ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間限定 口座開設キャンペーン もれなく10,000円プレゼント!

 

5月4日の米国株式市場

ダウ平均: 13038.27 ▼168.32
ナスダック: 2956.34 ▼67.96
ドル円 NY時間17時: 79.85 -79.87
ユーロ円 NY時間17時: 104.47 -104.51
CME日経平均先物 円建て: 9150

雇用統計は非農業部門雇用者数の前月比の伸びが3月から鈍化。市場予想を大幅に下回った。3月分と2月分が上方修正されたが特に材料視されなかった。

未明にかけて欧州で発表されたマクロ指標の大半が市場予想を下回っていたこともあり、欧米市場全体でリスク回避的な動きが加速。6日にフランスの大統領選とギリシャの総選挙を控えていたこともあって手仕舞い売りが膨らみ、ダウ平均は一時184ドルまで下げ幅を拡大した。

ただ、そのような売りも正午過ぎには一巡。ダウ平均は3日続落。ナスダックは続落、1日の下げ幅としては昨年11月9日以来ほぼ半年ぶりの大きさとなったが、売買高はさほど膨らまなかった。

NYSEの売買高は約8億2000万株(速報)。ナスダック市場は約18億5000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では、「IT」や「エネルギー」など9業種が下げた。

個別では、食品大手クラフト・フーズが下落。前日夕に発表した四半期決算は市場予想を上回ったものの、相場全体の下げに押された。決算は大幅増益だったものの保険大手AIGにも売りが膨らんだ。一方、四半期決算が予想以上だったうえ、業績見通しを引き上げたビジネス向けSNSのリンクトインが大幅高だった。

 

日本株式市場

連休中に欧米市場で予想を下回る経済指標が相次ぎ、主要株価指数が下落したこと、フランス大統領選挙でサルコジが敗北したこと、ギリシャの総選挙で連立与党の過半数確保は微妙だと伝わったことで、連休明けの東京株式市場は大幅下落で始まった。

ただ、サルコジの敗北は事前予想通り。市場関係者でサルコジ勝利を予想していたものは皆無だ。マーケット的には織り込み済みだろう。ギリシャに関しては、もう実質破綻済み。今更どこが政権取ろうが、どうなるものでもない。

先週は欧米市場で予想を下回る経済指標が相次いだが、不自然なほど事前の予想値(期待)が高過ぎた、これまでの株価が高過ぎたと大方が感じていたところでの指数の下ブレ。特に驚きはない。

欧米株に関しては、特に米株に関しては、ようやくこれで調整に入るのかもしれないが、先行して下げていた、低迷していた日本株や中国株はこれで「悪材料出尽くし」となってもオカシクない気はする。

日経平均・TOPIX共に短中期的には十分な下げ幅を達成している。
上海総合は先週2400pのネックライン、200日を上抜けている。

ただ問題は、世界の金は繋がっているということ。
欧米系からミソも糞も一緒くたに巻き戻され暴落があってもオカシクはない。

しかし、仮にそのような暴落があっても、それが続くほど新手の悪材料は見当たらない。これまでの低迷していた売買高を考えても、需給が大きくロングに傾いているようにも見えない。

短期的な暴落があったとしても、売りは続かない気もするが...アマイカ


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2100万株、買い1540万株、差し引き560万株の売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

09:00
日経225先物mini、¥9100にてロング。
https://twitter.com/#!/heyward225 にてUP済み。)
 

*** 追記 ***
09:44

先週は2営業日しかなかったが、あの2日間の様子を見ても、ロングポジ抱えて連休入りした投資家がいるとは思えず。本日も、寄り付きこそ大幅安だが、売りが多いようには感じない。

10:03
悪材料はあるが、サプライズはない。そんな相場。
先週の欧米市場も、本日の外為市場も、アジア株式市場も売り一巡は早く、その後停滞。

10:08
売りが膨らんでいるようには見えないが、買いが入っているようにも見えず。
まぁ仕方ない。短中期的には底抜けしているのだ。腰を入れて買えるはずもない。

10:29
配当落ちですらTOPIX1%下げで最大規模のETF買いを実施した日銀・・・
普通に考えれば、欧州危機?で長期サポートラインまで下落した本日、ETF買いがあって然るべき。ここで買わなきゃ、あの配当落ち日の介入が「国策による年度末ドレッシング(粉飾)買いだった」ように見えてしまう!でも、のび太君、動かんのでしょうなぁ(/_;)

11:02
欧米市場の反応見るまでは動けん。そんな一日か。

日経225先物20120507前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
もう少し買いが入るかとおもったんですが
買いが入らないのは気になりますね。
欧州の先行き懸念なんでしょうが、ギリシャとフランスの件でここまで下押すとはやや意外でした。
2012/05/07(月) 10:29:02 | URL | ケン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/07(月) 10:38:25 | | #[ 編集]
日銀のやるき
>>「国策による年度末ドレッシング(粉飾)買いだった」
このインパクトが大きかったんですが、そんなにさげていないのに日銀の買いが
そのイメージをいまだに・・・

以前指摘されていたように
各中央銀行のジャブジャブのお金はどこにいったんでしょう(--)
あんだけ投入したのに
2012/05/07(月) 12:20:54 | URL | 椎名 #-[ 編集]
買われませんねぇ^^;
ケン 様

EUに関しては・・・
スペイン未満切り捨てでいいと思うのですが... そうもいかんか。

フランスに関しては・・・
サルコジが良かったかと言えば、疑問。
オランドも仏大統領就任で世界同時株安になるような発言、政策をするはずもないんですけど...

買われませんねぇ^^;
2012/05/07(月) 13:35:56 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
個人的には中銀の過度な介入はキライなのですが・・・
椎名 様

あの時にやったなら、今もやれよ!
そんな思いです(-_-;)
政府も日銀も、一貫性がない=やる気が感じられないんですよね。。。

>各中央銀行のジャブジャブのお金はどこにいったんでしょう

もうなくなったらしいと外紙では報じられていましたね。
マーケットの巨大さ、100兆円がはした金だったということ、金融界の貪欲さは大変勉強になりましたw
2012/05/07(月) 13:43:15 | URL | to 椎名 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
同感です
C 様

ご指摘の先行していた国の株価指数。
劣後していた株価指数。
そのギャップには「?」。
そして直近のパフォーマンスに「!」♪

指標として通用するというか、歴史的データのあるNN、TSなどを中心に見れば、私も「いいところまで来た」印象を持っています。
ご指摘の条件を満たすことが、私も底打ちの条件と見てますw

警戒すべきは、やはり【NT・裁定買い・円ショート】の高水準かと。
これが上手いこと解消されることを期待しつつ・・・
その破壊力への警戒心は一応持っておきたいと思います^^
2012/05/07(月) 19:23:50 | URL | to C 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5390-5a40adfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2