ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


10月18日の米国株式市場

ダウ平均: 13548.94 ▼8.06
ナスダック: 3072.87 ▼31.25
ドル円 NY時間17時: 79.26 -79.27
ユーロ円 NY時間17時: 103.56 -103.60
CME日経平均先物 円建て: 8970

朝方発表された新規失業保険申請件数が前週比4万6,000件増の38万8,000件と市場予想を上回ったことなどからダウ平均は売り先行で始まった。

その後発表された10月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が6カ月ぶりにプラスに転じたことが好感され、買いに転じる場面もあった。

しかし、引け後に発表されるはずだったグーグルの決算が、事務的な手違いが原因で米証券取引委員会(SEC)の開示システムを通じて取引時間中に公表され、大幅減益だったうえ市場予想を下回る内容だったことが判明すると、同社株は一時10%超急落。取引停止となる場面があった。他のIT関連株にも売りが広がり、ナスダック指数を押し下げた。

タブレット端末のデザインに関する訴訟で、英国の裁判所がサムスン電子を支持したことを嫌気しアップルが1.9%の下落。IBMは前日に決算を嫌気した売りで5%近く下げたが、昨日も下げ止まらず3%近く下落。この日もIBM1銘柄でダウ平均を40ドル以上も押し下げた。

その後、売買が一時中断されていたグーグルの取引が再開され、下げ渋りの展開となったことが買い安心感につながり、米国株式相場は引けにかけて買い戻しの動きがみられた。

中国の7-9月期GDPの伸びは市場予想通りだったが、9月の工業生産や小売売上高が改善し、世界景気の不透明感の後退が相場を支えたとの声もあった。

ダウ平均は小幅ながら5営業日ぶりに反落。

NYSEの売買高は約7億2000万株(速報)、ナスダック市場は約19億8000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は「IT」に加え「生活必需品」など3業種が下落。「電気通信サービス」など7業種が上げた。

個別では、フェイスブックが4%あまり下落した。前日夕に発表した四半期決算で純収入が市場予想に届かなかったアメックスも安い。決算が最終赤字だったモルガン・スタンレーも売られた。赤字決算が続いたノキアにも売りが膨らんだ。
一方、朝方発表した決算で1株利益が予想を上回った保険大手トラベラーズが上昇。増益決算を発表した通信大手ベライゾン・コミュニケーションズも買われた。前日夕発表の決算が増収増益だった電子商取引のイーベイも大幅高だった。

 

日本株式市場

米国株式相場は15日・16日と大きく戻し、ダウ平均は25日線を回復。

しかし、その後、発表された経済指標は悪くないものが多かったが、指数インパクトの大きい銘柄に芳しくない決算が続き、指数の頭が押さえられ、横ばいでやや一服の気配。

今週、外為市場でユーロは大きく上昇した。

しかし、スペイン国債格付け据え置きを受けて一服。比較的大きな材料だったと思うが、これに反応できず、出尽くし気味の反応を見せた。

ドル円は、いいところまで上昇した。

大企業製造業の想定為替レート79.06円を上回り、9月の日本銀行金融政策決定会合後の高値79円23銭も上回り、18日23時には、200日線(79円40銭)も一時上回った。
これを明確に抜けてくるなら、円安トレンドが確認されるが...

上海総合指数は、未だ底辺を這っている。

とはいえ、25日線を上回っての推移。昨日は4か月半ぶりに75日線(2119)を上回った。
これで直近高値(9月7日2145)を上に抜ければ、当面のレジスタンスはなくなる。

先行していた欧米は、一服。
出遅れ放置されていた日中に関しては、上に抜け出した?

そんな感じ。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り850万株、買い1030万株で、差し引き180万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:12

日経平均もTOPIXもドル円も、いいところまで上昇した。

チャート的には、上に抜け出したと言っていい。
弱気になるべき局面ではない。

ただ、完全に上に抜け出したとも言い切れない。
楽観すべきでもない。

「上に抜け出した?」、この程度に捉えておきたい。

10:20
底値圏からは脱したが、上昇トレンド入りかと言えば微妙...
悩ましいが、こんな時が相場的には一番面白いw

11:08
200日線(9040処)まで上昇し、その後上値が重いが...
先週末から500円も上昇しているのだ。当然だろう。

株価指数000222.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5751-bd4c60bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2