ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


ダウ平均は本年2番目の下げ幅を記録。日経平均は大幅ギャップダウン。

やや激しい値動きとなっているが、崩れたわけではない。

多分にチャート・テクニカル的な動き。健全な調整の範囲内だ。

昨日も書いたが、ダウ平均は75日線で戻り一杯の毛抜き天井からの急落。
短期的な過熱感もあり、調整があってもオカシクはないところだった。週足(13・26)もデッドクロスしていた。短期的にも中期的にも、チャート・テクニカル通りの動きで驚きはない。
本年2番目の大幅下落を嫌気する声も聞かれたが、それでも上向きに転じた25日線(12494)上方での推移だ。チャートは崩れていない。現時点では健全な調整の範囲内と見るのが無難だろう。

日経平均は、今週に入り昨日まで約250円の上昇。昨日は+2σまで上昇していた。
本日、米株大幅安を受け、ギャップダウンとなったが、下げ幅は限定的。横這いから拡大上昇に向かう+1σ(8710)、上向きの5日線(8740)をサポートにしっかりした動きとなっている。 下げはしたものの、嫌気しなければいけない様な下げではない。

TOPIXは昨日、3月の天井~6月4日の底の1/3戻しを達成→本日反落。よくあるパターンだ。
こちらも本日大幅ギャップダウンとなったが、5日線(744.34p)を一度も割らずにしっかりとした動き。意外にも拡大上昇中の+2σ(751p)レベルの動きとなっている。
次の上値目途【38.2%戻し、週足・雲下限の763p】、【半値戻し、週足・基準線の783.96p】を意識した動きに見えないでもない。

債券市場にも変調はない。

過度なリスク回避の象徴となっていたドイツ国債10年物は、6月4日に底を打ち上昇中。
今週初に危険水域と言われる7%台に突入したスペイン国債10年物は6.61%まで低下。
昨年末に危機祭りで7%台だったイタリア国債10年物は、現在5.75%。

為替市場にもリスク回避の動きは目立たない。

6月20日の外為市場ではQE3期待の剥落と言われドルが買われ、円が下落。
円は対ユーロで101円台を付けた。これは5月下旬以来約1カ月ぶり。

6月21日の外為市場でもドルが買われた。
対円では一時80円34銭と、5月中旬以来ほぼ1カ月ぶりの円安水準を付けた。

QE3期待の剥落でドルが買われ「ドル高→商品安→米株安」とはなったが、これまでのように「リスクオフ→米国債買い・米金利低下→円高・ドル安」とはなっていない。

欧州ネタへの市場の過度な反応は薄れつつある。

相変わらず(作為的とも思える)悪材料が連発されているが、市場の反応は限定的。
そして、欧州にとっての好材料にも市場の反応は乏しくなっている。
先週のスペイン銀救済に1000億ユーロ融資や、今週のギリシャ再選挙無事通過、ユーロ圏における銀行同盟創設案が急浮上、水曜日のメルケル独首相に続き、木曜日のショイブレ独財務相の「EFSFでソブリン債を購入することは可能」などの発言にも、市場の反応は乏しかった。悪材料だろうが好材料だろうが、欧州ネタにはもう皆ウンザリなのかもしれない。

現状から判断すれば、暴落、底抜けへの過度な警戒は不要だろう。

ただ、気掛かりな点が一つ。QE3催促相場の可能性だ。
ドル高でジャブジャブ・ジャンキー・ヤンキーが暴れる可能性は高い(=_=)

それと関係あるのかないのかワカランが、かなり気になることがある。
「インドネシアが、ドルの資金繰りに苦しんでいる」と言われている。
「輸出で90%を稼ぐ韓国も、ドル不足に悩まされている」らしい。
あやふやな情報だが、かなり気掛かりだ。

と思っていたら、本日フィスコから「欧米系の大手銀行の格下げは、各金融機関の資金調達(主にドル資金)にも影響を与える可能性がある。主要中央銀行によるドル資金供給によって、資金繰りが困難となる状況に陥る可能性は低いとみられているが、ドルキ
ャリー取引などの投機的な資金運用は縮小を余儀なくされる。ドルはおおむね全面高となり、豪ドル、NZドル、一部の新興国通貨などの取引にも影響を与えそうだ。また、大手金融機関の資金調達能力の低下は、信用供与(貸出)の減少につながる可能性が高い。」などと報じられていた。

現時点で過度に警戒する必要はないが、頭の片隅には置いておきたい材料だ。

 
12:42
日経225先物mini9月限、¥8755にてロング。弱め
 

*** 追記 ***
13:05

本日の独仏伊スペイン首脳会議、EU財務相理事会を見極めたいとの声も聞かれるが...
見極める必要はない。どうせ具体策は何も決まらない。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約236億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5065億円、売買高は同8億4409万株。

東証1部では959銘柄が下落、上昇銘柄数は516、横ばいは186。

14:19
日経平均は1月半ばから10週連続陽線、9週続落、現在3週続伸中。
オーソドックスに考えれば、日柄でも価格でも、もう少し戻りがあってもオカシクはない。
(38.2%の戻りなら、あと1週間程度、9000円レベルまで。)
(半値戻しなら、あと2週間程度、9250円程度まで。)
大した上値余地はない。無理に獲りに行く必要はないとの見方もできる。

