ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


2月9日の米国株式市場

ダウ平均: 12890.46 △6.51
ナスダック: 2927.23 △11.37
ドル円 NY時間17時: 77.66 -77.68
ユーロ円 NY時間17時: 103.18 -103.22
CME日経平均先物 円建て: 9030

一部メディアが「ギリシャ首相と主要政党党首の間で財政緊縮策が合意に達した」と正式発表に先駆けて報じていたことで欧州懸念後退。朝方発表された週間新規失業保険申請件数が前回から大きく減少(改善)したことも好感され、米株市場は堅調なスタート。

一時約40ドル安まで売られたが直ぐに持ち直し、小高い水準での取引が続いた。
ただ、相場の過熱感が強まってきたため、一段と買い進む動きは広がらなかった。

ギリシャ政府と民間投資家の間で債務交換に関する協議が依然として決着していないうえ、欧州委員会のレーン委員が「財政緊縮策が立法化されるまで第2次救済策は承認されない」と発言、ユーロ圏財務相会合のユンケル議長が「9日の会合でギリシャ救済に関する最終決定はないだろう」などと発言したことも上値を抑えた。

ダウ平均は、2008年5月19日以来3年9カ月ぶりの高値で終え、リーマン・ショック後の高値を連日で更新した。ナスダックは、2000年12月12日以来の高水準で終えた。

NYSEの売買高は約7億6000万株(速報)、ナスダック市場は約20億6000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は「IT」など5業種が上昇、「ヘルスケア」など5業種が下落。

個別では、昨日堅調だった金融株が軟調。バンカメは前日に引き続き上昇したが、JPモルガン・チェースは前日比1%超の下落。「3月第1週のイベントで『iPad 3』が発表される」と報じられたアップルが上昇し、この日も上場来高値を更新した。前日夕発表の四半期決算が大幅な増収増益となったネット配信インフラ大手のアカマイ・テクノロジーズも大幅高だった。増益決算に加え自社株買いを発表したビザも高い。オラクルが買収すると発表した人事管理ソフトウエアのタレオが大幅に上昇し、オラクルも上げた。
一方、IT大手のシスコシステムズが下落。前日夕の決算説明会で示した業績見通しがやや慎重と受け止められた。四半期決算が赤字だったクレディ・スイスも安い。決算とあわせて大規模な人員削減と12年の減益見通しを発表した飲料大手ペプシコも売られた。前日夕に発表した四半期決算が赤字だったグルーポンも売りが膨らんだ。

 

日本株式市場

CME清算値は9030円。

為替市場では円安が進行し、ドル円が77円台後半、ユーロ円が103円台でかえってきていることから、日経平均は200日線(9060円処)を意識した処から始まるかと思われたが...

日経225先物は前日比変わらずの9010円で始まった。2月限OPSQ概算値が9011.16円となったこともあり、その後はこれを意識した推移となっている。

尚、日経平均では、200日線(9060処)がレンジスタンスとして意識されているようだが、TOPIXでは既に8日終値で200日線(781処)をクリアしている。

日経平均が200日線を上抜けなくとも早々に嫌気する必要はない。
ただ、TOPIXが781pを割る場合、仕掛けられる可能性もある。これには注意したい。

ギリシャネタに関しては、もういいか。
「あるある詐欺」に振り回されるのも、もう疲れたw

とはいえ、市場は狼少年を楽しんでいる節もあり、まだネタになる可能性はある。
仕方がないので、一応スケジュールを以下に。

2月12日、ギリシャ議会は債務交換協議に関する投票を行う模様。
2月13日、ギリシャのデフォルト回避の最終期限。
3月20日、ギリシャ国債144億ユーロの償還期限。

2月29日に予定されている3年物資金供給オペにも注目したい。

昨日のECB理事会で、一部で期待されていた0.25%の利下げはなかった。
利下げがあれば、2月29日に実施される3年物資金供給オペ(LTRO)の金利が「0.75%で3年」になる!リスク資産にプラス効果だ!と期待する声もあったが、その期待は剥落。
ドラギECB総裁会見で、LTROの規模について、何らかの言及がなされると見られていたが、それもなかった。
失望する必要はないが、過度な期待はしない方がよさそう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2630万株、買い2510万株、差し引き120万株の小幅売り越し。
売り越しは3営業日ぶり。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:11

あのポジティブ・ヤンキーでさえ、高値警戒感からやや足踏みしている。
慎重な日本人がここで足踏みも当然か。

尚、昨日はハンセン指数が約半年ぶりに21000pを回復し、高値警戒感から反落。
どこも似たような状況になってますな。

10:49
OPSQ無難に通過、指数先物も債券先物もベタ凪ぎw

11:02
ドル円も200日線(78円処)を試して小反落。
どこも結構足並み揃ってきた感が。

日経225先物120210前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5206-a577718b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2