ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


12月22日の米国株式市場

ダウ平均: 12169.65 △61.91
ナスダック: 2599.45 △21.48

新規保険申請件数は前週比4000件減の36万4000件と、2008年4月以来の水準に減少。
11月の米景気先行指標総合指数は前月比0.5%上昇し、市場予想+0.3%を上回った。
米景気の現状は想定より良いとの見方が広がり、先行きに対する警戒感が和らいだ。

金融セクターの中でも大手銀行の株価が軒並み上昇。
複数のメディアで「121名の超党派議員らが規制当局に対し、ボルカー・ルールに関する見解を述べる時期を先送りするよう要請」と報じられたことが買い材料視された。

また、WTIの続伸を好感し、エネルギーセクターが主要株価指数の上昇に連日貢献した。

ダウ平均は3日続伸。
ナスダックは反発。アップルやマイクロン・テクノロジーなどの上昇が寄与した。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち9業種が上昇。
「金融」「エネルギー」などの値上がりが目立った。

NYSEの売買高は約7億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約14億7000万株(同)。

個別では、欧州の金融株高が波及し、シティグループやモルガン・スタンレーなどの米金融株の値上がりが目立った。バンカメやJPモルガン・チェースも大幅高となり、上昇率はダウ平均構成銘柄の中で首位と2位を占めた。原油先物相場の上昇を背景に、エクソンなどのエネルギー株も買いを集めた。
インターネット上のコンテンツ配信などインフラサービスを手掛けるアカマイ・テクノロジーズは大幅に上昇。企業買収による事業の拡大を好感した買いが入った。
一方、家庭雑貨小売りのベッド・バス・アンド・ビヨンドは大幅に下落した。売上高の伸び悩みを嫌気する売りが広がった。マクドナルドやコカ・コーラも下げた。

 

12月23日の米国株式市場

ダウ平均: 12294.00 △124.35
ナスダック: 2618.64 △19.19
ドル円 NY時間17時: 78.08 -78.10
ユーロ円 NY時間17時: 101.81 -101.85
CME日経平均先物 円建て: 8540

与野党が給与税減税の延長で合意したことで米国経済のリスク要因が後退。

11月の耐久財受注額は前月比3.8%増と市場予想の2.0%増を上回った。
(個人所得、個人消費支出は市場予想に届かなかった。)
同月の新築住宅販売件数は前月比1.6%増加。
米景気の現状はさほど悪くないとの期待が高まった。

欧州株式相場の上昇も、買い安心感につながったようだ。

ダウ平均は4日続伸。7月27日以来約5カ月ぶりの高値となった。
ナスダックは続伸。9日以来2週間ぶりの高値を回復した。

週間では、ダウ平均+427ドル(+3.6%)、ナスダック+63p(+2.5%)。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が上昇。
「一般消費財・サービス」や「IT」の値上がりが目立った。

売買高はNYSEが約4億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約9億5000株(同)。
年末休暇をとる投資家が多く、取引は低調だった。

個別では、バンカメやウォルト・ディズニー、シスコシステムズが上昇。社長人事を発表したイーストマン・コダックが大幅高。マイクロン・テクノロジーと特許使用契約を結んだ半導体開発のラムバスも急伸した。
ダウ構成銘柄のうち2銘柄が下落。アルコアとボーイングが売りに押された。

 

日本株式市場

日経225先物111226相場
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

日本が連休中の欧米株高を受け、日経平均はギャップアップ。
SQ値8478円を上回って始まった。

しかし、日中値幅は40円弱。
ダラダラと上げ幅を縮小し安値引け。
SQ値とほぼ変わらぬ8479円で取引を終えた。

尚、東証1部の売買代金は5008億円と8年半ぶりの超ド閑散相場。
 

この日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り680万株、買い960万株、差し引き280万株の買い越し。
買い越しは4営業日連続。金額ベースも買い越し。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約89億円が成立。市場では、売り買いは均衡、投資家の多くは模様眺めとの声。

株式指標111226-1

株式指標111226-2
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5110-c3224654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2