ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


シカゴIMM・Non Commercialポジション動向(10月2日時点)

カナダドル    +101176         (-4170)
スイスフラン     -984           (-80)
英ポンド       +30094         (+2957)
日本円         +29335         (+8224)
ユーロ         -50265           (-27)
NZドル         +21381         (+1416)
豪ドル         +63743        (-25819)

資源国通貨のロングポジション積み上がりが際立っている。

ユーロのショートポジションは50,265枚と多く見えるが...
これでも昨年9月初旬以来13か月ぶりの低水準。

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)
 

15(月・新月)

【国内】
8月稼働率指数(13:30)
《決算発表》
ウエルシアホールディングス、コネクトホールディングス、KLab、ベクトル

【海外】
中国9月消費者物価指数(10:30)
中国9月生産者物価指数(10:30)
ノーベル経済学賞発表

米9月小売売上高(21:30/+0.7%)
参考指標の9月ICSCチェーンストア売上高(ウォルマート除く)は、前年比+0.9%で8月+2.6%と比べて伸び率は鈍化している。ただし、ガソリン価格は前月比+2.90%程度でガソリン・スタンド売上の増加要因。

米10月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米8月企業在庫(23:00)
《米決算発表》
ガネット、シティグループ


16(火)

【国内】
9月首都圏新規マンション発売(13:00)
5年国債入札
《株主総会》
稲葉製作所
《決算発表》
安川情報システム

【海外】
ユーロ圏9月消費者物価指数(18:00)
独10月ZEW景況感指数(18:00)

米9月消費者物価指数(21:30/前年比+1.8%、コア指数同比+2.0%)
9月ガソリン価格は前月比+3.4%程度(季調済み)で、CPI全体には8月からの押し上げ要因となる。コアの部分では、先行指標となる生産者物価指数の発表を待つ必要があるが、同指数の伸びは前月比・前年比とも8月並みの水準にとどまる見通し。

米8月対米証券投資(22:00)

米9月鉱工業生産(22:15/+0.2%)
9月ISM製造業の「生産DI」は49.5と8月47.2から上昇しているため、鉱工業生産は前月からの改善が見込める。コンセンサスは妥当だが、上振れの可能性も残されている。

米9月設備稼働率(22:15)
米10月NAHB住宅市場指数(23:00)
《米決算発表》
ユナイテッドヘルス・グループ、ザコカ・コーラカンパニー、マテル、ゴールドマン・サックス・グループ、アポロ・グループ、インテル、ステート・ストリート


17(水)

【国内】
《決算発表》
総合メディカル、安川電機

【海外】
南ア8月実質小売売上(21:30)

米9月住宅着工件数(21:30/77.0万戸)
米9月建設許可件数(21:30/81.0万戸)
参考指標の住宅建設業者(NAHB)指数は、9月40と8月37から上昇し、許可件数にはプラス要因。住宅着工件数は、先行指標となる8月の住宅建設許可件数が80.1万戸←80.3万戸とやや減少しているため、マイナス要因となる。コンセンサスは妥当か。

《米決算発表》
ノーザン・トラスト、アボット・ラボラトリーズ、ブラックロック、U・S・バンコープ、コメリカ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、バンク・オブ・アメリカ、ペプシコ、イーベイ、アメリカン・エキスプレス、ザイリンクス、IBM、ノーブル、ハリバートン


18(木)

【国内】
9月日本製半導体製造装置BBレシオ
20年国債入札
《決算発表》
東京製鐵

【海外】
中国9月鉱工業生産
中国9月都市部固定資産投資
中国9月小売売上高(11:00)
中国7-9月期GDP(11:00)
中国の7-9月期国内総生産(GDP)は前年比+7.4%と予想されており、4-6月期の前年比+7.6%から減速することになる。中国の景気減速懸念が高まっていることで、中国政府による景気刺激策や、中国人民銀行による金融緩和策の発表が予想されており、リスク選好の円売り要因となる。

