などが、議事録の焦点となろう。

米9月財政収支(12日3:00/-649億ドル)
米3年国債入札
ブラジル8月小売売上高(21:00)
《決算発表》
アルコア


12(水)

【国内】
8月機械受注(8:50/前月比+3.9%)
前月の大幅な落ち込みからの反動に加え、震災からの復興需要が続き、改善する見通し。9月日銀短観の設備判断DIが改善したことからも、企業の設備投資意欲は底堅く推移しているとみられており、世界景気減速下でも国内需要は増加基調を維持する見込み。

9月工作機械受注(15:00)
《イベント》
ITproEXPO2011(東京ビッグサイト~14日)
スマートフォン&タブレット2011秋(東京ビッグサイト~14日)
《決算発表》
久光製薬、コスモス薬品、三協・立山ホールディングス、サイバーステップ
ニイタカ、北興化学工業、コーナン商事、プレナス、ファーストリテイリング

【海外】
ユーロ圏8月鉱工業生産(18:00)
欧州議会本会議(~13日)
米10年国債入札
WTO一般理事会(~13日)
IEA月報
プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
ブラジル市場休場
《決算発表》
ホスト・ホテル・アンド・リゾート、ペプシコ


13(木)

【国内】
9月貸出・資金吸収動向
8月第三次産業活動指数(8:50/前月比)
日銀金融政策決定会合議事録公表
30年国債入札
《株主総会》
ウチダエスコ
《決算発表》
ローソン、ビックカメラ、レナウン、アデランス、日医工、東洋炭素、津田駒工業
東洋電機製造、タクトホーム、東天紅、松屋

【海外】
米8月貿易収支(21:30/-460億ドル)
8月ISM製造業の内訳「輸出受注」DIは50.5←54.0、「輸入」DIは55.5←53.5で、輸出鈍化・輸入改善となり、赤字拡大要因。米エネルギー省発表の8月原油価格は、前月比-9.16%程度(季調済み)で赤字縮小要因。原油の下落幅が大きく、前月から赤字縮小の可能性も。

米30年国債入札
イタリア国債入札
コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演
豪9月雇用統計(9:30)
韓国中銀金融通貨政策委員会
《決算発表》
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー、ファスナル、グーグル、セーフウェイ


14(金)

【国内】
9月マネーストック(8:50)
9月国内企業物価指数(8:50/前年比)
オプションSQ
《決算発表》
セブンシーズ・テックワークス、メディア工房、ヤマトインターナショナル、島忠
大和、松竹、インターアクション

【海外】
米9月輸入物価指数(21:30)

米9月小売売上高(21:30/0.40%)
参考指標の9月ICSCチェーンストア売上高(ウォルマート除く)は、前年比+5.5%で8月+4.60%から上昇。ガソリン価格は前月比+2.78%程度(季調済み)でガソリン・スタンド売上の上昇要因。自動車販売台数は前月比+7.77%程度。前月からの改善が見込まれる。 

米10月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55/61)
9月確報値は上方修正(59.4←速報値57.8)するも、ダウ平均は9月に年初来安値を更新。9月のガソリン価格も前月比+2.78%程度(季調済み)でマイナス要因に。株価は10月も引き続き安値を更新しており、世界的な景気減速を受けて、下振れリスクがありそう。

米8月企業在庫(23:00/0.50%)
G20財務相・中央銀行総裁会議(~15日)
中国9月消費者物価(11:00)
中国9月生産者物価(11:00)
インド9月卸売物価(15:30)
《決算発表》
マテル、プログレッシブ・コープ
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4943-4e48c2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2