ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


本日朝8時50分に発表された5月貿易統計速報によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は、市場予想の5100億円赤字を上回る9072億円の赤字。

赤字は3カ月連続で、5月としては東日本大震災後に落ち込んだ昨年を上回り過去最大。
債務危機に揺れる欧州向けが初の赤字となった。

この大幅赤字を受け外為市場では円が売られるかと思いきや、円売りは一瞬で終わり、9時半からは円高が加速した。ファンダメンタルズ関係無し、目先の需給のみの毎度の動き。為替にはバリュエーションがなく、これは仕方ない動き。

一方、バリュエーションはあるがバリューに目が向かない最近の株式市場。こちらも目先需給のみの展開となっており、短期的にはバリューを口にするのは憚られる。しかし、中長期的にはバリューに収斂して行くのが株式市場。足元の景気は常に確認しておきたい。

ということで、5月貿易統計の中身を見てみると・・・

意外にも米国向け輸出は7カ月連続の増加(゜o゜)
中国向け輸出も自動車や自動車部品が好調で8カ月ぶりに増加!

輸出を見ると、日米中の景気に関しては堅調と言える。

中国からの輸入は携帯電話などの基地局用機器が増えて3カ月連続で増加。
ユーロ安を背景にドイツからの自動車輸入も増え、欧州からの輸入額は2カ月ぶりに増加。

輸入を見ても、日本の景気は悪いとは言えない。

東日本大震災後に落ち込んだ昨年を上回って過去最大の赤字だ!と嫌気する声もあるが、貿易赤字の主因は燃料輸入だ。生産ストップで輸出が落ち込んだ当時とは違う。しかも、5月は大型連休があって製造業の営業日が少ないため、赤字が大きくなりやすいという季節要因もある。

月間の貿易統計だけみて買う話にはならないが、売りは少し躊躇われる内容だろう。

 
尚、本日20日は新月。
21日午前1時半にはFOMC声明発表、その後バーナンキの会見が控えている。
21日早朝、MSCIが韓国と台湾の先進国指数への格上げを発表する可能性がある。

変化日となりかねない処で、重要イベント。
チャートでも、日足ベースのボリバンは収斂している。
ボチボチ大きい動きだしがあってもオカシクはない。

イベント待ちとか言ってると永遠に見送る羽目になるが...
本日→明日に限っては慎重に取り組んだ方がいい様な気はする。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約126億円が成立。市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5054億円、売買高は8億3345万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1350、値下がり銘柄数は208、変わらずは109。

 
*** 追記 ***
13:29
225の重さが嫌気されているが、TOPIXは戻り高値を更新し、+2σまで上昇。
まだまだ悪いところは多々あるが、いいところにも目を向けていきたい。

14:00
日経平均が寄り天だったが、ようやく本日の高値を更新した。
しかし、値は走らず。買い手不在が著しい。

14:16
本日のFOMC(緩和)に期待した先物への買い仕掛けとか某証券会社から言われとるが・・・
相変わらずのド閑散。日経225先物はこの時間でも2万枚に届いていない。
上げはしたものの、反応は鈍く遅い。
昨日後場の下げ幅拡大時同様、この上げも「薄いから」、この一言に付きそう。

14:47
日経225先物の1000枚板はすっかり見慣れたが・・・
現在、8760に2000枚、8770に2700枚、8780に2000枚。
見慣れない板が並んでいる。なんとも露骨だ^^

14:57
キヤノン、¥3230にてロットの1/2 薄利利益確定売り。
全部持ち越そうかと思ったが...打診レベルに留めた。

15:17
先物、含みベース前日比勝ち。(8415、8600ロング持越)
現物、決済ベース手数料に毛が生えた程度の勝ち、含みベース前日比勝ち。
トータル、大勝。

重い日経平均を見ていると買えないが、強いTOPIXを見ていると売れない。そんな一日。

日経225先物20120620後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
Fed Day パフォーマンス
その時々の状況にもよりますが
FOMC結果発表日の米株パフォーマンスは相対的にはよいようです

記憶ではFOMCの存在が大きく意識されたのは
2008年12月のFOMC
=事実上のゼロ金利導入

あまり参考にはなりませんが
2008.12月以降のFOMC結果発表日の米株パフォーマンスを羅列してみます

        SP500の前日比騰落率%
     2008   2009   2010   2011   2012
1月         +3.36  +0.49  +0.42  +0.87
3月         +2.09  +0.78   ▼1.12  +1.81
4月         +2.16  +0.65  +0.62  +1.36
6月         +0.65   ▼0.30   ▼0.65    ?
8月         +1.15   ▼0.60  +4.74
9月          ▼1.01   ▼0.26   ▼2.97
11月        +0.10  +0.37  +1.61
12月  +5.14 +0.11  +0.09   ▼0.85

  ポジティブ=株式市場は好感頻度は   71.4%
  平均騰落率は            +0.74%
2012/06/20(水) 13:35:18 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
Heywardさんがんばれ
NYは一旦peak outの流れになりつつあり
個人的には打診売りを考えていますが、
日経がもう少し上値を伸ばしてくれるとよいのですが、
ここまではちょっと手を出しづらいですね。
午後か夕場に上に仕掛けてくるでしょう、きっと。
まあ、慌てず騒がずです。
それにしても日本の政治はお粗末ですね。
2012/06/20(水) 13:40:13 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/20(水) 16:09:35 | | #[ 編集]
昨年9月ばかりを気にしていました○| ̄|_
チャチャ 様

>あまり参考にはなりませんが 2008.12月以降のFOMC結果発表日の

いえ、もの凄い参考になりました^^

今回のFOMCの結果予想の大半は「ツイストオペ延長・QE3はなし」。
そこで引き合いに出されるのが、前回のツイストオペ導入発表時の昨年9月。
2011年9月の発表日というとS&P500が▼2.97。
ツイストオペ導入発表後の2日間で、ダウ平均は674ドルの急落。
本日の市場ではこればかりが取りざたされていましたが・・・

>ポジティブ=株式市場は好感頻度は   71.4%
> 平均騰落率は            +0.74%

2008年以降で見るとそうなるんですね。
非常に参考になりました。いつもありがとうございます!
2012/06/21(木) 00:14:49 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
匿名希望 様

>NYは一旦peak outの流れになりつつあり

一旦peak outの流れとはどういうものか分かりませんが...
一旦peak outしてもおかしくないとは思います。
2012/06/21(木) 00:20:06 | URL | to 匿名希望 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
確かに^^
S 様

ドイツの景況感悪過ぎですね。
昨日発表された指標には、結構ドキっとしました^^

>日本の・・・の低さなんでしょうか。

市場と対話が出来る欧米。聞く耳を持たないのび太の違いでしょうか。
買ってはいるものの、勝ってはいるものの、私も愚痴が止まりません○| ̄|_
2012/06/21(木) 00:27:16 | URL | to S 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5495-363837e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2