ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


11月14日の米国株式市場

ダウ平均: 12570.95 ▼185.23
ナスダック: 2846.81 ▼37.08
ドル円 NY時間17時: 80.24 -80.25
ユーロ円 NY時間17時: 102.17 -102.21
CME日経平均先物 円建て: 8675

シスコシステムズの好決算を手掛かりにダウ平均は買い先行で始まったが、10月の小売売上高が予想を下回ったほか、「財政の崖」も引き続き悪材料視され、ダウ平均は間もなく下落に転じた。

前日に、「オバマ大統領が16日の議会指導部との協議で、今後10年間で1兆6000億ドルの税収増を提案する見通し」と米紙が報じた。昨年夏に大統領が政権野党の共和党と協議していた額の2倍という。オバマ大統領は14日午後の記者会見でも富裕層向け減税の打ち切りに意欲を示しており、同減税の全面延長を主張する共和党との歩み寄りは容易でないとの見方が広がった。

イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ市中心部への攻撃など、中東情勢の悪化も投資家心理を冷やした。

尚、午後に発表した10月開催分のFOMC議事要旨への相場の反応は限られた。

ダウ平均は大幅に3日続落。6月26日以来約4カ月半ぶりの安値。
10月5日につけた年初来高値から1000ドルを超える調整幅となった。
ナスダックも3日続落。6月25日以来約4カ月半ぶりの安値で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。「資本財・サービス」「金融」「素材」などの下げが目立った。

NYSEの売買高は約8億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約20億5000万株(同)。

個別では、バンカメや、GE、ホーム・デポの下落が目立った。身売りや資産売却の可能性を否定したと前日に伝わった半導体のAMDが大幅安。
一方、前日夕に増収増益決算を発表したシスコシステムズは約5%高。ダウ平均構成銘柄で唯一の上昇だった。
フェイスブックは急伸。従業員などの既存株主による保有株売却を制限する「ロックアップ」が解除され、8億株超の売却が可能になったが、需給面の悪材料がひとまず出尽くしたとの見方から買いが入った。増益決算を発表したアバクロも大幅に上昇した。

 

日本株式市場

日経平均は、一昨日まで7日続落も下げ幅は僅か390円程度。

短期的な下げ幅としては物足りない。

昨日、日経平均は8日ぶりの反発となった。

8日続落なら戦後15番目のワースト記録だったが、7日続落で止まってしまった。
8-9日続落なら、3年に1度程度のレアケース。
ある程度のヤリスギ感に繋がったのだが、そうはならなかった。

日柄的にもやや物足りない。

昨日の日経平均の日中値幅は僅か26円。2011年2月8日以来の小ささ。8日ぶりの反発も上げ幅は僅か3円。泥鰌の解散発言を受けて、ドル円は80円台、ユーロ円は102円台に戻したが、 本日の日経平均の上げ幅は40円程度。

反発力も物足りない。

まぁ、仕方ない...

今年は、一昔前の様な「目に見えた下げ→コツン」の底打ち反転はないのだ。

値幅・日柄・反発力の物足りなさは、さほど気にする必要はなしか。
 

09:03
日経225先物mini、8685にてロング。弱め。
https://twitter.com/heyward225 にてUP済。)

 
*** 追記 ***
10:07

昨日同時刻に対し、現在ほぼ2倍の売買代金。買われていると見てよさそう。

10:18
三空目の窓を埋め、基準線(8781)レベルまで上昇。今日の処はこんなもんでいい気が。

理想としては、今日はここまでで、明日8800↑にGUで、雲に突入&アイランドリバーサル形成。これが買い方にとってのBESTシナリオ。

10:41
買われたが、続かず。まぁ仕方ない。
外部環境はかなり怪しげ。需給は最悪に近い。こんなもんだろう。

11:02
財政の崖?そんなの大した問題じゃない、と思っているが・・・
サブプライム問題の時も、そう思ってたんだよな・・・
侮らず、適度に警戒感はもっておきたい。

株価指数000336.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
米株11.14  超短期の下落3波動
ダウは10.19~11.14の約1ヶ月間で6度目のマイナス100㌦超の下げ
超短期の下落波動はこんな感じ

        高値    安値   下落値幅  日柄
10.5   13610  
10.11        13326  284   4
10.17  13557
10.24        13077  480   5
11.6   13245
11.14        12570  675   6

   規則的な下げ幅 & 規則的な日柄 とも云える

年初来高値からの下落率を見ると

ダウ     - 7.6%
ナスダック  -10.6%
SP500  - 7.2%

   ナスダックは下落率-10%超となったので
    (米国式経験則では)ナスダックは中期下落トレンド入りが確定した

ダウの6.4安値(12101㌦)-11.14を比較すると

           6.4    11.14
高値からの下落幅     1178㌦  1039
  同  下落率     -8.9%  -7.6
乖離率MA25日     -4.62% -4.51
 同 MA50日     -6.00% -5.53
騰落R25日       60.69% 66.95
スプレッドMA5-25   401㌦   411

RSI14日       24.89  27.41
RSI13W       33.07  35.19

VIX指数        26.12  17.92

     大きく異なるのは VIX指数 のみ
     今回は市場心理はさしたる悪化はしていない
      =安心して売っている?

米株の高値から-1000㌦超の下落は年中行事だが
今年の特徴は 年2回 とも云えるか?

       高値からの下落幅  下落率
2010年
6.7     -1389㌦  -12.4%

2011年
(6.15   - 913㌦  - 7.1%)
8.10    -2005㌦  -15.8%

2012年
6.4     -1178㌦  - 8.9%
11.14   -1039㌦  - 7.6%

   こうして見ると 6月前半が鬼門 のようだ
   2012年は2回の下げを足すと -2200㌦

米株は止まり処とも云える あってあと200㌦程度でしょうか?

ここまでの日経平均は
政局=解散・総選挙が米株大幅下落を蹴散らす形
久しぶりの 内部環境>外部環境 にも思える
(円全面安も内部要因)

日経平均は
終値で8776以上を取ると
MA25日に続き MA50日が上向き転換する

    たまには期待してみたい気分

2012/11/15(木) 10:32:15 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
米株は、いいところまでキタようにも、イッチャッタようにも...
チャチャ 様

>規則的な下げ幅 & 規則的な日柄 とも云える

同感です。
ただ、やや拡大・加速傾向なのは気になりますね。

>ナスダックは中期下落トレンド入りが確定した

アップルが怖いんですよね。。。
「アップルこけたら皆こけた」への危惧は以前からありましたが、そうなりそうな気配が;;

>米株の高値から-1000㌦超の下落は年中行事だが

1000ドル超とみると、もう止まりそうに見えますが・・・
10%超と見ると、まだかなり下値余地ありますね。

2010年より2011年、2011年より本年の方が株価位置が高いですし
%で見た方がいいのかななんて考えてます。
2012/11/15(木) 13:35:47 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5810-645b5e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2