ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

期間限定 口座開設キャンペーン もれなく10,000円プレゼント!

 

4月27日の米国株式市場

ダウ平均: 13228.31 △23.69
ナスダック: 3069.20 △18.59

1-3月期の米実質GDPは年換算率で前期比2.2%増。市場予想2.6%程度を下回った。

しかし、4月米消費者態度指数(ミシガン大学調べ、確報値)が76.4と速報値から上方修正されたことで、小売株を中心に買いが優勢になった。インターネット小売大手のアマゾン・ドット・コムが発表した四半期決算が市場予想を上回ったことも好感された。

特段の好材料はなかったが、ドル安がやや進んだことも好感され、ダウは62ドル高まで上昇した。だが、上昇の勢いは弱く、ダウ平均は結局23ドル高で取引を終了。

ダウ平均は4日続伸、年初来高値を付けた4月2日以来約1カ月ぶりの水準を回復。
ナスダックは3営業日続伸、S&P500は4営業日続伸。

S&Pによるスペイン国債格下げの影響は限られた。
ある程度想定されていた動きとして、市場では冷静な受け止めが目立った。

尚、主要株価指数の週間パフォーマンスは、ダウ平均が+1.5%。
S&P500が+1.8%と2週連続で上昇。ナスダックは+2.3%と4週間ぶりの上昇。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち6業種が上昇。
「一般消費財・サービス」「資本財・サービス」などの値上がりが目立った。

NYSEの売買高は約7億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億株(同)。

個別では、IT大手のシスコシステムズが上昇。マクドナルドや、コカ・コーラの上昇も目立った。一方、収益予想を下方修正した日用品のP&Gは下落。減益決算を発表したフォード・モーターも売りに押された。製薬のメルクや石油のシェブロンも下げた。

 

4月30日の米国株式市場

ダウ平均: 13213.63 ▼14.68
ナスダック: 3046.36 ▼22.84
ドル円 NY時間17時: 79.81 -79.83
ユーロ円 NY時間17時: 105.67 -105.71
CME日経平均先物 円建て: 9460

スペインの1-3月期GDP速報値が2四半期連続でマイナスとなった。
3月の米個人消費支出は前月比0.3%増と市場予想0.4%増程度に届かなかった。
4月のシカゴ地区PMIは前月比6.0p低下し56.2と市場予想60.9程度を大幅に下回った。

国内外の景気先行き不透明感から投資家心理が悪化したが、この日のダウの安値は52ドル安まで。取引終盤には下げ幅を縮小し、寧ろ堅調にも見えた。

企業のM&Aなどの発表が相次ぎ、株式市場への資金流入期待が相場を下支えした。
石油パイプラインを運営するエナジー・トランスファー・パートナーズが石油販売のスノコを買収すると発表。マイクロソフトは米書店大手バーンズ&ノーブルの電子書籍事業に出資すると発表。豊富な手元資金を抱える米企業が高水準のM&Aを続けるとの思惑が広がった。

ダウ平均は5営業日ぶりに小反落。
ナスダックは4日ぶりに反落。アップルが3%超下落しハイテク株全体の重石となった。

尚、ダウの月間パフォーマンスは+1.59ドル(+0.0%)。
かろうじて7カ月連続でプラスを記録した。
7カ月続伸は2006年7月~07年1月以来、ほぼ5年ぶり。

業種別S&P500種株価指数は7業種が下落。
「IT」や「資本財・サービス」、「素材」の下げが目立った。
一方、「電気通信サービス」や「エネルギー」が上昇した。

売買高はNYSEが約8億5000万株(速報値)、ナスダック市場が約15億5000万株(同)。

個別では、NYSEなどを運営するNYSEユーロネクストが反落。朝方発表した四半期決算が市場予想を下回った。減益決算を発表した医療保険のヒューマナも売られた。ダウ構成銘柄ではキャタピラーやバンカメ、P&Gが下げた。
一方、B&Nは50%あまり急伸。マイクロソフトも小幅ながら上昇した。スノコが20%高と買われ、ETPも上昇した。ダウ構成銘柄では製薬大手メルクや食品のクラフト・フーズの上昇が目立った。

 

日本株式市場

連休中にやや円高に振れたこともあり、日経平均はGDスタート。
75日線(9463)がサポートとして期待されたが、これをあっさり割った。

ただ、ゴールデンウィーク中ということもありド閑散。積極的な売りも目立たない。

225現物では75日線を割ったが、225先物では75日線(9412)でサポートされている。
日銀のETF買いへの思惑がある、前場TOPIX1%安も一つの下値目途となっている。

連休中の週末に雇用統計、フランス大統領選、ギリシャの選挙が控えている。

ポジション抱えている機関投資家が多いとも思えない。投げも買い戻しもなさそう。
ここで仕掛けても身動きが取れない。積極的な参加者は居そうにない。

今日も明日も、基本的にはスカスカ・グダグダがメインシナリオか。。。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1370万株、買い1060万株、差し引き310万株の売り越し。
売り越しは9営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:01

中国の4月製造業PMIは53.3。市場予想の53.6を僅かに下回った。

ド閑散、市場反応の鈍さに変化はないが・・・
メーデーの割には出来ている方か。。。

10:13
TOPIX1%下落。一応の目途だが...
完全に75日線割れ、800p割れ。

11:02
225は底堅く見えるが・・・ TOPIXが底抜け。キヲツケタイ

日経225先物20120501
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
アメリカが最後の砦
楽観的な見通しがまだはげてはいないが、はげつつある。最後、アメリカが頑張れるかどうかでしょうか。
ユーロ圏の問題は「欧州共同債発行」というスペシャルが決定されない限り、いつか必ず行き詰るように思います。
2012/05/01(火) 11:19:48 | URL | ケン #-[ 編集]
Heywardさんがんばれ
週明けの9500割れは流れに沿って予想通りで
持ち越したSポジをリカクして終了。
ここから5月4日まではニュートラルで対応したいところですが、
GWのスケジュールを考えるとGWを楽しんだ方が健康的でもあり、
来週までは相場から離れた方がいいでしょうね。

先週金曜日もそうだったようですが先物・債権絡みの商いが目に付く時があり、
Heywardさんに(お時間があり気が向けば)その辺に関しての興味深いレクチャー・コメント
をいただけるとありがたいです(ずうずうしくて申し訳ありません)。
2012/05/01(火) 12:22:38 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/01(火) 12:29:27 | | #[ 編集]
ハゲつつあるが・・・
ケン 様

高カロリー(株高)、脂っこいモノ(QE)大好きのヤンキー。
禿げて当然。でも、禿げても気にしないのがヤンキー。
禿げても落ち込まない想定も必要かとw

>ユーロ圏の問題は「欧州共同債発行」

↑これがあれば、一先ずは好感されるのでしょうけど、将来的に致命的な気も。

今ならユーロの一角が倒れるだけですけど・・・
「欧州共同債発行」なら共倒れになりそうな気がします><
2012/05/01(火) 13:41:58 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
匿名希望 様

おめでとうございます。
2012/05/01(火) 13:42:53 | URL | to 匿名希望 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
5月より9月(*^^)v
C 様

丁度、似たようなデータに目をやってましたが・・・
ズボラな私はざっくりとしか見てませんでしたw
ちゃんと年代別にみた方がいいですね。
いつも見事に纏めて頂き、ありがとうございます○| ̄|_

6月からの新規運用期待と実需もある様で...
5月後半のパフォーマンスって悪くないんですよね。

そして御指摘の9月のアノマリー...
あやかりたいです(^O^)/
2012/05/01(火) 13:49:27 | URL | to C 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5383-7f08e7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2