ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経平均は、5連騰&三空で4週間ぶりに9000円の大台を回復。

東証一部売買代金は、7営業日連続1兆円越え。
8月上旬以降、東証の空売り比率にはピークアウト感がある。

香港ハンセン指数は、2月末以来の水準を回復。

6月5日18259→10月19日21551で、18%の急上昇だ。
10月18日の売買代金は1ヵ月ぶりに600億香港ドルの大台を回復。
空売りは年初来最低を記録した。
10月19日、ハンセン指数は、約1年9ヵ月ぶりの7連騰を記録した。

強いのか、ヤリスギなのか...

大相場入りか、ここまでか...

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)
 

22(月)

【国内】
9月貿易収支(8:50/-5479億円)
既公表の9月上中旬の貿易収支は2577億円の赤字。米国向け輸出の増加期待もあるが、アジア向け輸出の減少によって9月の貿易収支は赤字の公算。ただし、赤字幅は8月の-7541億円との比較で大幅に縮小する見込み。

9月全国百貨店売上高(14:30)
9月コンビニエンスストア売上高(16:00)
日銀支店長会議
《銘柄異動》
FPG
《決算発表》
キーコーヒー、カゴメ、メルコホールディングス

【海外】
米大統領候補討論会
株式市場休場:ニュージーランド
《米決算発表》
キャタピラー、テキサス・インスツルメンツ、ヤフーインク、ピーボディ・エナジー


23(火)

【国内】
《新規上場》
阿波紙、三洋貿易
《株主総会》
メディアシーク、DR.シーラボ
《決算発表》
カービュー、エムスリー、中外製薬、キヤノンマーケティングジャパン、花王、蝶理、松井証券

【海外】
米10月リッチモンド連銀製造業指数(23:00/4)

FOMC(~24日)
連邦公開市場委員会(FOMC)は、11月6日の米国大統領選挙を控えており、9月の量的緩和第3弾(QE3)の影響を見極める会合となり、現状の金融政策の維持が予想されている。

米2年国債入札
カナダ中銀金融政策決定会合(23:30)
ブラジル9月経常収支(21:30)
株式市場休場:香港、タイ
《米決算発表》
レイノルズ・アメリカン、ユナイテッド・テクノロジーズ、コーチ、ゼロックス、ブロードコム、アムジェン、ジュニパーネットワークス、3M、シグマアルドリッチ


24(水)

【国内】
《イベント》
第3回クラウドコンピューティングEXPO(幕張メッセ~26日)
《株主総会》
ビットアイル、TYO
《決算発表》
ソネットエンタテインメント、シンプレクス・ホールディングス、栄研化学、ヤフー、ソフトバンク・テクノロジー、日本電気硝子、ジェイ・エフ・イー・ホールディングス、日本電産、ニッセンホールディングス、SMK、日本電産コパル電子、日本電産トーソク、信越ポリマー、任天堂、マネックスグループ、KDDI

【海外】
豪7-9月期消費者物価(9:30)
中国10月HSBC製造業PMI速報値(10:45)
独10月Ifo景況感指数(17:00)
ドラギECB総裁が独議会を訪問し、ユーロ圏諸国の国債買入れについて説明
FOMC声明発表(25日3:15)

米9月新築住宅販売件数(23:00/38.1万)
参考指標の住宅建設業者(NAHB)指数は9月40←8月37と上昇し、プラス要因。9月中の住宅ローン金利は3.50%近辺に低下し、プラス要因。住宅ローン申請指数内訳の新規購入指数は9月21日までの週で187.0まで上昇し、プラス要因。8月37.3万件から増加が見込まれる。

南ア9月消費者物価(17:00)
株式市場休場:インド
《米決算発表》
ロッキード・マーチン、ネットフリックス、アルテラ、イーライリリー・アンド・カンパニー、コーニング、EMC、モトローラ・ソリューションズ、NASDAQOMXグループ、ボーイング、AT&T、シマンテック、アリゲニー・テクノロジーズ、アメリカン・エレクトリック・パワー


25(木)

【国内】
9月企業向けサービス価格指数(8:50)
2年国債入札
《株主総会》
日駐、アルチザ、ウエスコ
《決算発表》
信越化学工業、サイバーエージェント、日本高純度化学、日立金属、日立建機、富士電機、芝浦メカトロニクス、アクセル、アドバンテスト、東亞合成、キヤノン、ファナック、日野自動車、ダイハツ工業、ネットワンシステムズ、日立ハイテクノロジーズ、ゴールドクレスト、角川グループホールディングス

