ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


7月23日の米国株式市場

ダウ平均: 12721.46 ▼101.11
ナスダック: 2890.15 ▼35.15
ドル円 NY時間17時: 78.37 -78.39
ユーロ円 NY時間17時: 94.97 -95.01
CME日経平均先物 円建て: 8465

スペイン債務懸念が再燃。「複数の地方政府が救済を要請してもスペイン政府には余力がないため、スペインは近く国家全体の救済を要請することになる」との懸念が広がった。

EUなどの財政査察団のアテネ入りを24日に控え、ギリシャのユーロ離脱観測も再燃。

スペインやイタリアの国債利回りが一段と上昇(価格は下落)。
米国債に資金を移す動きが広がり、米10年債利回りは一時1.4%割れ。
典型的なリスク回避の動きで、ダウ平均の下げ幅は一時239ドルまで拡大した。

しかし、IMFの高官によるギリシャのユーロ圏離脱を否定する発言を受けて、株式相場は下げ幅を縮小。スペインとイタリア政府がそれぞれの株式市場における空売りの禁止措置を発表し、外為市場ではユーロが急激に買い戻されたことも株式の買い戻しに繋がったとの声もあった。

業種別S&P500種株価指数は全10種が下落。業績が景気動向に影響を受けやすい「素材」や「一般消費財・サービス」の下げが目立った。

NYSEの売買高は約7億4000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約15億6000万株。

個別では、四半期決算の内容が市場予想を下回ったマクドナルドが3%近く下げた。航空・宇宙関連事業の一部を売却すると発表した航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズも安い。そのほかのダウ構成銘柄ではマイクロソフトやクラフト・フーズの下落が目立った。
一方、四半期決算で1株利益が市場予想を上回った玩具のハズブロは大幅高。決算が市場の警戒ほど悪化しなかった油田関連サービスのハリバートンが上昇した。中国国有石油大手の中国海洋石油総公司(CNOOC)が買収すると発表したカナダのエネルギー大手ネクセンは急伸した。

 

日本株式市場

昨日、「今のところはスペインの危機に限定されている」と書いたが...アマカッタヨウダw

昨日の欧米市場は、「株売り・商品売り・豚債権売り・米国債買い」の典型的なリスク回避の動きを見せた。

スペイン10年債利回りが一時7.6%弱まで上昇。イタリア10年債利回りも一時6.4%と1月中旬以来半年ぶりの高水準へ上昇。米国の10年債利回りは一時1.4%割れとなった。

商品相場も爆下げ。

WTI原油先物が大幅下落。前週末比3.69ドル安の88.14ドルと、昨年の12月14日以来今年最大の下落。金(ゴールド)も安全資産ではなく、商品と捉えられ換金売りで下落。

米国の干ばつという真っ当な材料により高騰が続いていたトウモロコシ、大豆などの穀物も急落。大豆はストップ安をつけた。

市場全般でこれまでにさほどリスクテイクされていたとは思えないが、僅かなリスクマネーすら逃げ出したような一日となった。(これまでも、この日も薄商いだった。)

それにしても、材料や環境への市場参加者の反応が鈍い。

殆どが今更ネタ、多少目新しいのも先週末のネタだ。瞬時にどころか、当日に織り込めず、翌日の寄り付きでも織り込めず、様子を見ながらダラダラ売られる展開となっている。参加者限定、織り込み能力喪失の不健全な相場で、なんとも手掛け難い(-_-メ)
 

尚、本日は昼前にHSBCの中国製造業PMI発表がある。
どのような数字か気掛かりだが、どのような市場反応となるのかも気にしてみたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1240万株、買い1170万株、差し引き70万株の小幅売り越し。
売り越しは3営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:33

米株相場のように日中の振幅があれば、まだ手の打ちようがあるが...
東京のこのダラダラとした動きでは手の打ちようNothing。

香港が大型台風接近で、午前の取引を中止。
手掛かりがまた一つ減った(-_-メ)

