ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


8月20日前後で、多くの市場で頭打ち。

8月31日の変化日で下げ加速。

その後、日々節目節目で下げ渋りながらも、連日下値を切り下げている。

連日同じことを書いているが、同じ動きが続いているのだから仕方ない○| ̄|_

ただ、この下げも、短期的にはいいところまで来ている。

短期テクニカルに過熱感はない。
日経平均の7月25日~8月20日の上げ幅の61.8%押しが8670円処。日足・雲もこの水準。
ほぼこの水準まで下げており、価格的にもチャート形状からも反発は考えられる。

しかし、中長期的には何とも言い難い。

週足でみると、3週続落。
週足雲のネジレで下に変化し、三羽烏で転換線(8772)割れだ。
6月4日・7月25日を結ぶトレンドライン(現在8400円レベル)までの下げも考えられる。

月足でみると、今月、下降する13週線(8884)に頭を叩かれ、下げた格好。
本年は保ち合いの様相だが、長期の下降トレンドは疑いの余地もない。
2010年、2011年、2012年と上値を切り下げており、強気になれるチャートではない。
2011年11月安値8160円を割れば、2009年3月安値7054円まで明確な下値目途はなくなる。

個人的には、リーマンショック時の日経平均7054円が最低、昨年の大震災が最悪だと思っており、現実であれ以上悪くなることはあり得ないと思っているが...

相場的には、ありえないことではない(-_-;)

チキンすぎだろ!今、日経平均は8700円!リーマンショック時安値7054円とか言ってんじゃねぇ!と御叱りを受けそうだが・・・

TOPIXは現在720p、リーマンショック時の安値700pが目前だ。
しかも、本年6月には695pまで下落し、リーマンショック時の安値を割っている。

上海総合指数が、3年8か月ぶりの安値に沈んでいると他人事のように語る国内の投資家は多いが、他人事ではない。TOPIXもCORE30も指数大型も似たようなものなのだ。

短期的には、いいところまで下げたことで、買いたい気持ちはあるが...
いましばらく慎重姿勢を継続したい。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約337億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4840億円、売買高は同8億7428万株。

東証1部の下落銘柄数は1184、上昇銘柄数は326、横ばいは157。

 
*** 追記 ***
13:28

日経平均の日足だけを見れば、買える。
雲のサポートに期待できる!遅行スパンも過去の実践&雲下限サポートがある!

他の主要指数を見ると、全て三役逆転で逝っちゃってる。買えねぇ。。。

14:39
イオン、¥882にて打診買い。

15:03
日経225先物mini12月限、¥8605にて8790ショートロットの1/3決済・利確。(¥185抜き)
ショートに傾き過ぎていたのでポジ調整。まだ傾いてるけど(-_-;)

15:17
先物、決済ベース勝ち、含みベース前日比勝ち。(12月限8790ショート持越)
現物、含みベース負け。
トータル、勝ち。
 
本日の日経平均は、雲と遅行スパンが機能。
日々、止まるべきところでは止まる。
しかし、下げ止まらない。
どこまで売るか、どこから買うかが悩ましい(-_-;)

株価指数000059.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5663-35e730e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2