ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


4月1日に発表された中国の3月製造業部門購買担当者指数(PMI)は53.1。

11ヶ月ぶりの高水準となったことで、リスク回避姿勢が後退、円は下落。先週、中国の景気先行き不安と投資判断引き下げで弱含んだファナックが大幅高、コマツも上昇。
日銀短観は下ブレたが、想定為替レートが低かったことで特に嫌気されていない。

ただ、上海市場は「清明節」で本日から3連休。
本日、香港ハンセンは開いているが、やや弱含んでいる。

先週29日、香港最大の不動産会社サンフンカイの共同会長二人と、元香港行政ナンバー2が贈収賄容疑で逮捕され、「香港版ライブドア・ショック」と一部で言われていたが、まだそのショックが尾を引いているのかもしれない。

中国を材料に買い上がるのは、今週は難しそう。

エイプリルフールの中国PMIは良かったが...
本日の米ISMも確認してみたいと考える参加者は多い。

4月3日(日本時間4日3時)には、FOMC議事録も控えている。

4月4日はECB理事会。オカルトでは「水星逆行開始」。

4月6日は米雇用統計。その翌日は「満月」。

その6日は、殆どの株式市場が休場。
(米国、カナダ、ドイツ、英国、香港、豪州、NZ、ブラジル、南ア、インド)

雇用統計を受けての各市場の反応を見られるのは、週明け以降。
それを受けての日本株式市場を確認できるのは、4月10日(火)となる。

その4月9-10日は、日銀金融政策決定会合。
3月は期待し過ぎて期待外れだったが、今回も期待されており、注目度は高い。

名実ともに新年度入りで新規マネー流入期待は高いが...
マーケットスケジュールを考えると...
今週、出来高を伴っての全体相場の上昇は難しそうに思える。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約776億円が成立。投資家の注文は売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で7331億円、売買高は同12億3804万株。

東証1部では709銘柄が上昇、下落銘柄数は827、横ばいは138。

 
*** 追記 ***
13:38

core30、大型が堅調。中型、小型がマイナス圏での推移。
先週後半と逆の展開。
再び外人が買いに転じたのか、早くも個人が売りに転じたのか、単なる反対売買か。

13:59
それなりに出来てはいるが、静かに感じる新年度相場。
期末が五月蠅過ぎた所為か...

14:24
日柄消化の一週間か。。。

14:59
日経225先物mini、¥10135にて10185ショート決済・利確。(¥50抜き)

15:17
先物、決済ベース勝ち、持ち越しなし。
現物、含みベース前日比蚊に食われた程度の負け。
トータル、勝ち。

日経平均は安値引け。東一値下がり銘柄数は1038。
新規マネー流入を期待した買い方はガッカリ。

それでも日経平均は上昇。
期末要因剥落に期待した売り方もガッカリ。

痛み分け...そんな一日。

日経225先物20120402後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5320-cf8bedb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2