ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


今週印象的だったのは、「ドル・スワップ協定におけるドル資金供給の金利を50bp引き下げ」だが、これはLIBOR等から容易に想像できた。発表されたタイミングが意外だっただけ。

個人的に最も印象深かったのは・・・
中国物流購買連合会の11月購買担当者指数の分岐点50割れ。
これは金融危機の苦況にあった2009年2月以来の出来事。

これに対し、中国人民銀行が預金準備率をほぼ3年ぶりに引き下げた。

これを受け、ハンセン指数は19000p、H株指数は10000pの大台を回復。
上昇率は約3年ぶりの高水準を記録した。

なぜ中国が金融緩和に舵を切ったかと言えば・・・
中国の消費者物価指数が3年ぶりの高水準を記録したのは7月(6.5%)。
そして翌8月は、前年比6.2%の上昇と伸び率がやや減速したから。

ほぼ3年ぶりの高水準となった消費者物価指数がやや減速。
3年ぶりの指数悪化。
3年ぶりの金融緩和!
3年ぶりの大幅上昇!

ほぼ3年ぶりと言えば・・・
11月ユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)も2009年7月以来2年4カ月ぶりの低水準。

そう言えば、今でこそ市場予想を上回るものが目立つ米国の経済統計だが・・・
9月までに発表された米国の経済統計は2-3年ぶりの低水準のものが多かった。
そして9月中旬に米株市場は週間パフォーマンスで3年ぶりの大きな下落を記録した。

一昨日、FRBと先進国の5つの中央銀行が「ドル・スワップ協定におけるドル資金供給の金利を50bp引き下げる」と発表。これはドル不足が深刻となり、米ドルLIBORが上昇の一途、欧州でのドル資金調達コストが「リーマンショック以来の高水準」となったための処置。

3年ぶりだらけだ。なにかの暗示か。

2008年秋のリーマンショックから全市場がガタガタ崩れ、悲壮感漂った2009年。
今年、その水準まで経済統計は落ち込んでいるものが目立つ。
資金調達難、リスクオフ、信用収縮といった点も似ている。
そして、政府当局の政策は2009年当時を彷彿とさせる。

同じ相場は二度と訪れることは無い。
当時と同じ想定、手口で勝てるとは思わない方がいい。

ただ、歴史は繰り返すと言う。
愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶとも言う。

二度あることは三度あるw
QE2があった。そしてQE3をせざるを得ない状況。
当時を参考としてみることは有用だろう。

個人的には、ユーロ以外は、3年前ほど事態は深刻ではないと見ているが...
本年は、2-3年前の状況が再現されているように見える。
現在はその2-3年前のいつ頃の状態か?その後どうなったか?と考えてみるのは面白い。

尚、この3年ぶり云々というのは世界の話。
日本では30年ぶりという数字も散見されている。
この差について考えてみるのも面白い。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約138億円が成立。
市場では、やや売り決め(投資家の売り・証券自己売買部門の買い)優勢との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4905億円、売買高は同8億8284万株。

東証1部の値上がり銘柄数は782、値下がりは700、横ばいは169。

 
*** 追記 ***
13:21

昨日冴えなかった小売や医薬品などのディフェンシブ関連株、通信株が高い。
リターンリバーサルの域を出ない売買が続いている。
強気にはなれないが... 指数が25日線を上回っての推移は評価したい。

14:09
昨日は、11月25日安値を起点とした反発局面で「三空」目を形成。
日足では上ヒゲを残した。
短期で天井を打ったとは言えないが、目先天井打ちの可能性は低くない。
天井打ちは言い過ぎだとしても、一服入ると見るのが無難な処。

本日、重く、鈍い展開となっているが大方の想定通りだろう。
想定通りであれば失望も無い。現時点でのこの重さは嫌気する必要はないだろう。
そして想定通り重く、上値を試せない状況を好感する必要もない。
こんなもんとして淡々と見ていきたい。

14:35
東京市場は物足りない動きが続いているが・・・

あのポジティブヤンキーですら、ダウ平均は7月高値・10月高値を結ぶトレンドラインを上方ブレイクしていない。昨日は商いも細った。

慎重な、控えめな日本の株が、昨日・今日とこのザマでも仕方ない。

15:04
昨日高値は上抜けなかったが、指数は高値引け。基準線ビッタリで引けた。
やけに行儀が良いw

15:17
先物、ノートレ&ノーポジ。
現物、含みベース前日比微勝ち。
トータル微勝ち。

色々あった一週間だったが・・・
結果的には11月最終週を含む週の日経平均は高いというアノマリー通りの動き。

12月相場は高いイメージがあるが、商いは膨らみ難く、小波乱となりがち。
しかも、高いのって大納会前数日だけってことが多い。

変に期待とポジションを膨らませず、来週はやっていきたい。

日経225先物111202後場

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
あのときと違うのは
毒入り団子と言われたものがパニック的に叩き売られたあの時に比べれば、今の状況は全然マシです。
あんな暴落は今回はないと思ってます。
ただ、あの時と違って、何がなんでも問題を解決しようという意思が感じられないのが、残念だし、不安です。
2011/12/02(金) 14:23:28 | URL | ケン #-[ 編集]
今の状況は全然マシ
ケン 様

私もそう感じるのですが、これって、世界の相場を見ているからそう感じるわけで・・・

日本の株式市場を「あの時に比べれば」・・・
同水準だったり、下抜けているのが多いんですよね。
主力株に上場来安値更新したものもありましたし。

そう考えると、あの時より既に悪いとも言えそうです。

そして、「既に悪い(これ以上悪くならんだろ)」のが希望ですね(^^ゞ

>何がなんでも問題を解決しようという意思が感じられないのが

打つ手がないという面も大きそうです><
2011/12/02(金) 14:42:15 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
打つ手がない
ここ数日の様子をみていると、そんな気がしますね。
個人的には「手はある」と思っているんですが、木曜日にそこまで踏み込んだ発表はされそうになく。
失望売りがでることもありそうですね。
ただ、今日は格下げ懸念でこの程度の下げは、やや意外感があります。
織り込み済みということはないでしょうに。
2011/12/06(火) 14:26:33 | URL | ケン #-[ 編集]
同感です
ケン 様

>個人的には「手はある」と思っているんですが、

私も打つ手はあると思っていますが、それが「今回」「打てる」とは思っていません。

>ただ、今日は格下げ懸念でこの程度の下げは、やや意外感があります。

格下げ懸念がEU首脳会議進展を促すとの期待で下げ渋り。
これって、胡散臭い民間の格付け会社が国家を動かすとの期待。。。

かなり無理がある気がするんですが、ドウナンデショ(^^ゞ
2011/12/06(火) 16:16:19 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5061-66571294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2