ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


7月19日の米国株式市場

ダウ平均: 12943.36 △34.66
ナスダック: 2965.90 △23.30
ドル円 NY時間17時: 78.58 -78.60
ユーロ円 NY時間17時: 96.49 -96.53
CME日経平均先物 円建て: 8800

前日夕に四半期決算を発表し、2012年12月期の利益見通しの上方修正をしたIBMが4%近く上昇し、これだけでダウ平均を約50ドル押し上げた。

決算を発表した携帯電話向け半導体大手のクアルコムや、電子商取引・決済大手イーベイも大幅高。前日に大幅高となったインテルは利益確定売りに押されたが、SOX指数は2%高と大幅続伸となった。

一方、この日発表された経済指標は軒並み冴えない結果となった。
週間の新規失業保険申請件数は前週比で大幅に増加。
6月中古住宅販売件数は前月比5.4%減と予想外の大幅減少。
7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数は-12.9と市場予想の-8を下回った。

しかし、「マクロ指標が総じて市場予想を下回ったことで、FRBが追加的な行動に出やすくなった」との楽観的な声が一部から出て、外為市場でややドル安・ユーロ高となると、NY株式市場では買いが優勢となり、ダウ平均は一時68ドル高となる場面もあった。

結局、米株式相場は3日続伸。
ダウ平均は7月3日以来2週間ぶりの高値、ナスダックは7月5日以来の高値で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち6業種が上昇した。
「IT」のほか「素材」の値上がりが目立った。「電気通信サービス」は大幅安。

NYSEの売買高は約7億6000万株(速報値)、ナスダック市場は約16億9000万株(同)。

個別では、薬剤給付管理(PBM)のエクスプレス・スクリプツとの再提携で合意したと発表したドラッグストアのウォルグリーンが急伸。4-6月期の業績が市場予想ほど悪化しなかったノキアのADRも上げが目立った。
一方、4-6月期の決算内容が市場予想を下回ったモルガン・スタンレーは大幅安。決算内容が市場予想並みだった通信のベライゾン・コミュニケーションズにも売りが出た。四半期決算内容が市場予想に届かなかった保険のトラベラーズも小幅に下げた。

 

日本株式市場

日経平均は、ほぼ横這いの5日線(8754)に連日支えられてはいるが・・・

今週は終始25日線(8828)に頭を抑えられた。
この25日線処に、下落した転換線(8831)、基準線(8828)も位置している。
下向きの13週線(8834)、来週から急落する週足雲下限(8824)もこのレベル。
短中期的なレジスタンスが被り捲っており、相当な抵抗が予想される。

昨日は6月4日のボトムから33営業日目の変化日だったが、これといった動きはなし。
本日から、イスラム圏はラマダン入りで、来週は更に商いが細る可能性が考えられる。

一昨日、TOPIXは2009年7月以来、3年ぶりとなる9日続落を記録。
昨日、ようやく10日ぶりに反発したが、本日またも下落。
225を大きくアンダーパフォームしている。
全体の雰囲気がいいとはい難い。

6月4日をボトムと見ていい状況に変化はないが...
7月4日の天井が色濃くなってきている状況でもある。

流れも、方向も、出来高もない。
定石通り見送るか、手掛けるとしても割り切りスタンスまでだろう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1600万株、買い970万株、差し引き630万株の売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

09:23
日経225先物mini、¥8755にてロング。弱め。感触を確かめる程度。
https://twitter.com/heyward225 にてUP済み。)

 
*** 追記 ***
10:33

買われるとは思わない。ましてや、買い上がる向きがいるとも思えない。
ただ、ザラ場で売り叩いて、裸ショートで持ち越す向きがいるとも思えず。

11:02
ダウ平均は、IBMだけでプラスにもっていった。
日経平均は、Fリテだけで支えている。
似たものを感じる...

日経225先物20120720前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
・・・売り方のメインシナリオは
        欧米株に過熱感が生じ、(日経平均も)調整に巻き込まれる

過熱度をいくつかの指標で眺めてみます

7.19現在  乖離率MA25  騰落R5日   騰落R25日   RCI13日
日経平均     ▼0.28%   68.04%  100.57%   8.79

ダウ30     +1.67%  206.25%  120.30%  48.90
FT100    +2.01%  198.80%  134.01%  知らない
DAX30    +5.38%  432.14%  138.05%  71.98

欧州騒動の一方の主役DAXは短期では過熱でしょうか?
 → ユーロ安の恩恵を100%享受

可哀そうなのは どう見ても日経平均ですね
先物需給の(都合の)餌食になっている面もありそうですが・・・

ダウ7.19は
終値ベースでは 7.3戻り高値12943.82に 46セント届かず も
ザラ場ベースでは 7.5高値12961.3を 明確に上抜く(=12977.57)

2012/07/20(金) 10:07:24 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
先週までは足並み揃えていたのに...
チャチャ 様

夏本番の欧米株。
凍え死にそうな日本株。
今週のこの温度差はなんなんでしょ。

ユーロ安の恩恵を100%享受するドイツ。
のび太に円高という十字架を背負わされ、足を引きずる日本株。
政策、為替の差か><
2012/07/20(金) 15:29:42 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5560-3572569a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2