ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月19日の米国株式市場

ダウ平均: 13577.96 △13.32
ナスダック: 3182.62 △4.82
ドル円 NY時間17時: 78.36 -78.37
ユーロ円 NY時間17時: 102.25 -102.29
CME日経平均先物 円建て: 9125

朝方発表された8月の住宅着工件数は75万戸、前月比で2.3%増。
76万7000戸程度を見込んでいた市場予想を下回った。
これを受けて朝方のダウ平均は膠着感の強い慎重なスタート。

午前10時に発表された8月の中古住宅販売件数は前月比7.8%増の482万戸。
456万戸程度を見込んでいた市場予想を上回った。
これを受け、ダウ平均は上げ幅を拡大。

しかし、その後に発表された原油の週間在庫統計で、戦略石油備蓄を除く石油の在庫が予想を大幅に上回る増加となり、WTI原油先物が大幅に3日続落。エネルギーセクターが売られ、ダウ平均は上げ幅を縮小した。

日米欧の金融当局による金融緩和策を背景に、過剰流動性が相場を押し上げるとの期待はあったが、最近の上昇ペースの速さへの警戒感もあり利益確定売りが上値を抑えた。

ダウ平均は小幅続伸。ナスダックは3営業日ぶりに反発。

業種別S&P500種株価指数は7業種が上昇。「一般消費財・サービス」や「電気通信サービス」の値上がりが目立ち、「エネルギー」と「金融」「IT」が下げた。

NYSEの売買高は約6億4000万株(速報値)、ナスダック市場は約18億1000万株(同)。

個別では、ウォルト・ディズニーやホーム・デポが上昇。食品大手のゼネラル・ミルズも上げた。増益決算を好感する買いが入った。グルーポンは大幅高。スマートフォンを使ったクレジットカードの決済サービスを始めると発表し、収益拡大期待が広がった。
一方、半導体製造装置のアプライドマテリアルズが下落。サムスン電子が設備投資を抑制する方針だと伝わり、関連銘柄に値下がりが目立った。エクソンモービルやインテルも売りに押された。

 

日本株式市場

昨日、日銀が金額限定・期間限定で追加緩和を決定。

資産買入基金を10兆円増額(70兆円程度→80兆円程度)。
長期国債と短期国債を5兆円ずつ増額。
買い入れ期限を従来の2013年6月末から12月末へ延長した。

内容にサプライズはなく、欧米中に比べ見劣りがするが...

のび太にしてはサプライズ(゜o゜)

株式市場は、「期待薄→サプライズ→買い」の動きとなった。

ただ、長期金利の低下は限られ、0.815%と前日比0.005%上昇と押し戻されていた。

追加緩和発表後、円全面安となったが、その動きも2時間ほどで一巡。
為替市場では、円が買い戻され、円相場は、追加緩和発表前の水準まで戻った。

のび太にしてはよくやったが、所詮のび太(-_-;)

一夜明け、市場はそのような反応を示した。

日銀は、2011年8月に資産買入等基金を10兆円増額し、8月4日に4兆5129億円の円売り介入を実施。2011年10月に5兆円増額し、10月31日に8兆722億円の円売り介入を実施していたことから、今回も円売り介入に期待(警戒)する声はあるが...

欧米の「無制限」「無期限」に対し、日銀は「10兆円」「2013年12月末まで」と圧倒的に見劣りがする。円売り介入があるのかもしれないが、あまり期待(警戒)しないほうがいいかもしれない。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1140万株、買い1450万株、差し引き310万株の買い越し。
買い越しは6営業日連続。金額ベースは売り越し。

 
*** 追記 ***
10:36

日中値幅50円。為替市場ベタ凪ぎ。これじゃ手の打ちようNothing(-_-)zzz

11:02
今月の注目イベントはほぼ通過した。やや出尽くし感、お疲れ感が^^

株価指数000113.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
2012年9月  米国株指標に数年ぶりの現象発生
Come September・・・
9月に入って強烈な現象が2つ発生しています

  A.VIX(ザラ場)安値14割れ  
   一定期間に複数日発生
  B.NYSE52週安値銘柄数シングル
   シングル(1桁)日の連続発生

A.は今回を含めて3回
 (VIX新算定基準に変更した2004年以降では)
  過去では2004年&2007年

B.も今回(今年)を含めて3回

2004年(ITバブル・ボトムからの長期上昇相場)は旧聞に属するので
直近過去(2007年ー2010年)からカバーすると

A.VIX

     VIX安値   ダウ
2007年
6.14  13.59  13553
6.15  12.58
6.18  13.35
6.19  12.79
6.20  12.75
    ↓
7.19  15.06  14000 
    ↓
10.9  16.09  14166  史上最高値へ

2012年
3.13  13.79  13177
3.16  13.66  13232
    ↓
4.2   15.64  13264  当時の年初来高値

8.13  13.67  13169
8.14  13.91
8.17  13.30  13275
8.20  13.99

9.10  13.97  13254
9.13  13.91  13539
9.14  13.51  12593
9.19  23.88  13577
    ↓
  感覚的には14000㌦の可能性も

B.NYSE52週安値銘柄数シングル

2010年
     
           シングル連続日数
2010年
9.29-10.4     4日
10.7-13       5日   10.8に11000㌦台到達

2012年
1.26-30       3日
2.2-9         6日
2.13-28      11日   2.28に13000㌦台到達
        ↓
3.16-19       2日   4.2=13264㌦へ

6.29-7.4      4日   7.3=12943㌦戻り高値  

9.18-19    まだ2日連続だが

一定期間に シングル連続日数3波動 をつけると 株価は節目の高値に到達する
2004年もそうだった

2004年
11.4-9        4日
12.22-27      3日
12.19-31      3日   12.28=10854㌦へ

2つの現象からは

  ケース1. 株価ダウはもうバブリー頂点にある
  ケース2. ここからとんでもない株価バブル相場になる可能性もある

          どうなのでしょうか?

日経平均も おこぼれ頂戴程度 にはなりたいものです 
2012/09/20(木) 10:06:50 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
バブル
チャチャ 様

>10.9  16.09  14166  史上最高値へ

2007年夏、サブプライムショックで日経平均は暴落も...
ダウ平均は軽い下げにとどまり、10月に史上最高値更新。その後、崩落。

>感覚的には14000㌦の可能性も

感覚的にもそうですが...
上値目途としてもう史上最高値(14166)しか残っていないんですよね^^;

個人的には、当時は不動産バブル、今は政策バブルと見てます。
当時は不動産バブル崩壊で、崩落。
さて今回、無期限の緩和により、無期限のバブルとなるのかどうか...
2012/09/20(木) 13:43:06 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5693-92a99e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2