ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較.com - 注目のFX会社4社を徹底比較!

 

8月20日の米国株式市場

ダウ平均: 13271.64 ▼3.56
ナスダック: 3076.21 ▼0.38
ドル円 NY時間17時: 79.41 -79.42
ユーロ円 NY時間17時: 98.04 -98.08
CME日経平均先物 円建て: 9190

この日、目立った経済指標の発表は無し。

週末にドイツの週刊誌「シュピーゲル」が、「ECBが南欧国債の対独利回り格差に目標を設定し、国債を購入することを検討している」と報じたが、20日にECBはこの報道を否定。

買いの手掛かりがなく、欧米株式市場は短期的な過熱感があることから利益確定売りに押された。ダウ平均は、一時下げ幅を45ドルにまで拡大する場面もあった。しかし、特に売り急ぐ材料もなく、指数は下げ幅を縮小しこの日の取引を終えた。

この日話題になったのは、アップルが3日続伸で連日の上場来高値更新となり、時価総額が6235億ドルと、マイクロソフトがハイテクバブル全盛期につけたこれまでの時価総額史上最高記録を塗り替えたこと。

ダウ平均は3営業日ぶりに反落となったが、ヒューレット・パッカードの上昇によって押し上げられ、ナスダックは4営業日ぶりに反落となったが、アップルの上昇により支えられた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち「電気通信サービス」「一般消費財・サービス」など6種類が下落。一方、「IT」「金融」などが上げた。

NYSEの売買高は約5億5000万株(速報値)、ナスダック市場は約14億3000万株(同)。

個別では、創業者で前会長のリチャード・シュルツ氏が買収の前提となる資産査定の提案を拒否したと発表した家電量販店のベスト・バイは急落。四半期決算とともに2013年1月期通期の収益見通しの下方修正を発表したホームセンターのロウズは売られた。
一方、保険大手のエトナが買収すると発表した同業のコベントリー・ヘルスケアは急伸。エトナも上昇した。バンカメや、JPモルガン・チェースも上げた。

 

日本株式市場

先週の米国主要株価指数の週間パフォーマンスは、ダウ平均が+0.5%、S&P500が+0.9%。
それぞれ6週間連続で上昇した。ナスダックは+1.8%。

ダウ平均は、5月2日以来約3カ月半ぶりの高値圏。
ナスダックは、4か月ぶりの高値圏。
S&P500は4月2日以来の高値圏。
日経平均は5月8日以来約3カ月半ぶりの高値圏にある。

日経平均は米国主要指数に追いついたが、これに関しては、8月20日設定の「野村日本株投信(豪ドル投資型)」に絡む先物買いなどで(豪ドル投資型だが、当面は225先物に投資するとのことで)、押し上げられた面もあり、どの程度好感していいのか悩ましい(-_-;)

TOPIXは7月6日以来約1か月半ぶりの高値圏と相変わらずパッとしない。
昨日の、東証一部の売買代金は本年ブービーの7601億円とド閑散。
NYSEにしても、5-6億株程度の低調な商いが続いている。
昨日の上海総合は一時2100を割り、2009年3月12日以来の安値圏へ沈んでいる。

米株は堅調、日経平均のチャートは劇的に改善しているが...
マーケットという点から考えると、慎重な見方をしたほうがよさそうなところか。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り850万株、買い800万株、差し引き50万株の小幅売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースも売り越し。
 

*** 追記 ***
10:44

お盆が明けても出来高回復せず。
ラマダン明けでも商いは低調。(昨日はラマダン明けの祝日で多くの市場が休場。)

月末のジャクソンホールまでこんななのか...

