ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


個人的には明後日のギリシャの再選挙なんぞどうでもいいと思っている。

5月29日にも書いたが・・・

先月末の野村証券のリポートによれば、「選挙後からIMFやEUとの協議が進められる。財政再建目標の緩和で妥協し、7月初めに合意が成立すれば、ギリシャ政府の資金調達には支障は生じない。それで合意できなくても、暫定措置として追加融資がしばらく実施される」とのこと。

再選挙は明後日だというのに早くも、「どの政党も安定政権を樹立できるだけの議席を獲得できないのではないか。数ヵ月後に再々総選挙だろう」との声もある。

昨年末・年初同様、ギリシャのデッドラインは延々と先延ばしがコンセンサス。

6月17日に全てが決着(解決・崩壊)するわけではないのだ。

緊縮派が勝っても、どうせ約束は守られない。また3カ月ごとに危機騒ぎが起きることになる。急進左派連合が勝てば、「緊縮はしない!ユーロ離脱はしない!金をよこせ!」とゴネ、暫定追加融資を受けながらズルズルと問題が先送りにされるのは目に見えている。

ギリシャの再選挙は相場のキッカケになるかもしれないが、欧州の何が変わるわけでもない。そう見ている市場参加者が殆どだろう。

ややシリアスな状況となったことはあった。5月中旬だ。
この時、「
取り付け騒ぎ」で株価は下落し、ユーロは売られた。
一昨日も同様の話がありドキっとしたが、市場の反応は限定的だった。

一昨日、WSJ紙がギリシャの大手銀行の幹部の話として、「預金引き出しは1日当たり6億~9億ユーロに達していると推定される」、「ギリシャの債務危機が始まった2009年終盤以降、ギリシャ銀行は約3分の1の預金を失った」、「1日当たり10億ユーロ以下の預金流出ならば対応可能だが、その4~5倍になれば預金引き出し規制など資本規制を課さざるを得なくなる」と伝わったが、この日のダウ平均の下げ幅は77ドルと限定的。それを受けた日経平均も18円安と下げ幅限定。ユーロの買い戻し基調にも変化は生じなかった。

昨日の、ギリシャ、スペイン、イタリアの株式指数は軒並み上昇。
ギリシャのアテネ総合指数は前日比+10%の大幅上昇を演じた。

先週からの市場を見る限り、ギリシャなんぞどうでもいいという雰囲気。

では、スペインはと考えると...

「ギリシャ問題の先送りは確定的」、「先送り確定のネタで目先売り叩くことは難しい」
5月第4週から格付け会社がネタをスペインにシフトしてきたのは、このためだったのだろう。
スペイン国債10年物はその後急騰し、格付け会社としては、してやったり。

しかし、外為市場でユーロは6月1日に反転上昇。
リスク回避として過度に資金が流入した日米独の債券相場も6月1日でピークアウト。
5月末にかけての極端なリスクオフの状況と今は異なっている。

ユーロ、株式が下落しないことに不満なのか、格付け会社はその後も駄々っ子のようにほぼ毎日格下げを連発しているが、市場の反応は限定的。

昨年末、ギリシャネタと併せてイタリアネタが賞味期限切れとなったように、今回のギリシャネタと併せてスペインネタも賞味期限切れのように感じる。

次は、3カ月後か6カ月後か、ギリシャネタと併せてポルトガルネタか...

まぁいい。先の話だ。

尚、どうでもいいと言えば、日銀の金融政策決定会合。

ほぼ全ての市場参加者の想定通り、金融政策の現状維持が決まった。失望との声は聞かれない。当然だ。はなから誰も期待していない。外為市場では、事前に円買いで仕掛けられていたことから、決定後は材料出尽くし感から円は売り戻されている。

 
*** 追記 ***
13:04

楽観的なわけではない。中長期的にはギリシャもユーロもダメだと見ている。

ただ、株もユーロも商品も、一旦買い戻さないと売り難いかと。
ここから更に売るとなれば、ショートでリスクオンとなりかねない。
先ずは買い戻し、そんな気がする。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約214億円が成立。
市場では、売買は売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4701億円、売買高は同7億5894万株。

東証1部の上昇銘柄数は834、下落銘柄数は671、横ばいは154。

13:41
決定後、出尽くし感から一旦上げ渋った円相場だが、再び騰勢を強めている。
ギリシャ選挙前、FOMC前に日銀は絶対に動かないとの確信から円買い仕掛けか。

13:52
ユーロが買い戻されながら、円全面高。
イベント前にひと稼ぎしようって短期筋の動きか。
一仕事終えたのび太はお昼寝中。しょうがねぇ。。。

14:15
江本の古い迷言、「ベンチがアホやから野球が出来へん」が頭に浮かんだ。

今の相場を見ていて、「政府日銀がアホやから、相場がでけへん」と言いたくなったが...
あの発言で江本は任意引退に追い込まれたことも思い出した。
暴れず、騒がず、先ず自身を見つめ、真面目に取り組むのが肝要ですな。

14:32
イベント前のポジション整理といった感じで、ユーロが買い戻されている。

一方、円は買われ、日本株は下落。
リスクテイクされていたようには思えないのだが...
弱いところを叩く、これが相場というものですな。

15:17
日経225先物mini、引成(8555)にて8575ロング決済・LC。(¥20ヤラレ)

先物、決済ベース微負け、含みベース前日比微負け。(8415、8600ロング持越)
現物、含みベース前日比雀の涙勝ち。
トータル、微負け。

殆どの市場でショートカバーの動きも、大した商いにはならず。リスクオフ完了?