【海外】
NZ中銀政策金利発表
英7-9月期GDP(17:30)
米9月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米9月耐久財受注(21:30/6.9%)
米9月製造業受注(21:30)
米9月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7年国債入札
ブラジル9月失業率(20:00)
株式市場休場:トルコ
《米決算発表》
テラダイン、バイオジェン・アイデック、ダウ・ケミカル、インターナショナル・ペーパー、コカ・コーラエンタープライズ、ローパー・インダストリーズ、CMEグループ、プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー、アルトリア・グループ、スプリント・ネクステル、ベリサイン、KLAテンコー、イーストマンケミカル、アマゾン・ドット・コム、アップル、パッカー、ノーブル・エナジー


26(金)

【国内】
9月全国消費者物価指数(8:30)
全体の数字が前年比-0.4%、コアは同比-0.2%
物価下落率は8月と同水準か。テレビ、冷蔵庫の価格下落の影響が残りそう。参考指標となる9月の東京コアCPIは、前年比-0.4で8月の-0.5%との比較で下落率は小さくなっている。

10月東京地区消費者物価指数(8:30)
《株式分割》(権利付最終売買日)
イーブック
《銘柄異動》
ステップ
《株主総会》
大盛工業、ファーマフーズ
《決算発表》
大東建託、パナホーム、NECフィールディング、新日鉄住金ソリューションズ、カワチ薬品、ニフティ、野村総合研究所、WOWOW、ヤスハラケミカル、東海ゴム工業、旭ダイヤモンド工業、タダノ、日本電気、富士通ゼネラル、メガチップス、スタンレー電気、日本車輌製造、小糸製作所、オリックス、極東証券、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、アイネス、ボルテージ、協和発酵キリン、千趣会

【海外】
韓国7-9月期GDP(8:00)

米7-9月期GDP(21:30/前期比年率+1.8%)
7-9月期の小売売上高は前期比+1.3%。貿易収支は、9月分は未発表だが、4-6月期の平均との比較で赤字幅は縮小の公算。若干の上振れリスクがありそう。

米10月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55/82.8)
Windows8発売
メキシコ中銀金融政策決定会合
株式市場休場:マレーシア、シンガポール、インドネシア、トルコ
《米決算発表》
ムーディーズ、ハドソン・シティ・バンコープ、メルク、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー、ファーストソーラー、コムキャスト
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
先週10.19週の株価指数移動平均線
先週末の米株指数はすべて 50日線割れ

   ダウ
   SP500
   ナスダック総合
   ラッセル2000

注目の?アップル(ナスダック市場)は
先の50日線割れに続き 100日線も割り込み
このアップルの軟調展開で ナスダックは米株指数では 最弱となった

株価指数  10.19     MA50=乖離率      MA100
日経平均    9002    8922=+0.89%    8809
単純平均   213.39  211.96=+0.67%  211.68

ダウ     13343   13352=-0.07%   13041  
ナスダック     3005    3096=-2.95%    2996
SP500   1433    1433=-0.03%    1390
ラッセル2000   821     830=-1.16%     805

FT      5896    5814=+1.40%    5699
DAX     7380    7201=+2.48%    6829

ハンセン   21551   20369=+5.81%   19796
インド    18682   18154=+2.91%   17558

東2単純平均 150.04 152.92=-1.49%  154.37
ジャスダック    1320    1305=+1.12%    1310
マザーズ     362     338=+6.89%     337

   外国人売買シェアの高いハンセンが何故か高い 
      ハンセンは7週連続の上昇  

米株はボリンジャー・バンドでも 陰転気味

   ダウは下ひげがBL-2を割り込み
   ナスダックは明確にBL-2を割り込み
     → BL-2からBL-3に向かって ほぼ38.2%押し水準

2012/10/22(月) 10:10:52 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
香港、東京、円相場
チャチャ 様

>このアップルの軟調展開で ナスダックは米株指数では 最弱となった

アップルは雲下限割れ&100日線割れ。
底打ったと思ったんですけどねぇ(-_-;)

然るべくして、ナスは75日線(3041)を大陰線で明確に割り込みましたね。
iPadmini発表で反転するのかどうか。。。

>外国人売買シェアの高いハンセンが何故か高い 

ハンセン指数は、約2年3ヵ月ぶりの8連騰・・・
日経平均は、1年2か月ぶりの6日続伸・・・
中小ファンドが勝負できる「場」が、香港、東京、円相場だけになっている感が^^;

これが、世界の景気敏感市場としての動きなのか?
小金持ちが、調子こいているだけなのか?

なんだかなぁですね。
2012/10/22(月) 19:03:25 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5754-63b43ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2