ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


1月16日の米国株式市場

キング牧師誕生日のため休場

ドル円: 76.77 -76.80
ユーロ円: 97.24 -97.28

格下げ後初のフランス国債入札は、落札利回りが前回を下回った。
これがやや安心されたとはいえ、懸念も根強い。

フランス国債入札の結果が発表されたのは日本時間23時頃だったが、順調に消化したとの発表後も外為市場では特に反応はみられず。欧州株式市場は引けにかけて上昇し、独DAX指数、伊MIB指数は1%超の上昇となったが、発表後の反応は鈍かった。

尚、意外にも...欧州の600銘柄で構成されるユーロストックス600株価指数は5カ月ぶりの高値圏に上昇している。ユーロ安を受けて自動車株やハイテク株が相場を牽引。

ユーロストックス600株価指数120117

 

日本株式市場

多少値が動くようになったが、新たな動きは出ていない。

1月12日のCME清算値は8410。
1月13日のCME清算値も8410。
NY為替・株式市場休場
1月17日、8410アラウンドで寄り付き揉み合い。

下抜けたかと思いきや、反発しこれを騙しとし...
騙しとなったと思いきや、また反落し下値を探る...
そんな展開が延々と続いている。

閑散相場も相変わらず。

イベントが通過すると次のイベント待ち、見極めと言われ商いは膨らまない。

本日は日本時間11時に、中国12月鉱工業生産、中国12月小売売上高、中国4Q実質GDP、中国固定資産投資が控えている。中国のGDPは4四半期連続で成長が鈍化すると見られており、これも前場の手控え要因となりそう。

取り敢えず待ち。今日もそんな一日だろう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1900万株、買い1600万株、差し引き300万株の売り越し。
売り越しは9営業日連続。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:37

日経平均を見ると、13日上げ過ぎ、16日下げ過ぎ、本日その中央値。
水平飛行の5日線を挿んでの動きだったが、本日その5日線上に落ちいついた格好。
イベントにもチャートにも驚きのない相場が続いている。
この驚きの無さがボラの無さなんでしょうな(-_-;)

11:05
中国の10-12月期GDPは前年同期比+8.9%。2011年のGDPは前年比+9.2%。
12月鉱工業生産は前年比+12.8%、予想の+12.3%を上回った。

悪くない数字が好感されるか?緩和期待後退が嫌気されるか?
事前報道通りで織り込み済みかw

日経225先物120117前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5149-ab25175a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2