11:10
225先物、値幅40円、この時間で12467枚。これじゃどうにもならん(-_-;)

11:45
東証一部売買高6.2億株、売買代金3310億円の超ド閑散。
見どころなし。手の打ちようなし。

先週末から忙しくて、こなさないといけない用事が多いので...
後場の更新をお休みさせていただきます○| ̄|_

日経225先物20120821前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
新高値銘柄数ー新安値銘柄数  東証1部・NYSE
新高値銘柄数の増加=株価上昇の牽引力  
新安値銘柄数の減少=株価下押し圧力の低下   と定義してみます 

東証1部から見ます

過去の日経平均高値=上昇局面の最大新高値銘柄数&そのMA5日です

日経平均高値       上昇期間中の最大新高値銘柄数
                 単日   MA5
2005年
3,9    11966    247   193
10.4   12738    442   338
2006年
1.13   16454    321   257
4.9    17563    173   123
2007年
2.26   18215    112    89
6.21   18240    116    83
2008年
6.6    14485    247   168
2009年
8.26   10640    169   120
2010年
4.5    11339    394   301
2011年
2.21   10857    133   112
2012年
3.27   10255    208   118

平均              233   173

現在の流れをかいつまむと

7.4     9104     75    62
7.17    8755     52    36

8.14    8929     69    39
8.15    8925     58    40
8.16    9092     49    45
8.17    9162     40    49
8.20    9171     43    52

   7.4戻り高値を上抜いて2番底は確認したが
     新高値銘柄数は7.4を超えられない ⇔ MA5もまだ7.4に及ばず
                 ↓
        個別株の総体=株価指数 とは云い難い? → 先物・インデックス売買での戻り高値更新?


新安値銘柄数では ここからが相場本番? の可能性もなくはない

新安値銘柄数ゼロ の連続日数 に着目します

     8.16-17は 2日連続で新安値銘柄数ゼロ でした

新安値銘柄数ゼロ期間  日数            当該期間の
                    安値          高値        上昇率
2006年
12.6-7       2  11.20=15725  2.26=18215  +15.8% 

2010年
12.13-14     2  11.1=9154    2.21=10857  +18.6%
12.30-1.4    2
2011年
1.12-14      3
2.14-22      7

     当該期間中に4回の新安値ゼロ連続日数で高値の仕上げ

2011年
3.18ー25      5  3.15=8605    5.2=10004   +16.3%

2012年
1.27-30      2  1.16=8376    3.27=10255  +22.4%
2.14-20      5
2.22-27      4
3.8-9        2

     このケースも4回のゼロ日数のリピートで高値の仕上げ

今回はどうなるでしょうか?

2012年                8.20まででは
8.16-17      2  7.25=8365    8.20=9171   +9.6%


暫定的にまとめると
日経平均がさらに上伸するための条件は

   新高値銘柄数が7.4=75を上回ること
   新安値連続ゼロ日数がリピートすること

新高値・新安値銘柄数だけで判断するのはキケンですが One of them 程度に

長くなったのでNYSEデータはまたの機会に
要点だけまとめると = 新高値銘柄数が減少している

ダウ株価         新高値銘柄数  MA5日
7.3   12943    277   194    ダウ最初の戻り高値
7.6                  228    MA5最大
7.27  13075    247   150
8.6   13117    210   186
8.1
8.10  13207    109   157
8.17  13275    188   136

   東証1部+日経平均 & NYSE+ダウ  動きは似ています
 


   
2012/08/21(火) 12:14:45 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
新安値連続ゼロ日数がリピートに期待
チャチャ 様

>個別株の総体=株価指数 とは云い難い?

そうなんですよね。
個別がついてこないんですよね;;
だから、体感温度が上がらない。出来高が膨らまない。
たまに出来高が膨らんだと思ったら、糞株と化したシャープ・ネタによる大商い><

>新高値銘柄数が7.4=75を上回ること

現物の商いが膨らまないことには、新高値銘柄数増加は厳しそう。

>新安値連続ゼロ日数がリピートすること

これは全体の底上げにもつながりそうです。
リピートするなら、TOPIXの上昇率にも注目してみたいですね。

>東証1部+日経平均 & NYSE+ダウ  動きは似ています

NYSEの5億株台連発も、東証一部の薄商いと被りますね。

なんにせよ、商いがほしい...
こう薄いと、短期トレードも難しいです><
2012/08/21(火) 20:02:12 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/11/24(土) 15:38:52 | URL | 株式の投資 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5627-7788291c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2