ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


昨年最も無様に下げたのが海運株。
年初からの株価上昇で、最も豪快な上げを見せたのも海運株。
4-5月の株価下落局面で、最も印象的な下げを演じたのが海運株。
6月からのリバウンド局面で、最も期待を裏切ったのも海運株。

そして7月、業種別の海運株価指数は、5月安値を割り底抜け。

雲の下限でナイアガラ・フォールズ。見るも無残なチャートだ。

海運株価指数20120719
(↑業種別海運・週足: マネックス証券 チャートより拝借)

では、そんなに海運市況が芳しくないのかと見てみると...
バルチック海運指数は先週よりやや軟化したが、未だ1074pとさほど悪くない。
(参考: 7月10日付け記事「商品市況と海運市況を見る限り」)

今月の下げは、7月2日に川崎汽船が公募増資で最大300億円程度の資金を調達すると発表したこと等による需給要因による株価下落であって、海運市況の悪化による下げではないのだ。

しかし、この海運株の大幅下落を取り沙汰し、海運市況が悪化した、世界の景気が後退したと売り材料視する向きや、株式全般を買わない理由とする声がある。

点を見て、全体を語る妙な話だが... 仕方ない。
買わない人、売りたい人は、株価が上がらない理由をなんでもいいから語りたいのだろう。
夏枯れ・腐れ相場で、まともに判断し物色しようという参加者は少ないのだ。

海運株以外でも、市況と株価の乖離が広がっている気がする。
株式が環境に反応しない、出来ないと言ってもいいかもしれない。

CRB商品指数は6月22日に底打ち、急伸しているが、本邦商社株は渋い。
WTI原油先物は5月30日以来の高値となっているが、日本株は昨日まで殆ど反応せず。
米国の株価指数は高値を窺っているが、日本の株価指数は低位揉み合い。
香港ハンセン指数は騰勢を強めているが、昨日まで中国関連株は売られ続けた。

仕方ない... 相場は枯れている、しかも腐っているのだ。
今期待しても、どうにもならないと思った方がいいだろう。

ただ、こうも外部環境にも内部環境にも反応しない相場が続けば、市場間や株価にギャップが生じる、それがいずれ修正される可能性も考えておいた方がいい気もする。

尚、本日、海運株は業種別指数で騰落TOPとなっている。
石油石炭が2位、鉱業が3位、機械が4位だ。

本日に関しては、外部環境を反映したような動きが見られる。今日だけでは意味がないが、もし、このような動きが続くなら、そして出来高を伴うなら、なにか(巻き戻しなど)のシグナルとなり得る。ツマラン相場だが、継続的に見てゆきたい。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約183億円が成立。市場では、投資家の取引は買いがやや優勢だったようだとの声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は4945億円、売買高は8億8827万株。

値上がり銘柄数は1251、値下がりは286、横ばいは123。

 
*** 追記 ***
14:10

米株は高値を窺う展開。本日の韓国、香港は1.6%の大幅高、上海も1.3%の上昇。
それでも買われぬ日本株。また世界最弱に逆戻り。いや、もともとそこが定位置か(-_-メ)

14:16
朝方、25日線(8820)を上抜け、収斂する基準線(8828)~転換線(8888)のレンジに入るのかと思ったが...アマカッタ(=_=)
買い手不在を連日確認しながら日柄を消化するという、なんとも虚しい相場展開。

14:57
このまま日柄消化している間に、25日線が下げに転じ、欧米株に過熱感が生じ、調整に巻き込まれる。これが売り方のメインシナリオか... ありそうな気がしてきた。

15:17
日経225先物mini、引成(8790)にて8780ロング決済・利確。(¥10抜き)ショボ

先物、決済ベース雀の涙勝ち、含みベース前日比微勝ち。(8415ロング持越)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、ほぼ大勝。

見ていた、触ってみた、やはり買い手はいなかった。今日もそんな一日。

日経225先物20120719後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
・・・なにかのシグナル
こじつけ になる可能性もありますが
個人的に今日 注目しているのは (東証1部)新高値ー新安値銘柄数
13:30頃で新高値銘柄22>新安値11 
6日ぶりの反転になりそうです

2011年からの日経平均のボトムと
その前後の新高値ー新安値をカバーすると

       日経平均       新高値 新安値
2011年
6.6    9380
             6.6   20>17 へ反転
6.17   9351

9.26   8374
             9.27  26>19 へ反転
10.5   8382
             10.7  19>11 へ反転

11.24  8165
11.26  8160
             11.29 14>9  へ反転 

12.19  8296
             12.30 10>9  へ反転
2012年
1.6    8390

6.4    8295
             6.7   15>11 へ反転

米株のダウーNYSEでも似たような現象が見られます

今日の日経平均の終値は8820-8830を取れるでしょうか?
2012/07/19(木) 13:38:11 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
あら^^
チャチャ 様

なんたる偶然w
私も新安値更新銘柄数を気にしてみてました。
(数秒前に、前のコメントに書きました。)

指数が下げ渋っても、加速度的に増えてゆく新安値更新銘柄・・・
個別選別、エントリーの難しい相場だなと見ていましたが。。。

「新高値ー新安値銘柄数」では見ていませんでした^^;
参考にさせていただきます。いつもありがとうございます。
2012/07/19(木) 13:46:22 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5558-05efa50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2