インド9月消費者物価ASEAN関連首脳会議(カンボジア~20日)

EU首脳会議(~19日)
「トロイカ」(欧州連合・欧州中央銀行・国際通貨基金)調査団は、15日までギリシャ政府と緊縮財政措置の協議を行う予定となっている。18-19日の欧州連合(EU)首脳会議では、「トロイカ」(欧州連合・欧州中央銀行・国際通貨基金)報告を受けて、ギリシャに対する第2次金融支援に関する協議を行うが、ラガルドIMF専務理事が、ギリシャには2年程度の時間が必要、と述べていることで、11月の融資が実施される可能性が高まっている。

スペイン国債入札
米10月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(23:00)
米9月CB景気先行総合指数(23:00)
9月北米半導体製造装置BBレシオ(19日7時)
米30年インフレ連動債入札
《米決算発表》
ジョンソン・エンド・ジョンソン、サウスウェスト航空、ベライゾン・コミュニケーションズ、ユニオン・パシフィック、サンディスク、マイクロソフト、オムニコム・グループ、トラベラーズ・カンパニーズ、AMD、ニューコア、フィリップモリスインターナショナル


19(金)

【国内】
8月全産業活動指数(13:30)
《新規上場》
Trends
《決算発表》
日本鋳造、アルインコ、KOA、ジャフコ

【海外】
シドニー国際自動車ショー(~28日)
カナダ9月消費者物価指数(21:30)

米9月中古住宅販売件数(23:00/470万戸)
先行指標の中古住宅販売成約は、8月が前月比-2.6%、7月は同比+2.6%。販売件数は主に1、2ヵ月前の成約の数字が反映される。対象2ヶ月の結果を考慮すると8月の水準とほぼ変わらずとなるか、減少する可能性がある。市場コンセンサスをやや上回る可能性も。

《米決算発表》
ベーカー・ヒューズ、キャピタル・ワン・ファイナンシャル、ハネウェル・インターナショナル、マクドナルド、マグローヒル、シュルンベルジェ、ゼネラル・エレクトリック、イー・トレード・ファイナンシャル、モルガン・スタンレー
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
こんにちは~

世界188か国、総勢2万人もの人が参加する年次総会。
エジプトが辞退したため、日本が開催を準備した経緯がありましたが
減速する世界経済にどう対応していくのか。IMF加盟各国は、
新興国の台頭など現実に向き合う必要性に迫られているようです・・・


ブログの方をリニューアルいたしましたので、
挨拶に伺わせていただきました~♪
2012/10/14(日) 17:39:03 | URL | 投資マニア #-[ 編集]
チャイナリスクは吉とでるか?
今回の日銀会合ではいつものように株安になりましたが、円高は進まなかったです。チャイナリスクを株が織り込んだ格好です、あるいは為替も織り込んだのかもしれません。これからかも?

米国にとってチャイナのアジア周辺国との紛争は美味しいことかもしれません。はっきりとはデータが出ないのですが米国のGDPに対する軍産複合体の割合は2割近いのではないか?雇用に占める割合も1.5%くらいはありそうです。お金の出し手が日本ならば、米国は喜々として行動するのではないか?現在のダウはドル安に比例していますがこれは不本意のはずで、有事となればドル高と株高と雇用を同時に産み出せることになります。日本としては困ったことですが、もしかすると国力の増強につながるかもしれません。円安、米国に対する輸出、中国から国内への再工場移転となれば日銀の特融もでるでしょうし。短期的にはショック安でしょうが。まあ妄想です。
2012/10/14(日) 20:24:11 | URL | 曹操 #FDDq9IZE[ 編集]
2度目のリーマン・ショック大底割れ=東証2部単純平均
日経平均とは無関係なので 投稿すべきか迷いましたが・・・

ピンとは来ないでしょうが
10月12日の東証2部単純平均は 2度目のリーマン安値割れ となっています

2009年3月リーマン安値 = 150.82
2011.11.24安値  = 148.97 最初のリーマン安値割れ
2012.10.12安値  = 149.36 2度目

