ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


昨日、ダウが94ドル高の場面でも、225先物ナイトは8920円と大証終値+60円に留まった。
ナイト終値は8870円、CME清算値は8835円。昨日17時の安値8820円を下回らなかった。
本日前場、これを下回ったが、下には走らず。薄商いの影響か、かなり動きが鈍い。

いや、鈍いのではなく堅いのか?

日経平均8800レベルが重要なサポートと意識されているのかもしれない。

この水準には、上向きの25日線(8784)、上向きの日足基準線(8774)、週足雲下限(8796)と主要な節目が密集している。短中期で最も重要なサポートだ。
6月4日の底~7月4日の天井の38.2%押し8792も合致し、調整幅としても理想的。

ここで下げ止まれれば、「これぞ押し目での反発!」という動きになる。

だが、これを割っても8600レベルまでは辛うじて押し目と呼べそう。
月末まで8600レベルで下げ止まれば、雲下限は割らない、遅行スパンは陰転しない。
6月4日の底~7月4日の天井の半値押しが8687で、調整と呼べる範囲内。

ただそうなると、週足はかなり微妙になる。週足転換線(8700)は急落中。
雲下限も急速に切り下がり、7月第4週には8611まで低下する。
8600レベルでのサポート力は、8800レベルに比べて弱々しいものになる。

買い方としては、8800レベルで調整完了となって欲しいところ。
許容範囲としては、8600レベルまでだろう。

ダウ平均に関しても、やはり意識されるのは25日線(12643)だろう。
これを割ると、ネックラインとしての12500-12300レベルを意識か。

なんにしろ、現在の水準で下げ止まってくれるのが理想的。
ただ、あくまでも理想であり、下げ止まるかは不明。

225の新値三本足陰転、上海総合が半年ぶりの安値圏など懸念事項は多い。
適度に警戒しつつ、見てゆきたい。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約83億円が成立。市場では、売り買い拮抗との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4430億円、売買高は同7億4927万株。

東証1部の下落銘柄数は1076、上昇銘柄数は25%の420、横ばいは161。

 
*** 追記 ***
13:29

銀行ETF(1615)がリーマンショック以来の高水準の出来高を伴って一時4.3%の急落。
何事かと思ったら、配当落ちだった。

(先月までの)急落局面でETF買い→本日配当取ってETF売り→個別選別買いの動きっぽい。
寄り付きから銀行ETFが大きく売られ、個別(メガバンク等)が大きく買われている。
いかにもファンドマネージャーって動き。何かの兆候かもしれない。

13:45
チャート的には非常に重要なところなのだが、明日ものび太は、なんもやらんのでしょうな。
またのび太にチャートを壊される可能性は考えておきたい(T_T)

14:17
よりによってチャートの重要ポイントで、日銀金融政策決定会合という最悪のイベントを迎える。イヤな廻り合せだ...

14:32
今年一番の押し目らしい押し目だと思うのだが、買いは入らず。
国内の景気でも外部環境でもなく、のび太に警戒ってのが、日本人として哀しい(T_T)

14:47
この時間でも東一売買代金7000億円に届かず、日経225先物2万枚に届かず。人少ねぇ,,,

15:17
先物、含みベース前日比微負け。(8415、8905ロング持越)
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、気が付かない程度の負け。

ガイ資に文句はない、値動きは従順に受け入れる、相場に愚痴ることもない。
しかし、のび太を思うと愚痴が止まらない。本日も失礼しました○| ̄|_

日経225先物20120711後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
日経平均  株価の相似 必ずしも リフレインせず
日経平均の戻り高値同士を比較してみます

       2011年10月         2012年7月
    9.26安値8374        6.4安値8295
       → 10.28高値9050    → 7.4高値9104

日柄       23日              22日
上昇値幅    676円             809円
上昇率     8.1%             9.8%

         ↓ この時は

    11.25安値8160

日柄       18日
下落値幅    890円
下落率     9.8%


今回もリフレインすると好ましくない

反発のタイミング・インデックスとしてストキャS-Kと騰落R5日を試してみます
(トレンドとは無縁で 単なる反発のタイミング可能性を試す)

日付    日経平均   ストキャS-K   騰落5日
2011年
11.25  8160   7.47  60.26%   
12.19  8296   5.80  39.91%
2012年
6.4    8295  18.95  59.33%

7.11
前場     8825   3.96  48.73%

株価水準はだいぶ違うが・・・
今回は止まるべき処(±8790)で止まれば 何とかなるような気もするんですが どうなんでしょう? 
           ↓
         MA25日
         MA50日
         週足雲下限
         高値からの38.2%押し水準 

2012/07/11(水) 13:30:04 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
希望
チャチャ 様

ご指摘の通りだと思います。ただ...

>11.25安値8160

この時は欧州危機祭り(イタリア10年物7%)をやっていた最中。
今回は既に欧州危機祭り(スペイン10年物7%)を終了(早計?)している点が相違でしょうか。
(希望的な相違点探しではありますが○| ̄|_)

>今回は止まるべき処(±8790)で止まれば 何とかなるような気も

止まるべきところで止まって欲しい...切にそう思います。
綺麗なチャートを描き、入り易い相場を作って欲しい!
(これも希望的な思いでありますが○| ̄|_)
2012/07/11(水) 23:29:14 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5542-214d8c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2