ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


先週は芳しくない経済指標が目についた。

21日に発表された中国6月のHSBC製造業PMIは8カ月連続で節目の50割れ。
ユーロ圏が発表したPMI速報値も約3年ぶりの低水準。
6月フィラデルフィア連銀景気指数は-16.6と10カ月ぶりの低水準。

商品市況は軒並み安。

21日、WTI先物価格は80ドルの大台を8カ月ぶりに割り込んだ。
この日、メドベージェフ露首相は原油60ドルを想定した予算案策定を命じた。

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)
 

25(月)

【国内】
経団連会長会見
《決算発表》
マックスバリュ東北、J.フロントリテイリング、イオンファンタジー、ライトオン、高島屋、イオンモール

【海外】
EU外相理事会
米5月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)

米5月新築住宅販売件数(23:00/34.5万件)
参考指標の住宅建設業者(NAHB)指数は6月29←28と改善、プラス要因。住宅ローン金利に大きな変動はないが、金利上昇は抑制されており、住宅購入の支援材料となる。6月8日時点の住宅ローン申請指数は1.3%→18.0%に増加しており、市場コンセンサスは妥当な水準。

米6月ダラス連銀製造業活動(23:30)
《米決算発表》
アポロ・グループ


26(火)

【国内】
5月企業向けサービス価格指数(8:50)
2年国債入札
《新規上場》
モブキャス
《株式分割》(権利付最終売買日)
楽天、きちり、ウェルネット、PBITS、JT、LINK&M
《銘柄異動》
大黒天
《株主総会》
ミクシィ、双日、三井化学、三菱ケミHD、武 田、みらかHD、資生堂、新日鉄、DOWA、日電産、JVCKW、ルネサス、シャープ、日産自、三菱自、ほくほく、みずほ、アイフル、MS&AD、スクエニHD
《決算発表》
日本オラクル

【海外】
イタリア国債入札
米4月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)

米6月CB消費者信頼感指数(23:00/64.2)
参考指標となる6月のミシガン大学消費者信頼感指数は79.3から74.1に低下。小売売上高、個人消費もさえないことから、消費者信頼感の低下が予想される。

米6月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
《米決算発表》
H&Rブロック、ウォルグリーン


27(水)

【国内】
《株主総会》
日本ハム、カルビー、塩野義、東和薬品、神戸鋼、パナソニック、アンリツ、ソニー、パイオニア、京セラ、あおぞら、大和証G、野村HD、東 電、中部電、関西電
《決算発表》
ナガイレーベン、くろがねや、ニトリホールディングス

【海外】
独6月消費者物価

米5月耐久財受注(21:30/前月比0.5%)
参考指標となる5月ISM製造業景況指数の内訳「新規受注DI」は60.1と4月58.2から上昇しているが、各地区連銀の6月の製造業景気指数は弱含み。生産活動の拡大は確認されていないことから、下ぶれの可能性もある。

米5月中古住宅販売仮契約(23:00)
《米決算発表》
マコーミック、レナー、ゼネラルミルズ、モンサント


28(木)

【国内】
5月商業販売統計
12年3月期決算会社の定時株主総会開催集中日
《株主総会》
大成建、大林組、日 揮、森永乳、明治HD、東洋紡、日清紡HD、トリドール、王子製紙、大王紙、日本紙、信越化、電 通、花 王、大塚HD、OLC、三菱電、OKI、ニコン、オリンパス
《決算発表》
クスリのアオキ、日本化薬、スター精密

【海外】
EU首脳会議(~29日)
ユーロ圏6月消費者信頼感指数(確報)
イタリア国債入札
米1-3月期GDP確定値(21:30)


29(金)

【国内】
5月全国消費者物価指数(8:30)
予想はコア指数が、前年比0.0%、全体の消費者物価指数は、前年比+0.2%
物価上昇率は鈍化傾向。原油価格の低下が下押し要因となる。為替レートは4月平均との比較で1円強の円高となり、物価押し下げに寄与する。参考指標となる東京コアCPIは、5月-0.8%に低下。

