ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


FOMCはゼロ回答だったが、無事に通過した。

ECB理事会への期待があったにせよ、直近で発表された経済指標の多くが上ブレていたこと、8月3日の雇用統計を受けてからでないと緩和政策も打ち出しにくいとの見方から、ゼロ回答が許容されたようだ。参考までに、直近の米経済指標を振り返ってみる。

7月27日発表
4-6月期の米実質GDP速報値は前期に比べて年率換算で1.5%増加。伸びが1.3%程度になるとの市場予想を上回った。7月のミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)も市場予想を若干上回った。

7月30日発表
7月ダラス連銀製造業景気指数は急低下。

7月31日発表
個人消費支出(PCE)は低迷も、6月の米個人所得などが市場予想以上に改善。
7月シカゴ購買部協会景気指数は53.7と市場予想の52.4を超えて前回の52.9から上昇。
コンファレンス・ボードが発表した7月の消費者信頼感指数も65.9と予想の61.5を上回り改訂された前回62.7からも大きく改善。
S&Pケース・シラー住宅価格指数は前月比+0.9%。市場予想の+0.5%を上回る上昇率で、4カ月連続の上昇となった。前年比も市場予想の1.5%低下に対し、0.7%の低下にとどまり、住宅価格の下げ止まりが鮮明となった。

8月1日発表
7月ADP全米雇用リポートは、非農業部門の民間雇用者数が前月比16万3000人と市場予想を上回る伸び。一方、7月ISM製造業景況感指数49.8と市場予想の50.2を下回ったが、前回の49.7からは上昇している。

これでは、FOMCのゼロ回答も当然だろう。

これだけ悪くない指標が出ていれば、緩和を期待するよりも景気への自信を強めた方がいい気もするが、流石のポジティブヤンキーでも、今のところそこまでではないようだ(^_^;)

気掛かりなのは、8月9日の日銀金融政策決定会合。
FRBがゼロ回答だったことで、日銀のゼロ回答も確実(;_:)

日銀が動かない理由として、「消費税増税関連法案が参院で可決・成立するまでは、政府の景気判断の大幅下方修正は難しく、日銀への圧力が掛り難いため」ともっともらしく語るのもよし。、「FRBがゼロ回答なのだ、日銀が独自に動くはずがない。のび太なのだ」とシンプルに考えるのもよし。どう考えてもゼロ回答は確実。日銀への期待は厳禁だ。

一方、ECB理事会だが...

ドラギが大風呂敷を広げたことで、緩和、政策が出ることは必至。
焦点は、発表内容。問題は、どの程度市場の欲求が満たされるか。
既に欧米株は大きく上昇しており、ユーロ通貨も戻している。
よほどの緩和、政策が打ち出されないと株もユーロも利食い売り、下手すりゃ失望売りだろう。

ただ、よほどの緩和、政策が打ち出され、市場の欲求が満たされたとしても・・・
緩和によりユーロ売りの動きが出る可能性も考えられる。となれば、相対的にドルが上昇し、商品安→米株安→日本株連れ安のパターンも考えられる。ユーロが下落すれば、信用不安からまた豚どもの金利が上昇する可能性も考えられる。そしてリスクオフ...

普通に考えれば、どう転んでも、ECB理事会通過後はユーロ安だろう。
(皆がそう思っている時って、そうならないことが多いのが相場だが、最近の相場は著しく織り込み能力が低下している。知ったら始めで、やっぱりねの展開も想定しておきたい。)

個人的には、今回のECBのハードルはかなり高い気がしている。
コケずに、無事通過できるのかどうか、注視したいw
 

前引け後の東証立会外バスケット取引:
約244億円が成立。市場では、投資家の注文は売り買い均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5392億円、売買高は9億0861万株。

東証1部の値上がり銘柄数は870、値下がり銘柄数は599、変わらずは165。
 

*** 追記 ***
~13:21

三菱重工、¥325にて見切り売り。
買い値に10円ほど届かなかったが、イベント前に一部ポジ調整として落とした。

13:51
昨日は新聞報道でパナソニックが爆上げ。
本日は大引け後に決算発表を控えたソニー、シャープが爆上げ。
前場、輸出株の大幅高に対し、内需ディフェンシブが軒並み安。
後場、全体が弱含んだところで、内需ディフェンシブに買い戻し。
なんとも安易、露骨な動きだ(-_-)zzz

14:27
本日はECB理事会、そして満月。明日は米雇用統計。何事もなく通過して欲しいが・・・
なんかあった場合には「やっぱりね」と言われ、動きが増幅し易い。適度に警戒して臨みたい。

14:52
前場、安住効果があっという間に切れても、東京はしっかり。
後場、アジア株軒並み安でも、東京はしっかり。
ロングに傾いていなかった御蔭か...

15:00
日経225先物mini、¥8645にて8690ショート決済・利確。(¥45抜き)

15:17
先物、決済ベース勝ち、持ち越しなし。
現物、決済ベース蚊に食われた程度の負け、含みベース前日比微勝ち。
トータル、勝ち。

どう考えても「売り」だろうと思うが、どう考えても売りの時って「買い」が報われることが多い。でも、今の市場って、まともな状態じゃないんだよな... とグダグダ考えるなら、露骨なシフト、逆ザヤを参考に、目先割り切りスタンスでやるのが無難ですなw

日経225先物20120802後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/02(木) 17:09:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5590-9870b094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2