ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


3月6日の米国株式市場

ダウ平均: 12759.15 ▼203.66
ナスダック: 2910.32 ▼40.16
ドル円 NY時間17時: 80.88 -80.90
ユーロ円 NY時間17時: 106.06 -106.10
CME日経平均先物 円建て: 9535

民間投資家によるギリシャの債務削減への参加表明期限を8日に控え、債務削減が進まず金融市場が一段と混乱するとの警戒感から目先の利益を確定する動きが優勢となった。
ドイツ、フランス、スペイン、イタリアなどの主要株価指数は軒並み3%超の急落。

この日発表された10-12月期のユーロ圏実質GDP改定値は前期比0.3%減。
先月の速報値と一致し、欧州の景気後退も嫌気された。

ブラジルの2011年実質GDP成長率が前年比2.7%と10年実績から大幅に縮小。
前日に中国の景気減速への懸念が強まったことと併せて、世界経済の先行き不透明感が改めて意識されたことも相場の重荷になった。

米株式相場は大幅に3日続落。ダウ平均は、2月2日以来約1カ月ぶりの安値で終えた。下げ幅は昨年11月23日以来の大きさ。ナスダックは、2月10日以来の安値で終えた。

業種別S&P500種株価指数では全10種が下落。
「金融」や「資本財・サービス」、「素材」の下げが目立った。

NYSEの売買高は約8億8000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約18億1000万株。

個別では、1-3月期の特別項目を除く1株利益見通しが市場予想を下回った製薬メルクは下落。前日夕に増配と自社株買いを発表した半導体製造装置のアプライドマテリアルズは買いが先行したが、相場全体の下落につれて下げに転じた。
前日の投資家向け説明会で、CEOが2012年の生産が従来予想より減る見込みと述べたと伝わった米石油のコノコフィリップスも下落。米買収ファンドと共同で米国の石油と天然ガスの探査などに投資すると発表した天然ガスのチェサピーク・エナジーも売られた。
一方、身売りを含め株主価値を高める手段を検討すると正式に発表したオンライン求人情報のモンスター・ワールドワイドは急伸した。

 

日本株式市場

ダウ平均は今年最大の下げ幅。3ケタの下げも本年初。

ダウ平均は3年9か月ぶりの高値圏にあり、13000ドルレベルで足踏みが続いていたが、そのたまっていたエネルギーがギリシャネタで一気に逆方向に放たれたようにも見える。しかし、NYSEの売買高は約8.8億株、ナスダック市場は約18.1億株。前日よりやや膨らんだとはいえ相変わらずパッとしない出来高。これだけでは何とも言えないが・・・

2月29日に比較的大きな商い(NYSE約11.1億株、ナス約20.8億株)を伴って上ヒゲ陰線を引いたことが、天井圏特有の動きにも見えてしまう。

その2月29日に何があったかと振り返れば、ECBによる第二回3年物資金供給オペ。巨額のオペを受けて、あの商い、あの上ヒゲ陰線はやや気掛かり。この日を起点に金融相場が終わったように見えないでもない。

日本株式市場を見てみる。

2月はTOPIXに続落が一度もなかった。月が変わって3月、TOPIXは2月29日-3月1日で続落。この2月29日は、上記の気掛かりな日柄とも一致する。

日経平均は昨日まで5営業日連続で陰線を引き、約1カ月ぶりの続落となった。
その5営業日連続陰線の起点も2月29日。

そして3月に入り、欧米中では景気へ目が向きつつある。

金融相場から業績相場に移行する際、大抵の場合「調整」を挿む。

現在の下げはその調整に見えないでもない。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1880万株、買い1770万株、差し引き110万株の売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

09:00
日経225先物mini、¥9535にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
09:12

幅広い銘柄が満遍なく買い戻されている。
押し目買いのコンセンサスに変化なしなのか。。。

09:22
一カ月前の水準まで戻った米株価指数。
軒並み3%超の下げとなった欧州の主要株価指数。
1%にも満たない日本株価指数の下げ。
相変わらず相対的な強さは健在。円高も関係なしか。

09:34
9時半に発表されたオーストラリアの10-12月期GDPも下ブレたが、これも関係なしの模様。
(予想前期比+0.8%、前年比+2.4%、結果前期比+0.4%、前年比+2.3%)

10:08
朝方の現先の妙な順ザヤは解消された。

10:14
短期的には戻りを叩きたいが、中期的には押し目買いで臨みたいという微妙な状況(-_-;)

10:26
上海の気配値が0.8%安だが、これも関係ない模様。強い...

10:35
2012年、日経平均は水曜日無敗。先週のようにまた強引にプラスもありか(^_^;)

11:02
ザラ場(9時から)の円相場に完全連動ですな。

日経225先物20120307前場
  

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
昨日の信用売り買い残の検証
やはり昨日も個人投資家御用達の信用残は、買いの方に傾いてます。
はたしてここを買った個人投資家は報われるのか?投げさせられるのか?
ヘッジファンドは甘くないと思います。
ふるい落としは巧妙です。

「JFEHD」は先行指標ですね。
2012/03/07(水) 10:33:59 | URL | Seventh Arrow #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/07(水) 11:17:54 | | #[ 編集]
まだまだ好需給
Seventh Arrow 様

延々と個人の売り越し、外人の買い越しが続いていましたが...
ボチボチ個人が買いに転じた感はありますね。
今日の引けにかけての買いとか、個人ぽかった様な(^^ゞ
2012/03/08(木) 01:23:02 | URL | to Seventh Arrow 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5264-7b3f55c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2