ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


今週最も印象深かったのは、将軍様死亡だが・・・

相場的に最もインパクトがあったのは、ECBの3年物資金供給オペ実施。

これを受け、どうなったのか...記憶と記録に残すため、以下時系列順に纏めてみる。

12月20日
ECBが3年物の資金供給オペの実施を通告。
ユーロ高・欧米株高となった。

12月21日
入札は現地フランクフルト時間午前9時半(日本時間17時半)締め切り。
同午前11時15分(同19時15分)に結果発表。

523の欧州金融機関が殺到(゜o゜)
ECBによる資金供給オペは、過去最大規模の4890億ユーロ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
(市場予想2930億ユーロを大幅に上回った。)

12月21日 19時21分
この発表を受け、にわかにリスク選好が強まり、ユーロは一段高。
ユーロ・ドルは1.3077→1.3198まで上昇し、日中高値を更新。欧州株式市場も急騰。

しかしその直後、「4890億ユーロの申し込みは欧州金融機関の資金繰り逼迫」の証左と受け止められ、ユーロは失速。上昇分を打ち消した。そりゃそうだw

ECBはこれまで最長だった13カ月の供給期間を一気に3年と大幅延長。金利は1.0%。担保として豚どもの国債を無制限に受け入れるという激甘条件。配下の民間銀行は、1%の金利でECBから資金を借りて、6%の豚どもの国債を購入すれば5%の利鞘が稼げる。 つまり...

ECBが「いわゆるキャリートレード」を推奨した格好。
「銀行を経由したQE」と言ってもいいかもしれない。
そりゃ通貨安(ユーロ安)になりますわな(^_^;)

尚、融資の実行は本日12月22日だ。市場の動向を今しばらく観察したい。

 

ところで、今週の材料、マーケットの反応やチャート。
どこかで見た様な気がすると思ったら...
材料やそれへの反応、水準が12月1日頃に似ている(@_@;)

11月30日
ドル・スワップ協定におけるドル資金供給の金利50bp引き下げ。
金融機関の資金調達環境が改善するとの期待から、欧米銀行株が爆上げ。
商品相場は上昇し、素材株や石油株も上げた。
ダウ平均は2009年3月23日以来となる大幅上昇で12000ドルを回復。

12月1日
日経平均は節目密集、戻りの目途とされる8600レベルへ到達。
しかし、欧米市場の上げ幅に対し物足りない動きとなった。

12月2日
商いが細り、前日比変わらずの水準で揉み合い。

 
12月20日
ECBが政策金利の1%で期間3年の無制限資金供給オペを実施。
金融機関の資金調達環境が改善するとの期待から、欧米株が爆上げ。
この日のスペインの3ヵ月物と6ヵ月物の国債入札は目標上限の45億ユーロを大きく上回る計56億4千万ユーロの資金を集め、安心感が広がった。
商品相場は上昇し、エネルギーや素材の値上がりが目立った。
ダウ平均は大幅上昇で12000ドルを回復。

12月21日
日経平均は、節目密集、戻りの目途とされる8435-8478レベルへ到達。
しかし、欧米市場の上げ幅に対し物足りない動きとなった。

12月22日
商いが細り、前日比変わらずの水準で揉み合い。
 

材料も反応も動きも酷似している。
米株は水準までも同じ。日本株は切り下げも形状は同じ。
資金供給という応急処置で年越し目当てという点も同じ。
債務危機の抜本的解決には繋がらないという点でも同じ。
LIBORは上昇の一途、伊10年物が殆ど低下していない点も同じ。

 
またかの印象。
3週間で一回転しただけに見えないでもない。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約192億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部売買代金は概算で3995億円、売買高は6億7731万株と低調。

東証1部の下落銘柄数は878、上昇は605、横ばいは170。

 
*** 追記 ***
13:24

昨日は一昨日同様の相場。
本日は昨日同様の相場。
極小日中値幅&超ド閑散...変わらねぇ(-_-)zzz

セクター間でリターンリバーサル的な動きもみられるが・・・
いかんせん薄い。小石が投げられても、デカイ波紋が大きく残る。
細かい処は気にし過ぎない方がいいかもしれない。
一昨日は3年ぶりの薄商いとなった。本日もそれと同等の薄さ。

14:06
チャート・日柄に准ずる形で戻ったが・・・
節目でキッチリ頭を抑えられ、戻り高値圏での推移。
12月初と現在、非常に似たものを感じる。

ただ戻りの起点となった今回の12月19-20日は、前回の11月24-25日ほどテクニカル的な反発力が期待できない。この点は少し割り引いて見たほうがよさそう。

見た方がよさそうというか、もう見なくてもよさそうな気も...
開店休業状態。こうも薄いと手の打ちようがないw

14:16
心穏やかにクリスマスを迎える曲。

15:17
先物、含みベース前日比勝ち。(8695ショート持ち越し)
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、雀の涙勝ち。

どこまで商いが細るか?そのぐらいしか見所がない。
そのぐらいしか見所がないなら、見る必要はない。
でも、見ていないと必要ないかどうか分からない。
やむを得ず見ている。そんな一日。

日経225先物111222後場

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!Mary Christmas♪
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/02/02(木) 16:21:02 | URL | 株の初心者の資金 #-[ 編集]
恐縮です
株の初心者の資金 様

こちらこそありがとうございます。
2012/02/02(木) 22:22:13 | URL | to 株の初心者の資金 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5106-cd42dd14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2