ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


今週気になったことを幾つか上げてみる。

先ずは、ギリシャの債務交換交渉。

減価し回収の目途も立たない紙屑をどうするかの交渉。
今更どうでもいい問題であり、もう株価材料とならないのかもしれないが...

イソップ物語「狼少年」ギリシャ編として見ると面白い♪
誰が「狼」なのか分からないという点も、相場的には興味深い。
どんなオチになるのか、イマジネーションを膨らませるのも楽しいw

ということで... これまでの経緯を振り返ってみたい。

1月17日
債務交換交渉再開への期待からユーロ高。

1月18日
交渉再開。

このあたりから世界の主要株価指数はネックライン上抜け・上値追い。

それから連日、「合意の可能性」「合意される見通し」と報じられたが決着を見ず。

1月30日
EU首脳会議であらたに「今週中の決着」を求められた。

1月31日
関係筋の話として「早ければ2月1日に合意の可能性」と伝えられた。

2月1日
「交渉の完了は間近」「あと数時間の内に完了する」と再三報じられた。

2月2日
レーン欧州委員が記者団に「ギリシャ債務削減交渉は数日中に合意がまとまるだろう」と述べ、ユーロが上昇。
ユーロ圏財務相会合のユンケル議長が「1月30日のEU首脳会議の措置は大部分が不十分」「ギリシャとPSIの協議は極めて困難」などと発言したことを受けて、ユーロが下落。

米国市場では欧州債務懸念が後退し、金融株は総じて堅調。

2月3日現在
それでもまだ株価の上昇は続いている、交渉も続いている。

何が何だか分からないw

 

あと 気になった(やや意外だった)のは...

実は(イマノトコロ)、2012年最強は日本株\(◎o◎)/!?

1月の相場を振り返ると、日経平均の1月の月足は、5年ぶりの陽線(4.1%上昇)。
1月が陽線だと年足も陽線になる確率は約75%だそうだ。

ダウ平均も1月は陽線(3.4%上昇)。
ダウ平均は1月が陽線だと年足も陽線になる確率は100%らしい。

1月の日経平均は+4.1%、ダウ平均は+3.4%。
意外にも、日経平均はダウ平均をアウトパフォームした。

2月1日のダウ平均は前日に5日ぶりの反発も、2月2日は小反落。
2月2日の日経平均は連日の極悪決算出捲りも3日続伸、本日反落も小幅に留まっている。

ファンダメンタルズ、政治・政策、株価位置、センチメントから見ると、どう見ても米株の方が強く見えるのだが、日本株のアウトパフォームが続いている。

尚、日経平均の2月相場の過去15年間のパフォーマンスを見ると10勝5敗と分が良く、外人買いが続いていることもあり、2月相場への期待も高そうだが・・・

昨日発表された1月第4週の投資部門別株式売買動向によると...
海外投資家は5週連続で買い越し、買越額は437億円と前週の2132億円から大幅減少。
一方、個人は6週連続で売り越し、売越額は863億円と前週の2056億円から大幅減少。

続く外人の買い越し、日本人の売り越しだが、どちらもピークアウト感があり縮小傾向。
このトレンドだと、今週か来週に外国人が売り越し、個人が買い越しに転じそう。
そしてそれが転機になりそうな気も。

継続性... 来週の焦点かもしれない。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約220億円が成立。市場では、投資家の売買は売りが優勢だったとの声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算7078億円、売買高は同13億5758万株。

東証1部の値下がり銘柄数は888、値上がりは592、横ばいは192。
 

尚、10時に発表された中国1月非製造業PMIは52.9(12月:56.0)
11時半に発表された中国1月HSBCサービス業PMIは52.5(12月:52.5)

改善を好感できるような数字でもなく、緩和を期待できるほど悪くない、なんとも中途半端な数字。上海、ハンセンも手掛かり不足か小安く推移している。
 

*** 追記 ***
13:24

本日は雇用統計発表だが... どうでもいい様な気がしてきた(-_-;)

自国主力株の決算発表、システム障害も指数への影響は軽微だった。
ヤンキーの雇用がどうなろうが関係なさそう。

関係あるとしても、良ければ更にリスクオン→ユーロ買い戻し・ドル安・円高。
悪けりゃ緩和期待→ドル安、ユーロ売り、リスク回避的な円高。
どっちに転んでも、殆ど変わらなそう。

世界的な俄かリスクオンから、ほぼ3週間が経過した。
機関投資家が時間的、量的にあとどれだけ積み上げてくるか?
ただそれだけの問題の気がする。

13:50
業績下方修正が相次ぐ電機機器セクターが、業種別騰落でTOP。

コンセンサス以上の赤字拡大、下方修正のソニー、日立が足並み揃えて7.5%高。

ショープショックは1日で吸収?シャープは反発し1.3%高。
昨日シャープに連れ安し、本日引け後に決算を控えるパナソニックも1.3%高。

異様に揃っとる(@_@;)

13:59
知人の出来るトレーダーが、「果物と相場は腐りかけが一番うまい」と冗談半分に言っていたが、その通りかもしれない。でも、私は胃が弱いので、腐りかけには手を出さないことにしている。

14:29
5日線(8820処)、+1σ(8800処)を先物で試して今日はこれで終わりか。
週明けこの上で寄りつくのか、下で寄り付くのか...
レンジは節目密集の8600-9100レベルで見ておけばよさそう。

14:57
昨日買われた銘柄が今日売られ、昨日売られた銘柄が今日買われ。
なんか方向感なくなってきた。

15:19
先物、含みベース前日比微勝ち。(8695、8560ショート持ち越し)
現物、含みベース前日比蚊に食われた程度の負け。
トータル、微勝ち。

短期基調は上向きも、この2週間はほぼ横ばい。
2週間は短期なのか...ビミョウ

5日線は短期だろと見てみると、もろ横這い。
短期基調は上向きなのか...ビミョウ

まぁ、中期を窺う展開とはこういうものか...

日経225先物120203後場

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
  

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5191-2d78cc58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
不動産投資信託について解説されたサイトです。
2012/02/05(日) 20:16:20 | 不動産投資信託 不動産投資信託(REIT)大百科
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2