ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


5月21日の米国株式市場

ダウ平均: 12504.48 △135.10
ナスダック: 2847.21 △68.42
ドル円 NY時間17時: 79.29 -79.31
ユーロ円 NY時間17時: 101.63 -101.67
CME日経平均先物 円建て: 8695

先週末に開かれたG8で、ギリシャに単一通貨ユーロからの離脱をとどまるよう促したことで、「ギリシャが早々にユーロ圏を離脱する可能性が一旦低下した」との見方が広がった。

同じく先週末、温家宝首相が「安定成長を一段と重要な位置に据える」と発言していたという報道により、緩和的な金融政策で景気を下支えするとの期待が浮上。中国での売上高比率が高いキャタピラーなどに買いが入り、ダウ平均を押し上げた。

ダウ平均は7営業日ぶりに反発。ナスダックは6営業日ぶりに大幅に反発。ナスダックの上昇率は昨年12月以来の大きさとなった。株価指数への影響が大きいアップルが6%上昇。グーグルやアマゾンなど主力株の一角が上昇し指数を押し上げた。

上場2日目のフェイスブックは11%安で終えた。
一時は33ドルと公募・売り出し価格の38ドルを約13%下回った。

業種別S&P500種株価指数は、「素材」や「IT」など景気に収益が左右されやすい業種を中心に9業種が上昇。「電気通信サービス」は下げた。

売買高はNYSEが約8億株(速報値)、ナスダック市場が約18億株(同)。

個別では、ボーイングがダウ構成銘柄で上昇率首位。アルコアやHPなども上昇した。産業用機器メーカーのイートンが買収すると発表した電機のクーパー・インダストリーは25%高と急伸した。保有する中国の電子商取引大手アリババ・グループの株式を一部同社に売却すると発表したヤフーも小幅高で終えた。
一方、今期の利益見通しを下方修正したホームセンターのロウズが急落。減益決算を発表した食品のキャンベル・スープも下げた。自社株買いの停止を明らかにしたJPモルガン・チェースも下げた。

 

日本株式市場

日経平均は大幅ギャップアップとなり、5日線(8730処)を回復したが...
先週末の大陰線(本年最大の下げ)高値8735で、今のところ頭を抑えられている。
下げ相場の中のリバウンド、現時点では大方がこの程度の認識だろう。

日経平均は、年初来安値(終値ベース8378)までまだ距離があり、過度な悲観論は未だ聞かれない。「相場は悲観の中で生まれる」のであれば、まだ生まれそうにない。

一方、TOPIXは昨日、終値ベースの年初来安値(725)を更新。
チャートは完全にぶち壊れ、下値模索、悲観の中にある。
本日、大幅ギャップアップで、5日線(734処)を回復したが...
先週末の大陰線(本年最大の下げ)高値734で、これも頭を抑えられている。

日経平均は懐疑の中、TOPIXは悲観の中。
週足のボリバン-2σを割り込んだことでの一旦リバウンド。
そんな感じ。

昨日の東証一部の売買代金は8656億円。
1月17日の8231億円以来約4カ月ぶりの低水準と、市場のエネルギーは感じられない。

先週末、米国株式市場はフェイスブック上場で賑わったが、昨日は再び閑散。
米国は大幅高となったが、期待するのもどうかという処。

欧州懸念は一旦落ち着いたが、相変わらず豚が大暴れ中。これにも期待できない。

期待せずに待つ。

今はこれが最も無難な取り組みか。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1230万株、買い1940万株、差し引き710万株の買い越し。
買い越しは7営業日ぶり。金額ベースも買い越し。
 

*** 追記 ***
10:06

大幅高も、日中値幅は極小。ド閑散。寄ったら終いの相場。

10:37
きっちり5日線、先週末の大陰線高値に頭を抑えられ、伸びず。
かと言って弱いというわけでもない。CME清算値は上回っている。
期待さえしなければ、どうということはない動き。

11:02
シコっているのは誰の目から見ても明らか。日中の上値が重いのは当然。
明日は(一応)注目イベントもある。ド閑散も当然。
淡々と見ていきたい。

日経225先物20120522前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/22(火) 10:49:10 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/22(火) 11:08:48 | | #[ 編集]
東証
S 様

こちらこそありがとうございます(^O^)/

>アジアでNo1で無くなった東証そのものの

「営業」職が出来たのつい最近ですもんね。世界の投資家を呼び込もうという姿勢もないまま、システムばかりに注力して、商いはスカスカに。
定員の態度が悪い、しかも糞マズイ定食屋が、世界一立派な厨房を導入した様なもんですね。
客が入るハズがありません;;
2012/05/22(火) 14:21:46 | URL | to S 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
52週
C 様

>薄商いながら かなりのレベル とは云える

実感はないのですが、数字で見ると確かにその通りですね。ありがとうございます!
ご指摘の2点から、私も短中期では反発してもよさそうに感じています。

ところで、52週といえば約12ケ月。
ダウの12ケ月移動平均は現在ほぼ横ばいで12318。
今月の安値が12336、昨日終値が12504。
下げ止まったかどうかはまだなんとも言えませんが、崩れてはいないと言える状況。

長期は一時的にフラットになりつつありますが、上向き継続中。
短中期では売られ過ぎ。
反発してもよさそうな気はしますが...ドウナルコトヤラw
2012/05/22(火) 14:43:51 | URL | to C 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5427-a6f368d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2