ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


12月14日の米国株式市場

ダウ平均: 11823.48 ▼131.46
ナスダック: 2539.31 ▼39.96
ドル円 NY時間17時: 78.05 -78.07
ユーロ円 NY時間17時: 101.31 -101.35
CME日経平均先物 円建て: 8420

イタリア政府がこの日実施した入札で5年物国債の落札利回りは6.47%。
これは単一通貨通貨ユーロ導入後の最高水準。

高い金利を付与しなければ資金調達が難しくなっている状況が浮き彫りとなり、債務問題が混迷の度合いを増しているとの見方が浮上。投資家心理が冷え込んだ。

イタリアの国債利回りは再び7%を超えて上昇。
ユーロ・ドルは今年1月以来初の1ユーロ1.3ドルを割れ。
ユーロが売られ欧州株式市場は軒並み安となった。

独Ifo経済研究所がドイツ経済の成長率予想を大幅に引き下げたことも嫌気された。

正午ごろ、ECBのシュタルク理事が「欧州財務省を設立する必要がある」と発言し、買い戻しが優勢となる時間帯もあった。しかし、午後2時頃、複数のメディアが「ブラジルの司法当局がシェブロンに対し、ブラジル国内での全活動を停止するよう命令」と報道。これを受けて株価指数は再び下値を探る展開となった。

ドルが対ユーロなどで上昇したことで、ドル建てで取引される原油など商品相場が下落。
石油などエネルギー株や資源株への売りが相場を押し下げた。

NY金先物も3日続落。ユーロ安でドルが強くなり、ドル代替の代表である金が売られた。

ダウ平均は3日続落。11月29日以来ほぼ2週間ぶりの安値で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。「エネルギー」が3%近く下落。
「IT」や小売業などを中心とした「一般消費財・サービス」の下げも目立った。

売買高はNYSEが約9億3000万株(速報値)、ナスダック市場が約17億6000万株(同)。

個別では、収益予想を下方修正した太陽電池大手のファーストソーラーが大幅に下落。市場予想を下回る四半期決算を発表した掘削機械のジョイ・グローバルも急落。類似企業を買収したキャタピラーにも売りが波及し、一銘柄でダウ平均を30ドルあまり押し下げた。IT大手シスコシステムズやバンカメの下げも目立った。
11月の顧客の平均売買高が前月比で減少したと発表したネット証券のチャールズ・シュワブと同業のEトレード・ファイナンシャルが5%前後下落。中国が輸入する米国製自動車の一部に相殺関税を課すと発表し、フォードーやGMも3%あまり下げた。
一方、10~12月期の売上高が従来予想の上限になりそうだと発表した通信系半導体のブロードコムが上昇。製薬のメルクやGE、JPモルガン・チェースが上げた。

 

日本株式市場

12月9日、13日、14日と幻のSQ値をザラ場で死守してきたが...
本日のギャップダウンでアッサリこれを下回った。

幻のSQ値とは、SQ値が現物指数にないところで決まることを言う。
ということは、昨日まで幻のSQ値、本日GDでこれを下回ったことで「まだ&また幻のSQ値」?

ちと違うが...かなり珍しい状況となったことは確か。昨日までサポートとして意識されてきた8478円が、今日からは抵抗として意識されることは確実だろう。

日経平均は11月25日安値8135円→12月7日高値8729円まで上昇。
この半値押しが8432円。本日これを達成した。
米株市場では、S&P500がこれと同じく11月下旬からの反騰の半値押し。

足並みは揃っている。現在特に日本株が安いということはない。
相対的な割安感や、値ごろ感からの買いには期待出来ない。

日銀のETF買いや国内年金系の買いへの期待が高まりそうだが・・・
これらに下支え効果はあっても、押し上げ効果は無い。

ガイ人買いへの期待もしない方がよさそう。もうクリスマス休暇だろう。
残ったヤツラにしても、ここから新規建てしてポジ構築は考え難い。

こうも期待感がないと、買いで出動したくなるのだが...未だ悲観も警戒感もない。

無理せず見ていきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2750万株、買い1540万株、差し引き1210万株の大幅売り越し。
売り越しは3営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:32

11月25日を起点とするリバウンドが最も鮮明だったのが「海運」。
本日、その海運の下げがきつい。
業種別では33業種中ぶっちぎりのビリ。
かなり気になる動きとなっている。

11:09
日経平均は日銀が出動しないであろう100円下げ、TOPIXは1%の下げに留まっている。
日銀もたまには小技使えばいいのに(/_;)
参加者に読まれ、舐められては、支える効果も限定的。

日経225先物111215前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5089-ee72db3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2