ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


1月13日の米国株式市場

ダウ平均: 12422.06 ▼48.96
ナスダック: 2710.67 ▼14.03
ドル円 NY時間17時: 76.96 -76.98
ユーロ円 NY時間17時: 97.58 -97.62
CME日経平均先物 円建て: 8460

米主要メディアが、S&Pが同日中にもドイツなどを除く複数のユーロ加盟国の国債の格付けを引き下げると報じた。フランスなどの主要国が格下げされれば、EFSFの信用力が低下するとの懸念などから、投資家が運用リスクを回避する姿勢を強めた。

JPモルガン・チェースの決算が市場予想を下回る落ち込みとなったこと、米WSJ紙が「バンカメが事業環境が一段と悪化した場合に事業の縮小を検討していると米当局に報告した」と報じられたことで、金融株が軒並み安。ダウ平均は一時下げ幅を160ドル近くに拡大した。

S&Pは昨年12月5日にユーロ圏15カ国について格下げ方向で見直すと発表し、1月中に結論を出すとしていたことで、格下げは予想通りとの見方からなのか・・・
「ドイツの最上級格付けは据え置かれる」と報じられたことが安心されたのか・・・
3連休を前にした買い戻しなのか、3連休中になにか政策が出ると期待されたのか・・・
午前10時半頃には売りが一巡。

「バロワン仏財務相が格下げについてS&Pから連絡を受けた」と報じられたにもかかわらず、3指数(ダウ、ナス、S&P500)とも下げ幅を大きく縮小して取引を終了。フランスやイタリアの国債の下落も限定的だった。

ダウ平均は反落。ナスダックは7営業日ぶりに反落。

尚、週間パフォーマンスは、ダウが+62ドル(+0.5%)、ナスダックが+36p(+1.4%)。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。
「金融」「資本財・サービス」などの値下がりが目立った。

NYSEの売買高は約8億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約16億3000万株(同)。

個別では、JPモルガン、バンカメがそろって2%あまり下落。スナック菓子メーカーのダイヤモンド・フーズも、米当局が会計処理を巡って調査を始めたとの報道を受けて売られた。一方、ダウ構成銘柄ではデュポンやシェブロン、キャタピラーなどが上昇した。

 

日本株式市場

1月12日のCME清算値は8410。
SQが8470円と上に飛んだ。
225は日中終始これを上回り8500を回復して引けた。

1月13日のCME清算値も8410。
225は大幅ギャップダウンで8400を割った。

イタリア、スペインの国債入札が好調だっただの、S&Pによる格下げだの材料はあったが、短期需給的なもので寄り付き、日中は小動きという相変わらずの展開。

結果的には、相変わらずチャートテクニカル的な動きでもある。
変化日(1月4日、1月10日、1月16日)も機能している。

特になにが変わったということもない。
閑散、下向きの中で煮詰まってきている状態。
奇異な見方は必要ない。従来通りの見方・取り組み方でよさそうだ。

株価材料への反応の鈍く、目先一喜一憂しても報われ難い相場が続いている。
こういう時って、ついつい注意力が低下しがち、油断しがちだが...
こういう時こそ地味に、大局に立って相場に臨んでいきたい。

本日発表された11月機械受注統計も全く材料視されていないが...
「船舶、電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比14.8%増の7889億円。
3カ月ぶりのプラス。NQN纏めの市場予想平均5.1%増を大きく上回った。
このうち製造業は4.7%増、非製造業は6.2%増。
前年同月比での「船舶、電力を除く民需」受注額(原数値)は12.5%増。
内閣府は基調判断を「一進一退で推移している」に据え置いた。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1750万株、買い740万株、差し引き1010万株の大幅売り越し。
売り越しは8営業日連続。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:02

本日はキング牧師生誕記念日で、NY為替・株式市場休場。
3連休じゃなければ、先週末のNYも、本日も、もう少し違った相場だった気がする。

11:02
12月29日安値が8330、1月6日安値が8340、1月12日安値が8350。
(誤差の範囲とは言え)ここまでは切り下げてはいなかった。

本日の安値8340で割れたと見てもよさそうだが...それでも走らない。
相変わらずの閑散、緩慢ですな。

日経225先物120116前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
仕掛け
JGB買い、ユーロ円売りにヘッジで株先売りですね。先週末で一巡していましたが、再度仕掛けてきたようです。ニューエッジはトレンドセッターでなく裁定業者だそうですから、逆張りで対応すれば良いのですが8330割れれば他の順張りプログラムが作動しますね。前回と同じく8340で寸止めしてますが、後場寄りでの日銀ETFを警戒しているのでしょう。
彼らは株先は損で構わないようですが、個人的には少し長い目で見れば↓にトレンドが出て欲しいところです。
2012/01/16(月) 10:32:08 | URL | 曹操 #FDDq9IZE[ 編集]
裁定
曹操 様

先週末はロクに相場見れなかったのですが、後から見ると債先が妙な感じ。
今日は御指摘の通り、債先買い・株先売りが綺麗にでてますね。
再度仕切り直してのスタートでしょうか^^

>ニューエッジはトレンドセッターでなく裁定業者だそうですから、

欧州系というか、欧州経由といったほうがいいのか...
欧州のは裁定が多い(目立ち)ますね。
そして、こうも薄いと余計目立ちます^^;
ヤツラもやり難いのか、以前より小さいロットを短いタームで回しているような...
2012/01/16(月) 14:35:04 | URL | to 曹操 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5146-fa460bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2