ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


6月26日の米国株式市場

ダウ平均: 12534.67 △32.01
ナスダック: 2854.06 △17.90
ドル円 NY時間17時: 79.50 -79.52
ユーロ円 NY時間17時: 99.29 -99.33
CME日経平均先物 円建て: 8690

この日行われたスペインとイタリアの国債入札では目標額は調達したが落札利回りが上昇。金利は上昇し、外為市場ではユーロが売られた。

しかし、この日は欧州株式相場が底堅く推移し、米国株式相場も買いが先行した。

4月の米S&Pケース・シラー住宅価格指数が市場予想を上回り、レナーなど住宅建設株のほか、個人消費関連株などを中心に買いが入り相場を支えた。前日の大幅下落後だけに、短期的な相場の戻りを期待した買いも入りやすかったようだ。

ただ、この日もまた、メルケルが「私が生きている限り、欧州が債務を共有することはない」とのヒステリックな発言がロイターから伝わると、ダウ平均は50ドル安となる瞬間もあった。

コンファレンス・ボードが発表した6月の消費者信頼感指数は62.0と、前月の64.4から低下し、1月以来の低水準となったが、市場の反応は限定的だった。

業種別では全10種が上昇する全面高だったが上値は重く、上げ幅を縮小し取引を終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10種が上昇。
「一般消費財・サービス」や「エネルギー」の上昇が大きかった。

NYSEの売買高は約7億1000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約15億7000万株。

個別では、一部事業の分社化を検討していると発表した米メディア大手のニューズ・コーポレーションが大幅高。アナリストが投資判断を引き上げたJPモルガン・チェースも上昇した。新型の多機能携帯端末の「キンドル・ファイア」を今夏にも発売すると報じられたアマゾンにも買いが優勢になった。取引終了間際に7日付で辞任した創業者で筆頭株主のリチャード・シュルツ会長が、買収による非公開化を検討していると伝わった家電量販大手ベスト・バイも大幅高で終えた。
一方、市場予想を下回る四半期決算に加え、同時に発表した業績見通しが慎重と受け止められた中国の太陽電池大手LDKソーラーのADRは大幅に下落した。

 

日本株式市場

月曜日にメルケルは、「ユーロ共同債や欧州全体の預金保険構想は経済合理性を欠いているうえ、非生産的」などと発言。身も蓋もない言い方でユーロ共同債を否定した。
火曜日には、「私が生きている限り、欧州が債務を共有することはない」との発言がロイターから伝わった。

ドイツの言い分はもっともだが...
メルケルの発言は日に日に過激に(ヒステリックに)なっている。

春先までは「ギリシャとんでもねぇな!」と非難の矛先はギリシャに向いていたが、4月以降は「ドイツ意固地過ぎだろ!」と欧州の批判はドイツに向いていることも、メルケルをイラつかせている理由なのかもしれない。ジョージ・ソロスなどからのプレッシャーも効いているのだろう。

サルコジがいなくなって、ロンサム・メルケルが暴れている...
そんな風に見えなくもない。

そんなメルケルに株式市場は振り回されながらも、ダウ平均は12500ドルレベルにある25日線、S&P500も1320pの25日線を意識した動き。日経平均も同様の動きだ。今週の値動きはやや激しくなっているが、多分にチャートテクニカル的な動きであり、今のところイレギュラーな動きは見られない。

25日線辺りがEU首脳会議を迎えるに居心地がいい水準なのかもしれない。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1420万株、買い1140万株、差し引き280万株の売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:10
日経225先物mini、¥8655にてロング。弱め。
https://twitter.com/#!/heyward225 にてUP済み。)
 

*** 追記 ***
10:36
値動きも商いもない。参加者不在の様相。
見極めと言われているEU首脳会議だが、どうせ具体策は出ないだろう。
このまま夏枯れ相場突入かもしれない...

11:02
特に何もない。後場もなさそう。
あるとすれば、月末、期末要因ぐらいだろう。

指数インパクトの大きいFリテ、ソフトバンク、クレセゾン、住友不動産がしっかり。
今日は下への波乱はなさそうな気がするが...アマイカ

日経225先物20120627前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
SP500 第二四半期業績見通し
前年同期比で2Q業績(利益)見通しが変化しているようです

      前年同期比   SP500株価
3.2   +1.2%   1369.63

  ここから4月中旬までは%は上昇し約+2%まで上昇
  SP500は4.2高値=1419.04まで上昇

  その後%は下落基調に変化し5月中旬には前年同期比マイナスに転換

3.22   ▼1.1%   1335.02

変化率  落差で▼2.3%   ▼2.53% 

  多少こじつけ気味ですが 業績見通しの変化と株価の変化はほぼ見合っているようです



日経平均のEPSをみると(四半期ベースはないので通期で)

       EPS    日経平均
3.2    431円   9777円
3.22   769円   8798円

  日経平均はどうなんでしょう?
2012/06/27(水) 12:29:38 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
ぼちぼち決算ですねぇ。。。
チャチャ 様

「まだ悪くなっていないとは思うけど、いい内容には期待できない。」
米国の決算のコンセンサスはこんな感じのようです。
可もなく不可もなくですね。

ダウ平均の動きもそんな感じ^^
5月初急落→6月初急反発。
75日線まで戻して毛抜き天井→急落。
25日線まで下げて、一昨日・昨日で毛抜き底?
どちらとも言えない動きとなってますね。
決算を迎えるには、いい位置かもw
2012/06/27(水) 14:06:38 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5510-2c38382b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2