一方、6月初に歴史的な底抜け、6月4日に歴史的な底打ちをしたと仮定すれば...
ここから10200円レベルのネックラインまでは、押し目買いでいいことになる。

14:32
「スペイン政府が数日中に銀行支援を要請すると報じられ、スペインの金融不安が和らぐという期待から、東京株式市場は下げ幅を縮小している」と報じられているが・・・

外為市場でユーロは買われていない。アジア株は総じて軟調。グロベは小幅に上げたが、朝方と水準は大して変わっていない。スペインネタで、東京株式市場だけ下げ幅縮小ってのは妙な話だ。他に何かあると考えた方がよさそう。

14:47
日中の戻り(押し目買い?)はこんなもんだと思うが・・・
昨日のナイトが予想外に強く、朝の寄り付きも思いのほか高かった。
昨日ナイトから指しっぱだった8705ロングは結局不発。
仕方なく、珍しく、指値切り上げて買ってみたが、今日のところは結果オーライ。
まぁ、週明けどうなるってんのかワカランけど、想定を下回るなら投げりゃいいだけ。
難しく考えずにやっていきたい。

14:54
本日の日中の円売りの動きだが、日本の政局不安を材料視してのものとか言われとる。
関係無しだろ。小泉以降、この国の政局は常に不安定だ。
(おなか痛いで辞めちゃった総理、他人事総理、馬鹿総理、宇宙人、嘘つき、泥鰌...)
にも拘らず、ドル円は2007年の124円から一本調子で下落した。
今更政局を材料視ってのも腑に落ちない。単に短期需給によるものだろう。

15:17
先物、含みベース前日比変わらず。(8415、8755ロング持越)
現物、含みベース前日比ほぼ変わらず。
トータル、ほぼ変わらず。

悪くない一週間だったが、ドル相場と商品相場が気掛かり。
来週なにかよくないことが起きるとすれば、この辺りからか...

日経225先物20120622後場

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
最近、リアルタイムでツイッターで売買を書かないのですか?
2012/06/22(金) 13:06:15 | URL | ウオッチャー #-[ 編集]
米経済は本当にヒドイ減速をしているのか?
米国景気が十分に加速していないのは明らかなようだが、
減速はそんなにヒドイのだろうか?

報道やコメントやらではなく絶対数字で観察してみると

*米シティー・サプライズ指数CESIUSD6.21
昨日の指数は ▼64.80 まで低下している
これは昨年8月と同レベルになる
=8月は米株が最初のボトムをつけている

このデータからは
たしかに 諸々の経済指標は 予想より大変悪い ことがわかる

*St.ルイス連銀・ストレス指数6月第三週
昨晩発表されたストレス指数は 0.525 で前週0.536から若干低下した
まだ景気後退へのストレスは強いが 悪化はしていない

この2つのデータからは

 連日発表される経済指標は たしかに
      予想よりは どんどん悪化している ← サプライズ指数  
 しかし 景気後退への体感は 
      まったく悪化はしていない

米経済は 報道される・評論されるほどには悪くはない
という見方もできる カモシレナイ

2012/06/22(金) 13:15:04 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
ウオッチャー 様

本日、売買をしたのが12時42分。
この記事をUPしたのが12時44分。

そもそもよほどブログの更新が遅れる時しか、ツイッターでUPしていません。
2012/06/22(金) 13:30:56 | URL | to ウオッチャー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/22(金) 14:10:14 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/22(金) 15:07:28 | | #[ 編集]
イラつくほどだが、緩慢だが、回復中
チャチャ 様

バーナンキが言うように「イラつくほど緩慢な回復」。
これは雇用に関しての表現でしたが、最近は全般にも当てはまってきましたね^^

>これは昨年8月と同レベルになる

フィラデルフィア連銀指数、NY連銀指数も、昨年夏場のボトム水準に低下してきています。
季節的なものもあるんでしょうか... 毎年夏場悪い気が。

>予想よりは どんどん悪化している ← サプライズ指数
>米経済は 報道される・評論されるほどには悪くはない

同感です。市場では悪い悪いと言われていますが....
景気後退、リセッションという言葉は殆ど聞かれず。
2012/06/24(日) 16:25:24 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
出来高が少なくて・・・
H 様

並んでも(指値でも)なかなか買えず。
流れに乗ろうとしても、その流れも弱く、いつ逆流するか分からず。
出来高回復待ちが無難なんでしょうね^^
2012/06/24(日) 16:34:47 | URL | to H 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
またです^^;
E 様

HNは違いますが、同一。
困ったもんですが・・・
またこういう事象が出てきたことは相場の参考にはなります。
こういう時って大抵、相場の天井圏か、ボトム圏なんです^^


P.S. ご配慮に感謝○| ̄|_
2012/06/24(日) 16:46:40 | URL | to E 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/07/07(土) 13:09:22 | URL | 職務経歴書の書き方 #-[ 編集]
職務経歴書の書き方 様

ありがとうございます。
2012/07/07(土) 20:58:45 | URL | to 職務経歴書の書き方 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5501-bab9243e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2