ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


11月2日の米国株式市場

ダウ平均: 13093.16 ▼139.46
ナスダック: 2982.13 ▼37.93
ドル円 NY時間17時: 80.47 -80.48
ユーロ円 NY時間17時: 103.25 -103.29
CME日経平均先物 円建て: 9005

雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比17万1000人増。12万5000人程度の増加を見込んでいた市場予想を大幅に上回り、9月分も14万8000人増に上方修正された。

これを受け、NY株式市場は買い先行で取引を開始したが、主要3指数は間もなく失速。また、ハリケーン「サンディ」の影響により、被災地の石油精製所が操業停止しているため、原油の在庫が嵩むとの見方から原油先物価格が下落。
減収減益となった決算を嫌気してが3%近く下落、市場の予想を下回る決算を発表した鉱山株のニューモントマイニングが8%安と急落。金鉱株のバリック・ゴールドも3%安となった。
エネルギー株や素材株に値下がりが相場の下げを主導。大統領選を控えて慎重ムードが強まったこともあり、週末でポジションを手仕舞う売りが加速し、最終的には前日の上昇分をほぼ帳消した形で取引を終了。

9月の製造業受注額は予想を上回ったが、特段の好材料とはならなかった。

ナスダックは、20ドル(3%強)近く下げたアップルなどが重石となって前日に回復した3,000pの大台を維持できなかった。

尚、週間パフォーマンスは、ダウ-0.1%、S&P500+0.2%、ナスダック-0.2%。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落した。「素材」や「エネルギー」、「IT」の下げが目立った。

NYSEの売買高は約7億9000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億8000万株(同)。

個別では、減収減益決算を発表した石油のシェブロンが大幅下落。通信のベライゾン・コミュニケーションズも下げた。ハリケーン「サンディ」により生じた通信障害が10~12月期の業績に大きな影響を与えると発表し、収益の先行きを警戒する売りがじわりと広がった。
一方、増収増益決算を発表したインターネット旅行会社プライスライン・ドット・コムが急上昇。市場予想を上回る四半期決算を発表したスターバックスも上げた。ラルフローレンも上昇した。市場予想比で健闘した決算を手掛かりにした買いが入った。

 

日本株式市場

アップルは200日線割れ。52週線(550ドル処)までこれといったサポートがなくなった。
指数寄与度の大きいアップルの下落が響き、ナスダックは3000pを維持できなかった。

ダウ平均も200日線(12985)近くまで下落している。
週末は雇用統計大幅上振れでも、ポジ調整の売りに押された。

ユーロドルも200日線(1.283処)割れを窺う展開。
先週は、スペインのEU支援要請の遅れ、イタリア政権内部の不協和音、ギリシャの緊縮予算案合意の不透明さなど悪材料目白押しにも反応せず強含んでいたが、週末に発表されたEU圏製造業景況感指数を機に、ようやくポジション調整らしい動きがみられた。

日経平均も200日線レベルでの動き。
10月23日、10月26日とこの移動平均に頭を抑えられた。
そして先週末もこれに頭を抑えられ、十字足を引き、週明けの本日反落。

短期的には弱い米株、強い日経平均、なぜか買われたユーロ、重たいドルとまちまちだったが、中長期には200日線で一旦足並みが揃ったようだ。

今週は米大統領選、中国共産党大会とビッグイベントを迎える。
今週の動きが、中長期的なトレンドにつながる可能性も考えてみたい。


尚、休み中の3日に発表された10月の中国・非製造業PMIは先月の53.7から55.5へと良化。
本日の東京市場ではこれが好材料視されている感がある。
上海、香港市場でも好感されるのか確認してみたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1170万株、買い960万株、差し引き210万株の売り越し。
売り越しは4営業日ぶり。金額ベースも売り越し。
 

*** 追記 ***
09:41

日経225先物mini、¥9045にてショート。弱め。

10:28
トヨタの上方修正観測が、本日一番の材料か...

11:02
円安を好感との声もあるが、巨額赤字三兄弟は軟調。
先週末、買われたソニーも安い。
れいによって外部環境に素直に反応しない相場つき。

株価指数000289.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
松井店内残 11.2
オバマ再選のマイナス効果を気にしだした米国株式市場でしょうか?

先週末11.2の松井店内残で目にとまったポイントをいくつか

1.買い残÷売り残倍率が上から5倍割れ=4.739倍
 → 1月19日以来
2.売り残が下から250億円のせ=257.1億円
 → 1月19日以来
3.買い残の評価損率が-15%割れ → -13%割れ まで進展=-12.828%
 → 13%割れは1月25日以来

倍率5倍割れを2010年以降で検索すると

2012.1.19
2011.7.1
2010.11.5
2010.10.5
2010.3.8

(主として)個人(空売り規制なし)の需給ポジションは改善方向のようですから
あとは業者(空売り規制あり)のポジション次第でしょうか?
2012/11/05(月) 10:09:32 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/05(月) 12:44:34 | | #[ 編集]
1月中旬以来
チャチャ 様

>オバマ再選のマイナス効果を気にしだした米国株式市場でしょうか?

どちらが勝っても財政の崖、保険などの問題点がクローズアップとの声も。
まぁ、しっかりした二大政党ですし、どうにかなるし、どうにかするのでしょう^^

>先週末11.2の松井店内残で目にとまったポイントをいくつか

1月中旬以来ってのは気になりますね。大相場入りの起点となった時でした。
前回のように、個人と外人の二大エンジンで発射!となるのかどうか...
2012/11/05(月) 13:43:08 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
祭りの前
S 様

最も重要視されている(株価材料となる)のは第一週金曜日の雇用統計ですが
これって非常に精度の悪い速報値なんですよね。
そして、なぜか改正値は殆ど材料視されない。

どうなのよ、この指標!? と、いつも思うのですが...
これが相場、これがヤンキーだから仕方ないとあきらめてます。

>節目節目で切り返しや

綺麗にピタリなら気持ちいいけど、露骨にガッツリって感じなんですよね。キモチワルイに同感ですw
2012/11/05(月) 13:49:34 | URL | to S 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5785-a8e204e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2