ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月21日の米国株式市場

ダウ平均: 13579.47 ▼17.46
ナスダック: 3179.96 △4.00
ドル円 NY時間17時: 78.18 -78.19
ユーロ円 NY時間17時: 101.48 -101.52
CME日経平均先物 円建て: 9035

「EU当局がスペイン救済策を近く発表する」と伝わったことで、朝方は買い先行で始まったが、週末のポジション調整売りに押され、引けにかけて急失速。

各国中銀の金融政策が出揃い、株価指数は高値圏にあることで、やや出尽くし感が。一方、日米欧の政策対応による流動性相場への期待も根強いようだ。

ショイブレ独財務相から「更なるギリシャ支援を否定」、「イタリアとスペインは両国の国債の利回りが再度急騰することがなければ救済要請はしない」などのネガティブな発言が報じられたが、NYでは特に材料視されなかった。

ダウ平均は4日ぶりに小反落。ナスダックは小反発。
ダウ平均が小幅に上げ、ナスダックが小幅に下げた前営業日と全く反対の動きとなった。

尚、主要株価指数の週間パフォーマンスは、ダウが-0.1%、ナスダックが-0.1%。

前述のスペイン救済を巡る期待感からユーロが反発。
ドル安を受けて金先物相場も反発、一時は1,790ドルと約7カ月ぶりの高値を付けた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち「素材」や「生活必需品」など5種類が下落。「電気通信サービス」や「ヘルスケア」などが上昇した。

NYSEの売買高は約17億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約23億6000万株(同)。
クアドラップル・ウィッチングで出来高が急増した。

個別では、「ブラックベリー」を展開するカナダのリサーチ・イン・モーションが大幅下落。欧州などで発生したサービス障害を嫌気する売りが広がった。コカ・コーラやアルコアも下げた。
一方、決算が収益改善を示したKBホームは急上昇。増配を発表したマクドナルドも上げた。「iPhone5」を発売したアップルが、一時上場来高値を更新し、ナスダック指数を押し上げた。iPhoneを自社の通信網で扱うAT&Tやベライソン・コミュニケーションズも上昇。

 

日本株式市場

独DAXは上値追い中、米株価指数は高値圏での横ばいだが...
世界の景気敏感株と位置づけられる日経平均は調整入りの気配。

日経平均はギャップダウンスタート。
幻のSQ値9076円、9月14日安値9081円を下回り、9071円で始まった。

その後、やや戻したことでアイランドリバーサルとはならなかったが、連日の上値切り下げ下値切り下げ、大陰線孕み足からの下放れで、下げ加速が警戒される局面。

日足転換線(9029)、25日線、13週線、26週線、52週線が密集する8900円レベルが当面の下値目途となりそうだ。

先週末のNYでは、「EU当局がスペイン救済策を近く発表する」と伝わったことで、ユーロ買い(ドル安)となったが、その流れも続かず、ユーロは上昇分を失って帰ってきた。これに合わせるように円が買われており、ややリスク回避気味な動きに見えるのも不気味。

TOPIX、規模別は9月14日安値を下回っておらず、過度な警戒は不要と思われるが、これまで225主導で相場が動いてきた経緯もある。適度に警戒感を持って見ていきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1390万株、買い1120万株、差し引き270万株の売り越し。
売り越しは8営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:12

日経225先物mini、¥8975にてロング。弱め。転換線ということで...

11:02
とりあえずビール的な感覚で...
とりあえず転換線(9029)、9月14日に空けた窓埋め(9022)。

株価指数000126.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
Heywardさんがんばれ
残念ながら先週金曜のNYも日経同様平凡な結末でしたね。
これを受けた日経は絶好の日柄調整の週となりそうで、Lポジは解消しました。
Heywardさんの解説を楽しみながら、10月相場を待ちたいと思います。
ポチッとしておきます。がんばってください。
2012/09/24(月) 10:03:50 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
先週~9.21週のダウ
強いトレンド故なのだろうが リーマン以降の最長記録を更新中

1.「前日比-1%なし」が61日連続
  過去最長は2006.7.13-11.24の94日連続
  今回の61日は2000年以降では3番目の長さ

2.「上昇局面」(=-3%の押しなし)が76日連続
  2009.10.2-2010.1.19が73日連続
  2011.12.19-2012.4.2が71日


ダウ平均DJIAとダウ輸送株指数DJTの逆行現象が加速中
  過去6ヶ月で株価は
       DJIA  +3.5%
       DJT   -7.9%
  9.21現在で月間騰落は
       DJIA  8勝1敗(1敗は5月のみ)
       DJT   3勝6敗

  DD倍率(DJIA÷DJT)の推移は

         DD倍率
    1月   2.375
    2    2.513
    3    2.515
    4    2.526
    5    2.442
    6    2.473
    7    2.557
    8    2.614
  9.21   2.765

    DJTは株価底打ちの先行指標とは云われるが
        株価天井打ちの先行指標とは云わないそうですが・・・

     DJTは経済実態を反映して下降基調
       DJIAは金融政策を反映して上昇基調

    どこかで一致するとは思いますが どうなのでしょうあ?


今日の日経平均は現在株価水準では
  MA5日&MA25日ともに下向き転換になりそうですね
下向き転換すると
       MA5  9.7以来の11日ぶり
       MA25 8.14以来の29日ぶり
2012/09/24(月) 10:20:22 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
匿名希望 様

NYは1週間横ばいが続きましたね。
2012/09/24(月) 10:35:07 | URL | to 匿名希望 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
ボチボチ
チャチャ 様

2006年の一本調子の状況局面と同じくらいに下げず...
2009年末~年明け、2011年末~翌4月の時並みに深押しがない...

どれもその後暴落してるんですよね(-_-;)
すぐにどうこうなるとは思いませんが、ボチボチ気を付けた方がいい頃合いでしょうか。

輸送株指数DJT・・・
勉強不足、注意力不足で全く気にしてませんでした○| ̄|_
(鉄等、素材ばかり気にしてました。)
じっくり見て考えてみたいと思います。
2012/09/24(月) 21:06:15 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5700-f8c975d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2