ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間限定 口座開設キャンペーン 合計10,000円プレゼント!

 

10月21日の米国株式市場

ダウ平均: 11808.79 △267.01
ナスダック: 2637.46 △38.84
ドル円 NY時間17時: 76.28 -76.30
ユーロ円 NY時間17時: 105.98 -106.02
CME日経平均先物 円建て: 8745

ダウ平均は、8月3日以来約2カ月半ぶりの水準を回復。

外食のマクドナルドが朝方発表した2011年7-9月期決算で、1株利益が市場予想を上回った。機械のハネウエル・インターナショナルなども大幅増益となる決算を発表し、米主要企業の収益拡大基調が続いているとの見方が浮上。米経済の先行きに対する悲観論が後退し、投資家が運用リスクを取る動きが広がった。

EU・ユーロ圏の首脳会議を26日に控え、メルコジなどの前向きな要人発言が報道され、欧州債務問題の解決に向けた動きが出るとの期待が相場を押し上げた面もあった。

正午頃、ECとECBとIMFの三者で構成されるトロイカが、ギリシャ国債の債務減免について、「ギリシャが2020年までに債務を対GDP比で110%未満に減らすためには、額面の60%を減免する必要がある」などと発表。これを受け、一時売り方が優勢となった。

しかし、イエレンFRB副議長が「QE3の実行が適切となる可能性がある」と述べたことが伝わると、株式市場では再び買いが優勢になった。

更に、EFSFの機能強化に関して、一部メディアから「フランスがドイツに譲歩した」と報じられたことにより、ダウは最終的にほぼ高値引けとなった。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が上昇。
「一般消費財・サービス」や「素材」の上昇が目立った。

NYSEの売買高は約11億9000万株(速報値)、ナスダック市場は約20億4000万株(同)。

個別では、保険のトラベラーズやアメックスが大幅高。マクドナルドの値上がりも目立った。収益が景気動向の影響を受けやすいキャタピラーやボーイングが上昇。ハネウエルや、格付け会社が債務格付けを引き上げたフォード・モーターも上げた。
一方、バンカメが小幅ながら下落。増益決算を発表したGEも売りに押された。
アップルは小幅ながら3日続落。ナスダック指数の重しとなった。

 

日本株式市場

米国株式市場は決算発表に比較的素直な反応。

先々週から予想を上回る経済統計が多くみられることもあり、景気に対する不透明感はやや後退した感がある。先週は永らく死語となっていた「悪材料出尽くし」の声も聞かれ、芳しくない決算を発表した銘柄も買われた。今週はキャタピラー、ボーイングなど資本財セクターの注目銘柄の決算発表が予定されており、その内容と市場の反応を確認してみたい。

一方、日本株式市場は相変わらず薄い商い、鈍い反応。

チャート・テクニカルに准ずる動きとなっていることだけが救いか。
米株大幅高を受け、日経平均はギャップアップ。雲下限レベルで始まった。225先物は、雲下限(8730)の上で始まり、上向きの転換線(8780)に準ずるように上昇。225現物では、雲下限(8790)のやや下で始まり、雲下限、転換線(8782処)で頭を抑えられている。

どちらも雲下限は明日から横這い、来週初に下落する。雲上限もほぼ同様。
このままの展開であれば、ダラダラと横這い、やや下向きの動きが考えられる。

外為市場では、このところガチガチのビタビタで動きがだったが、先週末急に動意づいた。
ドル円は一時75円78銭まで買われ、8月19日に付けた75円95銭を上回り、約2カ月ぶりに戦後の最高値を更新。レンジを切り下げた格好であり、株式市場にとって重しとなりそう。

尚、先週20日に発表された10月第2週(11-14日)の投資部門別売買状況は、外国人が3市場合計ベースで日本株を7月第3週以来12週ぶりに買い越した。買い越し金額は633億円。

売り越しは一旦止まったが、これまでの売り越し期間、売り越し額を考えると、この週の買い越し額は少額。フローも酷く萎んでいる。

本日の外人動向もパッとしない。売り越しは少額だが、フローは萎みまくり...

下値は拾えても上値は買えない状況に変化なし(-_-)zzz


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1020万株、買い980万株、差し引き40万株の小幅売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:06

9時頃に円がちょこっと売られたのは、安住君の口先介入効果か。
この水準でも介入しないのね。。。

どんな水準になろうが「急激でなければ介入しない」ということがよく分かった。
まぁ、政府日銀もそう言っていたし、今更の話だが(=_=)

10:41
低迷・停滞が続いたことで、日経平均8800円台でも高く感じてしまう(/_;)
遅行スパン、転換線共に悪くない動きになりつつあるんだが。。。

まぁ、雲の中らしいドンヨリ感。週足はモロ孕み。
こんなもんだろ、仕方ないとして見ていこうw

11:02
悪くはないが、良いとも言い難く前引け。

日経225先物111024前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4974-d7c78cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2