ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


4月9日の米国株式市場

ダウ平均: 12929.59 ▼130.55
ナスダック: 3047.08 ▼33.42
ドル円 NY時間17時: 81.51 -81.53
ユーロ円 NY時間17時: 106.82 -106.86
CME日経平均先物 円建て: 9565

3月の雇用統計を受けて米景気の不透明感が強まり、業績が景気動向に左右されやすいとされる金融株などを中心に幅広い銘柄に売りが優勢となった。

ダウ平均の下げ幅は朝方に150ドルを超えたが、その後はやや下げ幅を縮めた。
9日夜に予定されるバーナンキの講演内容を見極めたいとのムードがあった。

ダウ平均は大幅に4日続落、3月9日以来1カ月ぶりの安値で終えた。
終値での1万3000ドル割れは同12日以来。下げ幅は今年2番目の大きさ。
ナスダックは反落、3月14日以来の安値で終えた。

金融緩和期待が台頭しているのか、金市場は続伸。
バリック・ゴールドやニューモント・マイニングなどの金鉱株も買われた。

業種別S&P500種株価指数は全10種が下落。
「金融」のほか「資本財・サービス」、「素材」などの下げが大きかった。

NYSEの売買高は約7億2000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約13億1000万株。

ダウ構成銘柄ではマクドナルドとHPを除く28銘柄が下落。
個別では、全米通信労組(CWA)との労使交渉を延長すると発表した通信のAT&Tが下落。製薬のイーライ・リリーは、米食品医薬品局(FDA)がアルツハイマー病の診断薬を承認したと発表したものの下げた。医薬品・日用品のJ&Jの副会長をCEOに任命したと発表した化粧品のエイボン・プロダクツも安い。バンカメは約3%下落し、ダウ平均構成銘柄で下落率が最大だった。トール・ブラザーズなど住宅建設大手の下げも目立った。
一方、保有特許の一部をマイクロソフトに売却すると発表したAOLが40%を超える急伸。
アップルは続伸して最高値を更新した。

 

日本株式市場

先週末、雇用統計の結果を受け、短縮取引となった米先物市場が急落。
連休明けの米主要株価指数はその下げ幅とほぼ一致した。
先物価格に現物が追随した格好。米株はほぼ変わらずと考えていい。

ダウ平均は、3月16日・4月2日でミニダブルトップ。13000ドルを割った。
しかし昨日は、日足雲上限12880で下げ止まった。遅行スパンも逆転していない。
まだ短期基調は崩れていない。

日経平均は昨日、38.2%押しを達成。 ダウ平均同様、昨日は雲上限9487で下げ止まった。
ミニ三尊にも見え、遅行スパンは逆転しており、ダウよりチャート形状は悪いが...
短中期で崩れたわけではない。警戒は必要なところだが、悲観的になるのはまだ早い。

現時点では、ダウ、225共に下値目途にほぼ到達と見るのが無難だろう。
ここから更に下押すなら、もう一段下を見ればいいだけw


尚、注目されたバーナンキの講演だが、主なヘッドラインは以下の通り:
「米経済、金融危機の影響から全面的に回復したと言える状況から依然程遠い」
「金融安定化政策、現在は中銀にとって金融政策と同等の責務」
「システム上の重要性を特定する基本プロセスは出来ているが、さらに調整必要」
「新たな信用危機回避のために多くの新たな手段を有している」
「FRBは新たな住宅大幅下落の回避措置を取ってきた」

経済情勢や金融政策への言及は特に見られず。
外為市場では、発言内容はおおよそ想定の範囲内であり、驚きはないとの声。
外為市場で目立った反応は出ていない。

無事通過したと見ていいか...


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り810万株、買い570万株、差し引き240万株の売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:37

取り敢えず、バーナンキの講演は無事通過。
期待感はあったようだが、意外にも失望は見られなかった。

あとは日銀の金融政策決定会合。これが無事通過できるかどうか...
3月13日のように日銀の発表が13時を過ぎると、追加金融緩和策が打ち出されるのではないかとの期待が高まりそう。またフライングの買い(仕掛け)が入る可能性もあり、適度に警戒したい。

09:52
日銀の発表が昼ごろにあるなら、失望的な売りが入る可能性が。
13時過ぎにずれ込むようなら、仕掛け的な買いが入る可能性が。
3月13日を参考にすれば、こんな見方が一般的。

とはいえ、今回の会合で追加緩和はないがコンセンサス。
24-25日のFOMCを受け、27日の会合で緩和との見方が大勢。
今日値幅が出たとしても、瞬間的になりそうだが...ドウナルコトヤラ

10:45
多少上げたが、昨日空けた窓を埋められず。
日銀の発表を受けて埋めるのか、やっぱりダメだったとなるのか...

外為市場ではジリジリとドル安。
しかし、ドル円は円安に振れている。
日銀への期待か... 期待しない方がいいと思うが(-_-;)

11:02
3月13日の様な滅茶苦茶な後場とならないことを切に願う。

日経225先物20120410前場
  

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/10(火) 10:37:54 | | #[ 編集]
終わりの可能性も
C 様

所謂「健全な調整」であればここまでに見えますが、止まるのかどうか。

突っ込むとすれば、この相場では、昨年11月以来2回目、今年初。
昨年11月の時は、2波動目。今回突っ込めば、一相場終了にも見えます。
突っ込むというより、終わって仕切り直し・出直しなのかなとも。。。
金融相場の終了と被りそうで、ちと怖いです。

次の下値目途を考えるより・・・
ここで止まらないのであれば、当分買いは見送った方がいいのかなとも考えてます。


P.S. アップル1社でナスダックの時価総額の11%占有とは、凄いというか酷いというか^^;
全てのファンドのPFに組み込まれて、もう買い手がいないのではともいわれてますが・・・
また高値更新してますねw
2012/04/10(火) 13:30:56 | URL | to C 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5338-a620d0e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2