ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間限定 口座開設クワトロキャンペ ーン実施中!

 

リスクオンの状態に変わりはない。
ただ、更になにかのスイッチが入った感もない。

シカゴIMM・Non Commercialポジション動向から見てみる。
以下時系列順に、先ず1月3日時点のもの。()内は前週比。

カナダドル  -23371       (-1559)
スイスフラン  -12355       (-1557)
英ポンド    -31899       (-2727)
日本円     +56481      (+33896)
ユーロ    -138909      (-11030)
NZドル      +2436       (+1031)
豪ドル     +46537      (+13900)

ユーロ危機を背景に、巨大ユーロショートは年末・年始にも拘わらず持ち越された。
6万枚も積み上がればヤリスギ警戒感が出るのが普通なのだが、驚愕の約14万枚!
オーバーイヤー&積み上げ\(◎o◎)/!
ユーロショートの尋常じゃない積み上がりが市場の話題に。ジム・ロジャースも「ユーロは中長期的に下がるだろう。だが短期での踏み上げがあるだろう」と言っていたそうだ。

次に1月24日時点のシカゴIMM・Non Commercialポジション動向

カナダドル    -18909         (+9821)
スイスフラン  -12514          (+308)
英ポンド      -31361        (+10273)
日本円        +44367        (-14495)
ユーロ       -171347        (-11317)
NZドル        +12932         (+3477)
豪ドル        +69486        (+15180)

ヤリスギ警戒感の中、ユーロショートは驚愕の17万枚まで積み上がった(゜o゜)

円の動きも興味深い。1月3日時点で56481枚とかなり積み上がっていたのだが...
ここにきて、貿易赤字転落等々をネタに、円ロングが解消されている。

1月31日時点のシカゴIMM・Non Commercialポジション動向

カナダドル    -19409          (-500)
スイスフラン  -11222         (+1292)
英ポンド      -26214         (+5147)
日本円        +56669        (+12302)
ユーロ       -157546        (+13801)
NZドル        +14797         (+1865)
豪ドル        +78044         (+8558)

ようやく前週からユーロショートが減少したが、それでも依然として高水準。

リスクオン、リスクオンと言われた割に、円ロングが再び増加している。

2月7日時点のシカゴIMM・Non Commercialポジション動向

カナダドル     +2184        (+21593)
スイスフラン   -9795         (+1427)
英ポンド      -33122         (-6908)
日本円        +55171         (-1498)
ユーロ       -140593        (+16953)
NZドル        +23335         (+8538)
豪ドル        +75095         (-2949)

ユーロの取り組み状況は、前週から更に売り越しが減少。
それでも依然として高水準であることに変わりはない。
まだ解消される(買い戻される)と考えるのが普通。

しかし、ユーロショートは年初の水準まで低下している。 それでも14万枚とベラボウだが、オーバーイヤーしたヤツラの執念を考えると、相当なことがない限りユーロショートを維持しそう。そう思って見ていたら、2月10日からユーロの下落が続き、本日、ユーロドルは再び1.3割れを窺う処まできた。

ユーロに関しては比較的分かり易いが、ようワカランのが円。
リスクオンと言われている割に、円ロングは高水準で高止まり。
1月24日時点で一旦減少したが、また年初の水準まで戻っている。
今週の白川ショックで、相当ロングは解消されたとは思うけど...
歴史的な円高が終焉との楽観的な見方も出てきつつあるが...
その割に、外為市場で円安は進行していない。

豪ドル・ロングが順調に積み上がり、更なるリスクオンに見えるけど...
でも、これって、インフレへの思惑から資源通貨である豪ドルへ。
欧州債務問題への思惑から、健全な財政の豪州へ。
この豪ドルの積み上がりって、寧ろリスク回避的にも見える。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約458億円が成立。
市場では、やや売り決め(投資家の売り・証券自己売買部門の買い)優勢との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で8082億円、売買高は15億3207万株。

東証1部の値上がり銘柄数は562、値下がり銘柄数は920、横ばいは192。

 
*** 追記 ***
13:35
今日の朝の30円安が押し目だったとか言われそう。
毛抜き天井に見えるとか言ったら、チキン呼ばわりされそう。
それほど地合いが良い(^_^;)

14:08
昨日のユーロ圏財務相会合は中止になった。
FOMC議事録でQE3の期待は後退した。
僅か97ドルとはいえダウ平均は今年最大の下げ。
上場来高値更新しまくり8連騰だったアップルが反落。
バルチック海運指数も7連騰で止まった。

それでも日経平均は20円安!
健全な調整すら許さないほど強い相場だ。

15:01
先週の米株指数は6週間ぶりの下落。
昨日のダウは本年最大の下げ。
ユーロは既に5日続落。
CDSもやや上昇してきている。
それでも日本株価指数は昨日まで爆上げ、本日もコンマ数%の下げ。
最も出遅れていた日本株が最後まで買われている、今はそんな状況か。

米株やユーロの「調整?」が終われば、日本株は調整も挿まず更に上げるのだろうか?
常識的にはそれはないと思うのだが、今は非常識なジャブジャブなんだよな。
ないと決めつけるわけにはいかない。

15:17
先物、含みベース前日比勝ち。(8695、8560、8945ショート持越)
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、勝ち。

今日も大商いで24億株超!これで15日連続で20億株越え!
相変わらずパワフルだ。ここで弱気になってどうするという局面。
しかし、こんだけ出来てこの日足。毛抜き天井に見えるのはキノセイカ...

日経225先物20120216後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5220-9e11b342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2