ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

期間限定 口座開設キャンペーン もれなく10,000円プレゼント!

 

4月19日の米国株式市場

ダウ平均: 12964.10 ▼68.65
ナスダック: 3007.56 ▼23.89
ドル円 NY時間17時: 81.60 -81.62
ユーロ円 NY時間17時: 107.18 -107.22
CME日経平均先物 円建て: 9560

スペイン政府が実施した国債入札は無難な結果だったが、同国財政を巡る警戒感は引き続き強く、「ムーディーズがフランス国債の信用格付けを引き下げる可能性がある」と一部で報じられたことなども嫌気され、欧州株式相場が下落したことが相場の重しに。

この日発表された米国経済指標も総じて芳しくなかったことも嫌気された。
週間新規失業保険申請件数が市場予想より多かった。
3月の中古住宅販売件数は減少。
4月のフィラデルフィア連銀景気指数も予想以上に低下。

米景気回復鈍化とみなされ、業績が景気動向に左右されさやすいIT株や素材株を中心に幅広い銘柄に売りが出た。だが、午前中のナスダックは0.9%高となる場面も見られた。

特別項目を除く1株利益が市場予想を上回ったバンカメは買いが先行したが、下げに転じた。FRBが「ボルカー・ルール」の導入時期を2014年7月21日にすると発表したことなどをきっかけに利益確定売りが出て、ダウ平均の下げ幅は一時130ドルを超えた。

結局、ダウ平均は13000ドルを3営業日ぶりに下回って引けた。

NYSEの売買高は約8億2000万株(速報)、ナスダック市場は約19億1000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は「IT」や「資本財・サービス」など8業種が下落した。

個別では、化学大手デュポンが安い。四半期決算内容が市場予想を上回ったが、利益確定売りに押された。決算が赤字だったノキアも下落。前日夕に増益決算を発表したアメックスも下げて終えた。業績見通しが慎重と受け止められた携帯電話向け半導体のクアルコムも大幅安となった。アップル株は3.4%下落し、ナスダックの重荷になった。
一方、四半期決算で1株あたりの営業利益が市場予想を大幅に上回った保険大手トラベラーズが3%あまり上げ、ダウ平均で上昇率首位だった。ベライゾンは1%強上昇。特別項目を除く1株利益が市場予想を上回ったモルガン・スタンレーも高い。前日夕の決算を受けて、アナリストが投資判断を引き上げた電子商取引大手イーベイが13%高と急伸。

 

日本株式市場

下方に拡大中のボリバン-1σは9568。
下げに転じた5日線(昨日9565→本日9550)もこのレベル。
昨日のCME清算値も9560。
本日の225先物の寄り付きも95609570。

本日もビタビタだ。

これだけ揃ったということは、短期的にはこの価格が意識されているということ。
この9550-9560が本日の攻防の分岐的となるのだろう。
尚、225先物では寄り付きからこのレベル(9540-9560)に1000枚板が並んでいる。

ただ、ここをサポートしているのは上記の通り下向きの5日線、-1σ、下落したCME清算値。サポート力はあまり強くなさそう。反発力はと考えると、レジスタンスとなっている雲上限9625、SQ値9638まであまり距離がなく、目先的な買いの妙味も感じられない。

買えるとすれば、外人買いへ期待した買いか...

東証が昨日発表した4月第2週(9~13日)の投資部門別株式売買動向によれば、外国人投資家が2週連続の買い越し。この2週間の下げ局面で、意外にも外人は下値を拾っていた。

とはいえ、この2週間下げている。
商いは閑散としており、日中値幅も小さく、過度な期待も出来ない。

改めて売る手掛かりもなければ、今買いたい環境でもない。
今日もまた、パッとしない展開となりそう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1160万株、買い1530万株、差し引き370万株の買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:57

明後日はフランス大統領選の一次投票ですな。
どうなるメルコジ体制!?ということで様子見か...
新手の買い材料も売り材料も見当たらないが、手控え材料には事欠きませんな。

10:17
やはり下向きのサポートじゃ機能しないか。
横向きの転換線サポート(9540)に期待... これも雲の中だし微妙か。

11:02
案の定パッとしない展開。
極薄商い・極小日中値幅が定着してきた感が(-_-)zzz

日経225先物20120420前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/20(金) 12:26:19 | | #[ 編集]
「数字」と「感」
C 様

騰落レシオでは売られ過ぎ感はあるものの・・・
出来高は全く増加せず、日中の下押しもなく、売られている感がないんですよね。

高値圏から800円落ちた割には、下げた感もなし。
1月中旬からの2ヶ月間で1800円も一息で上昇した高揚感がまだ残っている所為でしょうか。

でも、ご指摘の通り数字的には短期的には底打ってもオカシクない処。

一発ドカンと出来高を伴って下げくれると...
「数字」と「感」が一致して買い易いのですが(^_^;)
2012/04/21(土) 22:52:35 | URL | to C 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5363-89bebcbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2