  10.12の株価指標(日経集計)
          PER   PBR   配当利回り
 東1全銘柄   12.07  0.89  2.38%
 東2全銘柄   11.12  0.62  2.39%
 ジャスダック    12.16  1.01  2.42%

       東証2部が割高なわけではない


では 何故 東証2部ではこんなことが起こりえるのか? 
私見では
     2006年1月の個人のしこり玉の清算プロセス
       (塩漬け株式の総量 と云う意味)

東証2部の株価指数は 2006年1月が大天井
この月に個人は東証2部市場で 異例の+1440億円の買い越し を記録している(A)
→ 直近の東証2部の売買代金/日は20-25億円

意外と思われるかもしれませんが
東証2部市場に関しては

   個人は  万年売り方
   外国人は 万円買い方

年べースで
個人は  2007年~2012年9月まで 6年連続の売り越し 
    → 売り越し総額=1066億円                    (B)                   
外国人は 2009年~2012年9月まで 4年連続の買い越し

月ベースで
個人は  33ヶ月連続の売り越し
外国人は  9ヶ月連続の買い越し

   個人の買いはあまりないので
     外国人が月次で売りにまわると 東証2部指数は下落する ようです

9月末までの個人の売り越し総額1066億円(B)で
塩漬け株の源流の2006年1月の買い越し1404億円は 
     76%が消化 されたことになる

東証2部指数は 
需給の歪みで 落ちるところまで落ちた ように感じますが どうなのでしょう?




2012/10/15(月) 10:07:35 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
なんの期待もなく...
投資マニア 様

始まり終わった総会^^;
これほど注目度の低い、開催中、開催後の反応の薄い総会は初めてだった気が。

やはり、9月で各国の政策は出尽くしているってことなのでしょうか。
2012/10/16(火) 00:41:48 | URL | to 投資マニア 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
株と為替
曹操 様

>株安になりましたが、円高は進まなかったです

確かに。逆のパターンはよくありましたが、このパターンは珍しいかも。
人の少ない東京株式市場と、流動性が確保されている外為市場で、反応が分かれたのでしょうか。
9月の時点で政策出尽くし、当面企業業績に目が向いているためなのでしょうか。

>お金の出し手が日本ならば、米国は喜々として行動するのではないか?

まだ目に見えた動きはありませんが、これは民主党政権だからなんでしょうね。

来年、自民党政権がほぼ確定であり、その時には(それが意識される頃には)ご指摘の通りの動きとなりそうですね。

>円安、米国に対する輸出、中国から国内への再工場移転となれば日銀の特融もでるでしょうし。

そうなって欲しいとは思いますが...無理かと^^;
2012/10/16(火) 00:50:42 | URL | to 曹操 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
二部指数
チャチャ 様

>日経平均とは無関係なので 投稿すべきか迷いましたが・・・

日経平均とは無関係かもしれませんが
相場とは関係があり、相場は日経平均に影響するので
ありがたく拝読させていただきました。ありがとうございます!

>ピンとは来ないでしょうが

ピンと来てました♪
現在の水準どころか、日中足もいつも気にしてますw
http://quote.tse.or.jp/tse/quote.cgi?F=histidx/RealIndex&QCODE=152

今年の1-3月の大相場で、もっとも印象的かつ特徴的だったのが二部の連騰記録。
(正確な数字は覚えてませんが、)本年2月の二部は37年ぶりの27連騰でしたっけ?

>東証2部市場に関しては    個人は  万年売り方    外国人は 万円買い方

本年2月(連騰記録)の東証二部の売買シェアは個人73%、外人11%。
(↑この時の数字は多分あってます。記録してましたw)

>需給の歪みで 落ちるところまで落ちた ように感じますが どうなのでしょう

需給でかなりビビッドに動く指数なので、結構気にしてみてます♪
2012/10/16(火) 01:14:44 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5739-50de7bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2