10:42
メルケルが昨日から2週間の夏休み入りだそうだ。
皆、なんかもうどうでもいいみたいですな(-_-)zzz

11:05
12日の日銀でウンザリ。20日のチャートクラッシュでガッカリ。
もうどうでもいい... 今週はそんな雰囲気。

日経225先物20120724前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
日本株  第市場の宿命・悲哀
日本株式市場のメインプレーヤーは欧米外国人
彼らに取って日本市場の位置づけは 第三市場

   1位  米国または欧州自国
   2位  欧州または米国
   3位  日本

従って彼らがリスク・オフ態勢に入ると
日本株は欧米より早く 下げ始め
日本株は欧米より遅く 下げ止まる  傾向がある

2010年の高値・安値をそれぞれ100として
日米欧の7.20現在の株価を指数化すると

        2010      2011       2012(7.20)
       高値  安値    高値  安値       高値  安値
日経平均  100 100   95.5  92.4   89.9 93.5

ダウ    100 100  114.4 108.2  118.5 125.2
FT    100 100  104.7 100.0  102.7 109.2
DAX   100 100  107.2  91.4  101.5 108.6 

米株は 上昇度が最も高く 下落度がきわめて低い
欧州株は 意外ですが 英国が最強(独株より強い) さすが大ロンドン市場
日本株は 後塵を拝している

この順序は何か? = 流動性と時価総額の順位そのものとなる
今年に限れば 日本経済は悪くない
英国経済は ドイツ経済のはるか下にある

   
  現在の日本株のていたらくは
     日本株の哀しい宿命による と言わざるをえない

日本市場を支える(買い支えだけだが)投資主体は 年金 だけとなっている
  日銀は 拙劣な介入で 上昇効果どころか 下支え効果 すら ない
  個人は もう火の車 になっている 

年金の買い支えにここは期待したいところだが
  日銀と違って 年金は したたか でもある

7月の(信託銀行でみる)年金の株売買は

(億円)  現物株    225先物    合計
第一週  +525.7  ▼508.4  + 17.3
第二週  +  1.4  ▼121.3  ▼119.9

合計                   ▼102.6

    現物を買ってはいるが 225先でヘッジしている

現物を下値で買い+ヘッジの先物を買い戻す ようになるのはいつなんでしょうか?

昨日7.23の松井店内残の評価損率は

  買い残   ▼21.874%
  売り残   ▼ 1.942%

   どちらも(過去パターンでは)
     「いったんの」株価ボトム圏リーチ にはなっている

昨晩の米株は大幅続落ですが

  ナスダックは GDスタートも切返して 小陽線引け
  ダウは (ダウ・ルールで)GDせずスタートして 長い下ひげ陰線
          ↓
     「GDサセズ」のダウ・ルールがなければ
       ダウの実質ローソク足は  下ひげ小陽線  になると思うが

日経平均は後場の反発に期待して
ヘッジ・ショートは外しました

たぶん わたしが甘い とは思いますが・・・
2012/07/24(火) 11:07:24 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
NO.3の悲哀
チャチャ 様

>彼らに取って日本市場の位置づけは 第三市場

確かに。
第三市場、他人、赤の他人、どうでもいい、荒してでも獲る...
荒れているから最初に下げ、最後まで上がらない。
結果、30年低迷ってとこでしょうか(-_-;)

>欧州株は 意外ですが 英国が最強(独株より強い) さすが大ロンドン市場

私の印象(バブル期)では、NY、ロンドン、東京でしたが..
市場として今は、NY、ロンドン、上海。
国家として、米国、中国、日本。
位置的にも、微妙に(辛うじて)第三市場のわれらがジャポン><

>日銀と違って 年金は したたか でもある

年金・・・
運用は下手糞ですが、したたかではありますね^^;

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2011年度運用実績は2兆6092億円の黒字。
株価が【3月まで】好調だったことが寄与したそうです。
珍しく黒字になって、3月に売って報われた。モロにこれかと^^
(2010年度は2999億円の赤字)
2012/07/24(火) 20:38:54 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5567-7a2d4a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2