6月東京地区消費者物価指数(8:30)
5月家計調査(8:30)
5月失業率(8:30)
5月有効求人倍率(8:30)
5月鉱工業生産(8:50/前月比)
5月自動車生産(13:00)
5月住宅着工戸数(14:00)
5月建設工事受注(14:00)
《決算発表》
ポイント、DCMホールディングス、パイプドビッツ、ハイデイ日高、タカキュー、しまむら、ウェザーニューズ

【海外】
中国6月HSBC製造業PMI
ユーロ圏6月消費者物価
米5月個人所得(21:30/0.2%)
米5月消費支出(21:30/0.1%)
米6月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/53)
米6月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55/74.1)
《米決算発表》
ナイキ、アクセンチュア、ファミリー・ダラー
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
経済指標&経済予測
*中国製造業PMIbyHSBC証券
6月PMI=48.1
8ヶ月連続で縮小=2008.8月~2009.3月に並ぶ悪化度

HSBCレポートによると
49.1=39ヶ月間で下から2番目の低さ
レポート原文では各項目ともひどい内容のようです

追加連続利下げは必至とも感じますが・・・

*FRB経済予測の推移
2011年1月からFRB経済予測が公表されています
=ハズレ・ハズレの連続です

会合月    2011   2012   2013   2014   実際値
GDP(%)
2011年
1月     3.70   3.95   4.00          1.6
4月     3.30   3.65   4.00          1.6
6月     2.75   3.10   3.75          1.6
11月    1.70   2.90   3.36   3.60   1.6
2012年
1月            2.55   3.10   3.55   1.8
4月            2.55   3.10   3.60   1.8
6月            2.05   2.85   3.40   1.8

    下方修正の連続です=じれったい程緩慢な景気回復
    FRB予測が上方修正される時=米経済の本格的回復スタート カモシレナイ

失業率%
2011年
1月     8.70   7.80   6.95          9.1
4月     8.50   7.75   7.20          9.0
6月     8.75   8.10   7.40          9.1
11月    9.00   8.50   7.95   7.25   8.7
2012年
1月            8.20   7.60   7.25   8.7
4月            8.00   7.55   7.00   8.1
6月            8.10   7.55   7.00   8.3

    失業率というのは難しくて 労働参加意欲次第になる

インフレ率%
2011年
1月     1.50   1.45   1.30          1.6
4月     2.80   1.90   1.85          3.1
6月     2.80   2.00   1.90          3.5
11月    2.90   2.10   1.95   1.95   3.5
2012年
1月            1.90   1.85   1.80   2.9
4月            2.05   1.80   1.85   2.3
6月            1.60   1.80   1.85   1.7

    最も興味深い項目ですね
    2011.1月     まだデフレ警戒を重視していた
    2011.4-11月  想定以上にインフレがすすんで当惑した
    2012.1-4月   インフレ率は低下してきたがまだ想定以上 QE3には踏み切れず
    2012.6月     予測値=実際値は2011.1月レベルまで低下した
                         ↓
       
       2011.1月と同じ認識・考え方であればQE3をやる可能性は高くなったか? 

金融政策のプロ集団のFRBですが経済予測のプロではないようです  
2012/06/24(日) 20:51:49 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
結局、QE3はやることになるんでしょうね^^;
チャチャ 様

中国に関しては、発表されている経済指標がこれほど悪化しているのですから、実際はもっとひどいかもしれませんね。私の友人の中国人(上海)も、景気に非常に悲観的な見方で、株式市場への興味がすっかりなくなってしまっています。

>FRB予測が上方修正される時

現在の金融政策を政党化させるためにも、少なくとも2014年まではFRBの経済予測上方修正はなさそうに思えます。QE3もやらないと気が済まないでしょうし^^;
2012/06/25(月) 13:08:17 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5503-31a7185c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2