日経225先物20120615後場

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
米国Weeklyデータ
今日のアジア株は全面高になるハズだったが

   韓国KOSPI ▼0.7%程度
   日経平均    ほぼ変わらず

この2指数の共通項は?
MSCIですか?
今晩あたり米国時間で MSCI先進国カテゴリーの見直し があるんでしょうか?
昨年もこの季節に話題になっていました=韓国+台湾の「先進国」入り

    KOSPIは 今年もダメかもしれない で警戒?
    日経平均は  今年はライバル韓国の格上げ で警戒というか口実?

こじつけですのでご容赦を


昨晩の米国でWeeklyデータが2つ発表されています

*St.ルイス連銀 ストレス・インデックス(SI)
5週連続で上昇しています=景気後退へのストレスが高まっています
聞きかじりですが

  SIが1.00台で景気後退警戒ゾーンへ
  SIがマイナスに入ると景気楽観ゾーンへ

  今週      前週    前々週   1ヶ月前   2ヶ月前   3ヶ月前    1年前
 0.536  0.488  0.392  0.204  0.277  0.300  0.017

FRBの云う通りで 景気はじれったくなるほどにゆるやかな回復 なので
ストレスはたまる一方のようです

株価との連動性も 何故か あるようで
            
               SI           ダウ
2010年4月第4週  ▼0.062ボトム  4.26=11205㌦ トップ
2011年4月第5週  ▼0.211ボトム  4.29=12810㌦ トップ
2012年5月第1週  +0.172ボトム  5.1=13279㌦ トップ

  今年はSIマイナス週はないので上記0.172が最低値です

*個人投資家センチメント調査(By AAII)

      ブル     ベア
今週   34.0%  35.8%
前週   27.5   45.8
前々週  28.0   42.0
その前  30.5   38.7
その前  23.6   46.0
その前  25.4   42.1

  約1.5ヶ月で個人投資家のセンチメントは
     辛抱しきれずに ボトムを打った かもしれません


日経平均は きょうも じれったくなるほど下位置でがんばっています
ストレス・インデックスと同じですね

   
2012/06/15(金) 13:28:35 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
消費税が上がるはおりこんだのかな。。。通ってしまいそうですが
2012/06/15(金) 14:43:52 | URL | いくら #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/15(金) 22:30:02 | | #[ 編集]
まだ危険?
>ただ、株もユーロも商品も、一旦買い戻さないと売り難いかと。
ここから更に売るとなれば、ショートでリスクオンとなりかねない。
先ずは買い戻し、そんな気がする。



とってもそんな感じがするんです。(^^;)

6月上旬で、ボトムを打った形でV字!上昇始めた個別銘柄もありますし、そんな銘柄に乗れば利益が取れそうな気がしますが。
まだ危険?


アタシは、漬け物を食べてからでないと…(-_-)

2012/06/15(金) 22:37:22 | URL | ベル #-[ 編集]
回復しているだけマシw
チャチャ 様

>MSCIですか?

5月、11月は銘柄入れ替えで気にしていました。
先月は「韓国先進国入りか!?」で盛り上がった局面もあり気になっていました。
今月は完全に忘れてました^^;

>*St.ルイス連銀 ストレス・インデックス(SI)

全く見ていませんでした○| ̄|_
じれったくなるほどゆるやかな回復ではありますが、回復してるんですよね。
それでもストレスがたまるのは、ヤンキーの気質かなと^^;

>日経平均は きょうも じれったくなるほど下位置でがんばっています

我らがジャポンは回復すらせず、GDPは萎み続けて早10数年...
東京市場における個人投資家の占有率は10年ぶりの低水準。
ストレスを通り越して、無気力、無関心のようです。
2012/06/17(日) 18:31:51 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
通っちゃいましたね
いくら 様

世界の政策が、緊縮から景気拡大へ向かおうかという時に、大増税...
株価が1997年の二の舞にならんことを祈ります。
2012/06/17(日) 18:34:52 | URL | to いくら 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
既に大量
S 様

そして、注視も就任以来延々と続いています。
何も期待せずに、我々も「注視」していきましょう^^;

期待できるとすれば、世界各国の協調体制でしょうか。
世界各国が協調するとなれば、強調するしかない政府日銀。
NOと言えない日本に期待します(=_=)
2012/06/17(日) 18:45:10 | URL | to S 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
まだ
ベル 様

個別では、いい勢いも散見されますが、指数はまだまだですね^^;

>そんな銘柄に乗れば利益が取れそうな気がしますが。

そんな銘柄に乗ると梯子を外されそうな気もします。
一喜一憂せず、焦らず、やっていきましょうw
2012/06/17(日) 18:51:58 | URL | to ベル 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5485-2fc93b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2