ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


6月15日の米国株式市場

ダウ平均: 12767.17 △115.26
ナスダック: 2872.80 △36.47
ドル円 NY時間17時: 78.70 -78.72
ユーロ円 NY時間17時: 99.48 -99.52
CME日経平均先物 円建て: 8610

寄付き前に発表された6月NY連銀製造業景気指数は予想を大幅に下回った。5月鉱工業生産指数も予想に反して低下。設備稼働率、6月ミシガン大学消費者態度指数も市場予想を下回った。米国の景気減速感が鮮明になったが、それが却って追加金融緩和期待につながった。

イングランド銀行(BOE)が流動性供給を中心とした1000億ポンド規模の緊急金融対策の実施を発表し、欧州株式相場が上昇。NY株式相場も買い先行で始まった。

またも金融相場の様相。

前日にロイターが、「ギリシャの再選挙後に市場が混乱した場合は、主要国の中央銀行が協調策を講じる」と報じていたことも支援材料になったようだ。

ドラギECB総裁の「ユーロ圏のインフレリスクはない」との発言から、「各国政策対応の進展に対する期待が高まっている」との声が聞かれたことも追い風となった。

ダウ平均は、5月11日以来約1カ月ぶりの高値で終えた。
ナスダックは、5月16日以来約1カ月ぶりの高値で終えた。

主要株価指数の週間パフォーマンス:
ダウ平均 +1.7%、S&P500 +1.3%、ナスダック +0.5%。

業種別S&P500種株価指数では全10種が上昇。「エネルギー」や「IT」の上昇が目立った。

NYSEの売買高は約15億株(速報値)、ナスダック市場(同)は約19億5000万株。
この日は株価指数先物・OPなどの清算値算出日にあたり、売買高が高水準だった。

個別では、SNSのヤマーを10億ドル以上で買収すると米紙が報じたマイクロソフトが上昇。フェイスブックは大幅高。先月のIPOを巡り相次いだ株主訴訟を集約する申し立てを15日に裁判所に提出したと伝わった。一方、ホーム・デポや、P&Gが下落した。

 

日本株式市場

注目されたギリシャ再選挙は、緊縮派2党が議会の過半数を獲得。
ギリシャがユーロ圏を離脱する確度は(短期的には)低下した。

これを好感し、日経平均は大幅ギャップアップ。
25日線、SQ値(8613円)、6月11日高値8665円を抜いて寄り付いた。
4月初からの下落局面で初めて25日線を抜け、+1σ(8735)へ上昇した。

三角保合いから上放れた格好。
短期的には底を打ったと言ってよさそうだ。
(中期的には未だ下向き、ロクに戻せていない。長期的には完全に下向き。)

ギリシャのユーロ圏離脱懸念は後退したが.. これはあくまでも短期的な話。
これまでにも散々書いたが、緊縮派が勝ったから状況が良くなるわけでも、問題が解決するわけでもない。どうせ約束は守られない。また3カ月ごとに危機騒ぎが起きるのは確定的。

ギリシャへの懸念が短期的に後退・日本株が短期で底打ち。

そのぐらい冷めた受けとめ方をしておいた方がよさそうだ。

市場参加者のセンチメントも株価もまだまだ不安定。明日・明後日のFOMC、20-21日のECB理事会で緩和策が不十分であれば、一波乱の危険性もある。

悲観的に見る必要はなくなったが、適度な警戒感は維持しておきたい。

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1270万株、買い1100万株、差し引き170万株の売り越し。
売り越しは5営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:44

大幅高で上放れたというのに、商いは盛り上がらず。
この半信半疑...初動としては悪くはない。
週末に向けて、徐々に出来高が増加するのが理想的。

10:04
売られなくなったが、相変わらず買われない。
下値不安は後退したが、上値への期待は殆どないようですな。

10:09
一巡が早いのも相変わらず。
為替も落ち着いてしまった。欧州タイムまでこのまま動きなしか。

11:02
相変わらずの薄商い、ここまでの日経平均の値幅55円。
その値幅の高安も9時3分~9時8分の早い時間に付けている。

目先の危機後退、目先の買い戻し。今のところそれだけって感じ。

日経225先物20120618前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
ユーロ危機
結局のところ「稼ぐ力のある国」か「金のある国」がドラ息子のような国を「立ち直るまで面倒みますから」といわないとこのユーロ危機っていつまでも引きずるんですよね。、一人ではたちなおれないでしょうから。

そのためには統合の方向に進むしかもう道はないようにおもうんですが、ただ、その決断はなかなか見えてこないですね。
2012/06/18(月) 10:00:28 | URL | ケン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/18(月) 11:01:55 | | #[ 編集]
ドラ息子
ケン 様

ドイツが、血の繋がってないドラ息子の面倒を見るのかどうか。

通貨は経済の血液であるというクラシックな考え方をすれば
ドイツとギリシャはユーロという血液で繋がっている→面倒を見るとも考えられますが...

財政統合したら、ドラ息子は尚更調子に乗るでしょうね。
厳格なゲルマン親父がそれを許すかどうか^^;
2012/06/18(月) 14:53:38 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
美味しいとは分かっていても・・・
H 様

閑散としている店内。
たまに食中毒事件を起こすのも気掛かり。
非常に入り難いですね^^;
2012/06/18(月) 15:00:30 | URL | to H 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5488-720b0cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2