ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚
 

一昔前、スーパーマーケットの西友(ウォールマート)の販売戦略「エブリデー・ロープライス」が一躍脚光を浴びた。客はいつ買い物に来ても、低価格で商品を購入できるというコマーシャルだ。

しかし、毎日安いなら、必要なものだけ必要な時に買えばいい。衝動買いは起きない。
確かに安いが、他店と比べて特に安いわけではない。尚更衝動買いは起きない。

エブリデー・ロープライス!

このコマーシャルって、企業イメージアップにはなっても、企業業績にはどうなのよと思っていたが、案の定業績には結び付かなかった。

今の日本株式市場にも似たものを感じる。

下げた時の常套句「割安感」。
その割安感すら語られることはなくなってきた。

こうも先行きが不透明だと、バリューでは買い難いということもあるのだろうが...
「割安」が長く続きすぎて、それが「定価」となってしまった。
毎日安いなら、なにも今慌てて買う必要はない。
買われない、割安感すら語られない理由はこの辺りにありそう。

他市場と比べて特に安いわけではないということも買い手控え要因。

相対的な売られ過ぎ感があれば、買ってやろうかという気にもなるが...
ダウを除けば、現在の日本株価指数は相対的に低い位置にあるわけではない。

2010年の年間パフォーマンスを見てみると・・・
ユーロ安ブラボーでEUで唯一気を吐いたドイツ経済。
そのドイツDAX指数は、年間で20%近く下落。
円高に泣いた日本経済、日経平均は年間で20%近く下落。

その日経平均は29年ぶりの安値圏。こう聞くと安く感じるが・・・
20年以上ロクに経済成長していないのだ。29年ぶりの安値圏に残念ながら違和感はない。
7-8%の成長を維持している中国の上海総合、インドSENSEXですら低迷中。
日本株が特に安いという感じはしない。

日経平均は昨年8月の急落分を全く取り返せていないが・・・
それは香港ハンセン、韓国KOSPIも同様。

日本株が特に売られているわけでも、安いわけでもない。

年初のリバランスへ期待する声もあったが・・・
敢て日本株を組み入れなければならない理由も見当たらない。

エブリデー・ロープライス...

購買意欲を刺激しないフレーズですな(-_-;)

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約232億円が成立。市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で4655億円、売買高は9億8629万株。

東証1部の値上がり銘柄数は883、値下がり銘柄数は563、変わらずは198。

 
*** 追記 ***
13:24

そう言えば・・・
西友ってウォールマートの傘下に入って赤字が続き、24時間営業にしたんだっけ。

値引き合戦、売り上げ低迷、営業時間延長、更に低迷・・・
今の大証、東証、証券会社も同じことやってますな(/_;)

13:45
一時的な下げ(安売り)なら、購買意欲がそそられる。
バーゲンセールなんてその典型。人の多さも購買意欲を刺激する。

しかし、毎日安いなら興味は薄れる。
悪かろう安かろうではとの猜疑心も芽生える。
人が少なければ買うことに恥ずかしさも覚える。
「もっと安くなるのでは」との変な欲も出てくる。

これってスーパーでも、デパートでも、相場でも同じ気がする。

14:46
こうも薄く、動かないと、ポジションよりも手掛けたこと自体が反省材料になってしまう。
触らなきゃよかった...そんな一日○| ̄|_

15:17
日経225先物mini、引成(8430)にて8445ショート決済・利確。(¥15抜き)

先物、決済ベース微勝ち、含みベース前日比微負け。(8695ショート持ち越し)
現物、含みベース前日比微勝ち。
トータル、微勝ち。

エブリデー・エブリホエア・ロープライス...
この状況、マインドレス(-_-;)

日経225先物120111後場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5139-5fb1713b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2