ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライントレードの学習・疑似体験をするなら

 

日経平均の短期基調は上向き。

5日線(8937)は上向き。ボリバンは上昇拡大傾向。
上向きの+2σ(9043)に沿うように上昇が続いている。

短期的には過熱感はあるのもの、それもテクニカル面だけ。
先週末こそ商いは膨らんだが、その前も、今も市場は閑散としている。
吹き上がる様な動きはみられず、楽観的な売買は見受けられない。
ギャップアップで大幅高となっても、日中値幅は小さくザラ場は冷めている。

短期的には、外部環境はそう悪いものではない。

EU首脳会議により、欧州懸念は後退している。

米国の景気鈍化懸念はあれど、あくまでも鈍化であり後退ではない。
米住宅市場は意外なほどの復調を見せている。
昨日のISM製造業景気指数の下振れは確かに悪材料だが・・・
内訳項目で「雇用」は56.6(前月比0.3p低下)と水準は悪くなかった。

中国の景気減速懸念は根強く、上海総合の弱さは気掛かりだが...
経済指標を弄るのが得意な中国に、指標が大きく下ブレル懸念はない。
いざとなれば政策対応に期待できるのも中国だ。
米欧と違って、中国の財政出動の余力はデカイ!
中国経済に関してはどうにかなるだろう。
(というか、8%程度の成長を維持している現在、そこまで不安視する必要はない。)

日本の景気に関しては、欧州による影響は少なく、復興需要もある。
全く材料視されていないが、指標には上ブレているものが多い。
相対的には現在世界最高水準ではなかろうか...

相場参加者は限定的ながら、楽観論が殆ど聞かれないのも好ましい。

昨日は、クレディスイス証券が、ドイツの右派が議会による欧州安定メカニズムと財政協定の批准を違憲とする申し立てを行ったことに警戒感を示していた。
本日も市場では、フィンランドとオランダがESMによる国債購入に反対姿勢を表明したこと、フィンランドが第2次ギリシャ支援と同様にスペインの銀行向け融資に対する担保を求める意向を示したことなどが嫌気されている。

ポジティブサプライズとなったEU首脳会議にも、連日適度なケチがついているのは、センチメントがあまり改善していない、需給がロングに傾いていない証左だろう。

先週発表された、6月第3週の投資部門別売買動向によると、外国人投資家は2週連続で日本株を買い越し。(2週間で1092億円の買い越し。)6月第4週も買い越していると思われるが、それでも僅か3週連続だ。その前に、8週連続で計1兆435億円を売り越していることを考えれば、まだ買い戻し余地はあると考えられる。

裁定買い残は8週連続で減少し、1月中旬以来の低水準となっている。

総合的に見て、短期基調はここ数年で一番いい状況に思えるのだが...

買われませんなぁ。。。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約32億円の成立にとどまり、相場全体への影響は限られた。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5287億円、売買高は10億0815万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1255、値下がり銘柄数は287、変わらずは131。

 
*** 追記 ***
13:12

後場、上値を追うかと思われる動きがあったが、ANAの巨額増資が冷や水に。
少しよさそうになると、自爆する東京株式市場。なにやってんだか(-.-)

13:22
ANA、上場来安値更新か... 何のために上場してるんだか。
容易に資金調達できるからか。株主軽視も甚だしい<`ヘ´>

14:08
売りたくなるほど高くは感じない。キャッシュ化しなければならないようなニーズもない。
しかし、買いたくなるような魅力のある個別株は少なくなってきた。
買えそうなのは短期スタンスの指数だが、こうも動きが悪いとそれも難しい。
そんな人が殆どか。

14:52
内部ディフェンシブだけ。そんな一日。

15:17
先物、含みベース前日比微勝ち。(8415、8655ロング持越)
現物、ANAが足を引っ張り、含みベース前日比雀の涙勝ち。
トータル、勝ち

売り方は、「短期的な過熱感」と「物色の柱がない」ことを材料視。
買い方は、「短期基調の強さ」と「循環物色」を材料視。
どちらも同じことだったりする。ただセンチメントが違うだけ。
惑わされず、淡々と見てゆきたい。

日経225先物20120703後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
現先スプレッド
日経225の明確な逆さやが始まったのが4月27日頃から
この影響かどうかはわかりませんが日経平均は

 4.27=9520 → 6.4=8295

この逆さやが止まった(ように感じる)のが6.月26日あたり

 6.26=8663 → 7.2=9003

ダウの現先で見ると 7.2は▼96㌦の逆さや
データを取っていないので確信はありませんが 
▼96は かなりの逆さや と思います

米株指数の先物の基準・運用はわかりませんが
正常なマーケットであれば
どの商品でも先物は 先高感か先安感 なのでしょうか?

堅調な日米株価にケチをつけるつもりはないのですが
目先では少し気になります

  ダウ現物は楽観的ーダウ先物は慎重
  
ヘッジと考えれば問題なしなのでしょうか? 
2012/07/03(火) 13:38:45 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
日経225今物
チャチャ 様

>この影響かどうかはわかりませんが日経平均は

実際どうかは分かりませんが、先物の逆ザヤが裁定解消売りを誘発し易いことは確かかと。

>正常なマーケットであれば
>どの商品でも先物は 先高感か先安感 なのでしょうか?

日本の株価指数先物が異常ですね^^
現先が(5-10円程度の誤差で)全く変わらないということは
理屈としては、期日まで株価は動かないということですからねぇ。。。

以前に、指数先物の関係者が・・・
「日経225先物じゃないよな、日経225今物だよ」と冗談で言っていました。
一理あるなと思いました^^;
2012/07/03(火) 21:32:53 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/04(水) 08:12:50 | | #[ 編集]
逆シグナル
S 様

高値圏で買い煽り、安値圏で利口ぶって慎重論を唱える●●●●...
まだ慎重論のようなので、まだ上がりそうですw
ご指摘の通り、音頭取ったところが逆シグナルでしょうね^^
2012/07/04(水) 23:00:54 | URL | to S 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5524-8515be45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2