ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


11月30日の米国株式市場

ダウ平均: 12045.68 △490.05
ナスダック: 2620.34 △104.83
ドル円 NY時間17時: 77.60 -77.62
ユーロ円 NY時間17時: 104.35 -104.39
CME日経平均先物 円建て: 8645

日本時間午後6時ごろ、中国人民銀行がほぼ3年ぶりに預金準備率の引き下げを発表。
午前8時には、FRBと先進国の5つの中央銀行が「ドル・スワップ協定におけるドル資金供給の金利を50bp引き下げる」と発表。これらを受け、欧州株式市場は爆上げとなった。

米経済指標の改善も買い材料となった。

11月のADP全米雇用リポートで非農業部門の雇用者数(政府部門除く)は、前月から20万人以上増加。13万人程度の予想を大幅に上回る伸びとなった。
11月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)も予想の58.5を上回る62.6と大幅に改善。

中国人民銀行の預金準備率引き下げを受け、キャタピラーが大幅高。
「ドル・スワップ協定におけるドル資金供給の金利を50bp引き下げ」を受け、国際金融市場の緊張が和らぎ、金融機関の資金調達環境が改善するとの期待から、欧米銀行株が爆上げ。商品相場は上昇し、素材株や石油株も上げた。

ダウ平均は2009年3月23日以来となる大幅上昇で12000ドルを回復。
ナスダックも大幅反発、上昇幅は8月中旬以来の大きさとなった。

NYSEの売買高は約16億6000万株(速報)。ナスダック市場は約23億8000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は「金融」や「素材」をはじめ全10業種が上昇した。

金融株が全面高。バンカメが7%、JPモルガン・チェースは8%の上昇。ダウ構成銘柄ではアルコアの上げが大きかった。アナリストが買い推奨したネットワーク機器大手シスコシステムズも買いが優勢だった。四半期決算が大幅増益だった。大幅増益決算を発表したカジュアル衣料専門店のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズも高い。

 

日本株式市場

昨日、中国人民銀行のアドバイザーが金融引き締めは来年中も続くと示唆。
リークかガセか分からんが、12月1日発表の中国物流購買連合会の11月購買担当者指数が49.9で分岐点の50割れとの報もあり、上海総合指数は10月21日につけた年初来安値に接近、下げ幅は今年2番目の大きさとなった。
夕刻、これを打ち消すように、中国人民銀行が預金準備率の引き下げを発表。

毎年この時期のお約束とはいえ、ドル不足が深刻。米ドルLIBORは上昇の一途。
欧州でのドル資金調達コストはリーマンショック以来の高水準となっている。
そんな不安を打ち消すように、FRBと先進国の5つの中央銀行が「ドル・スワップ協定におけるドル資金供給の金利を50bp引き下げる」と発表。

こういう場合、景気への難癖で上値が抑えられることがよくあるが・・・
昨日の米国経済指標は軒並み大幅上ブレ。

あまりにも見事なタイミングで当局が動いた。

ただ、あまりにも見事過ぎたためか、これらが発表された後の市場では、やや「好材料出尽くし感」が漂っていたようで、NY株式相場は伸び悩みの展開に。
午後2時にベージュブックが発表されたが、これへの反応は殆ど見られなかった。
 

日経平均に関しては、節目密集、戻りの目途とされる8600レベルへ到達。
欧米市場の上げ幅に対し物足りないが... 本日は8600円レベルで引ければ上出来だろう。

昨日、東証一部売買代金は12営業ぶりに1兆円を回復。NYの売買高も激増。

直近の上昇は露骨にショートカバーって感じだったが...
昨日、大商い・爆上げとなった欧米市場を受け、ニューロングがみられるかどうか?
株価よりも、本日の東京市場の商いが増えるかに注目してみたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1210万株、買い1620万株、差し引き410万株の買い越し。
買い越しは3営業日ぶり。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:34

今回の中銀の決定で、年末年始の資金繰りの問題は解決されたかもしれないが...
欧州の問題が解決されたわけではない。
日経平均は爆上げとなったが、上向きに転換したわけでもない。
この辺りは認識しておきたい。

11:02
10月中旬から、折に触れ短期金融市場逼迫が気になると書いてきたが・・・
ようやく昨日、主要6中銀による資金供給策(短期金融市場における流動性維持が目的)が発表された。それだけ(年が越せないほど)事態が深刻だったということだろう。そして、私ごときでも気になるほどの大問題は、当局が対応して当然ということだろう。
これで年内は一先ず大丈夫そうだが... 問題はその後ですな。

日経225先物111201前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
ドル資金供給
これでユーロから前向きな発言が出てくるといいんですが、今だに
「新規発行国債の購入者の損失の一部を保証」
なんて言ってるようじゃあまり期待しないほうがよさそうですね。
市場はどの程度のものが出てくると思っているんでしょう。
2011/12/01(木) 10:38:43 | URL | ケン #-[ 編集]
白川君と見解が一致するのは不本意ですが・・・
ケン 様

このドル資金供給って、「時間稼ぎ」なんですよね。
年が越せるぞ♪を好感して、欧州株爆上げ、ダウ490ドル高。
爆上げは株式市場だけ。
外為市場のユーロも、商品も反応は鈍いのは気掛かりです。
どこまで好感して良いものやら^^;
2011/12/01(木) 13:07:46 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5057-fba149eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2